COLUMN

コラム

涙袋ヒアルロン酸注射のもちはどれくらい?長もちさせる5つのコツを紹介

「ヒアルロン酸注入による涙袋形成に興味があるけれど、どれくらい効果がもつのかわからない」という疑問があり、施術をためらっている方もいるでしょう。

ヒアルロン酸を注入すると、ふっくらとした涙袋を作れて、目元の印象を大きく変えられます。

本記事では、涙袋へのヒアルロン酸注入において、効果が長もちする5つのコツをご紹介します。

ヒアルロン酸のもちや馴染むまでの期間についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ヒアルロン酸注入による涙袋形成とは


下まぶたにヒアルロン酸を注入すると、ぷっくりとした涙袋を形成できます。

メスを使用しないためダウンタイムが少なく、手軽に受けられる美容施術です。

涙袋が大きくなれば、目元がぱっちりとした優しい印象になるでしょう。

目尻側にヒアルロン酸を多く注入して垂れ目風にしたり、中央部分に膨らみを持たせて可愛らしい目元にしたり、涙袋の長さや幅によって多種多様なデザインを実現できます。

メイクでも涙袋を大きく見せることもできますが、デザインや形を大きく変えるには限度があります。

ヒアルロン酸注入は目元の印象をがらりと変化させるだけでなく、毎日のメイク時間短縮も叶う点が魅力です。

涙袋へのヒアルロン酸注入のもちは?

涙袋にヒアルロン酸を注入した場合のもちは、約6ヶ月〜1年半が一般的です。

ただし、製剤の種類や注入箇所、個人の体質によって持続期間は左右されます。

注入量が多いほど吸収されるまでに時間がかかり、効果を長く得られる傾向にありますが、不自然な仕上がりにならないように注意が必要です。

涙袋に注入したヒアルロン酸が馴染むまでの期間

涙袋に注入したヒアルロン酸が馴染むまでの期間は、1週間程度です。

肌に吸収されるまでのスピードには個人差があるため、遅い場合は2〜3週間ほどかけて馴染んでいく場合もあります。

腫れや痛みといったダウンタイムの症状は、施術後約2〜3日がピークとなり、少しずつ緩和されていきます。

涙袋へのヒアルロン酸注入において効果が長もちする5つのコツ

涙袋へのヒアルロン酸注入において、効果が長もちする5つのコツをご紹介します。

  • 技術力の高いドクターを選ぶ
  • 追加でヒアルロン酸を注入する
  • 患部を圧迫しない
  • ヒアルロン酸の種類にこだわる
  • 規則正しい生活を心がける

長もちする理由を詳しく解説していきましょう。

技術力の高いドクターを選ぶ

注入箇所や注入量、止血対応などドクターのスキルや経験によって、ヒアルロン酸注入は仕上がりに大きく差が生じます。

技術力の高いドクターはより効果的な箇所に注射できるので、持続期間が長くなる傾向にあるのです。

ヒアルロン酸注入は比較的手軽に受けられる施術であるため、信頼性よりもコストを重視する方もいます。

しかし、コストを重視して質のよい施術を受けられなければ、すぐに効果が得られなくなる恐れもあります。

「せっかく施術を受けたのに無駄になってしまった」と後悔しないためには、ドクター選びが重要です。

追加でヒアルロン酸を注入する

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分であり、注入後は徐々に吸収されて消失します。

繰り返し製剤を注入するにつれ、周囲にコラーゲンの膜が生成されて吸収スピードが遅くなっていきます。

効果を長持ちさせたい場合は、施術から半年〜1年経ってから追加でヒアルロン酸を注入するのがおすすめです。

患部を圧迫しない

患部を圧迫するような以下の行為は、ヒアルロン酸の吸収を促進させるため、持続期間の短縮要因となります。

  • マッサージ
  • エステ
  • 美顔器の使用

上記の行為は、施術から約1ヶ月は避けましょう

強い力を与えると、ヒアルロン酸が皮膚の内側で変形する危険性が高まります。

特にRF(高周波)機能のある美顔器は、肌に振動を与えて熱を発生させるので、ヒアルロン酸の消費を早める可能性があります。

ヒアルロン酸の種類にこだわる

効果を長もちさせたいならば、ヒアルロン酸の種類にこだわりましょう。

純度の低い低品質なものは粒がそろっていないので、持続期間が短くなるケースがあります。

さらに、粗悪なヒアルロン酸は「顔にしこりができる」「アレルギー反応を引き起こす」などのリスクを高めてしまいます。

規則正しい生活を心がける

生活習慣が乱れていると体内でヒアルロン酸がスムーズに生成されなくなり、注入したヒアルロン酸が早く吸収されてしまいます。

ヒアルロン酸の消費をおさえるために、施術後は睡眠時間を十分に確保して、規則正しい生活を心がけましょう。

涙袋へのヒアルロン酸注入に関してよくある質問

涙袋へのヒアルロン酸注入に関して、よくある質問を2つピックアップしました。

  • ヒアルロン酸注射で皮膚が伸びることはある?
  • ヒアルロン酸注射のダウンタイム期間は?

施術を受けるか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ヒアルロン酸注射で皮膚が伸びることはある?

涙袋に多量のヒアルロン酸を注入すると、皮膚が伸びたり製剤が流れたりする恐れがあります。

質の悪いヒアルロン酸を使用した場合も、皮膚が不自然に引き延ばされる危険性が高まることに。

満足のいく仕上がりにするには、良質なヒアルロン酸を適量注入することが大切です。

そのため、クリニック・ドクター選びは慎重に行いましょう。

ヒアルロン酸注射のダウンタイム期間は?

ヒアルロン酸注射のダウンタイム期間は1週間程度です。

遅くとも2週間ほどで、腫れや赤み、内出血などの症状は落ち着きます。

激しい運動や長時間の入浴、サウナなどはダウンタイムを長引かせる原因となるので、施術から約1週間は控えましょう。

施術から1ヶ月経っても症状がおさまらないときは、速やかにクリニックに相談してください。

THE FIRST CLINICは技術力の高いドクターが施術を担当します

THE FIRST CLINICでは、技術力の高いドクターが施術を担当します。

院長がオーダーメイドで個々の患者様に合った調節をするので、美容にまつわるお悩みは何でもご相談ください。

美容外科・美容皮膚科・美容内科からの視点と経験を活かし、他院には真似できないような治療方法を提示いたします。

加えて、患者様に気持ちよく通っていただけるように、クリニックの衛生管理も徹底しています。

カウンセリングは無料で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【まとめ】涙袋ヒアルロン酸の効果を長もちさせたいならクリニック選びが重要


涙袋へのヒアルロン酸注射のもちは、一般的に6ヶ月〜1年半程度です。

吸収スピードには個人差がありますが、製剤が馴染むには約1週間かかります。

スキルの高いドクターの施術を受け、良質なヒアルロン酸を使用することが効果を長もちさせるポイントです。

マッサージやエステは製剤を変形させる恐れがあるので、施術後1ヶ月ほどは控えましょう。

「時間とお金をかけて施術を受けたのに効果が長続きしなかった……」と後悔しないように、ぜひクリニック選びにこだわってみてくださいね。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

05月/ 2024× = 休診日
1 2 3 4
5 6
7 8 9 10 11
12
13 14 15
16 17 18
19
20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31
06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから