COLUMN

コラム

二重整形は痛いの?痛みの特徴と対処方法について詳しく解説!

二重整形をしたいけど、痛みが心配で踏みとどまっている方も多いのではないでしょうか。

特に痛みに弱い方であれば、まぶたを施術するのは不安ですよね。

本記事では、二重整形の痛みの特徴や対処方法について詳しく解説します。

痛みが心配で二重整形に挑戦ができていない方は、ぜひ参考にしてください。

二重整形は痛いの?


二重整形では局所麻酔を使用するため、施術中の痛みはほとんどありません。

局所麻酔をかけるときに痛みを少し感じるのみで、麻酔がかかってしまえば施術の痛みは感じなくなります

また、痛みを感じる麻酔の注射も痛みを感じる時間は短いので、過度に心配する必要はありません。

二重整形で痛みを感じる場面

二重整形で痛みを感じる可能性がある場面として、以下の3つのタイミングがあります。

  • 麻酔の注射
  • 施術中
  • ダウンタイム

痛みの特徴について解説するので、参考にしてください。

局所麻酔の注射

二重整形の中で痛みを感じる場面があるとしたら、局所麻酔の注射時です。

局所麻酔は、極細の針を使って注入するので「チクッ」とする程度であり、耐えられないほどの痛みはありません

しかし、それでも痛みが心配な場合は点眼タイプやクリームタイプの麻酔を使って、注射時の痛みを抑える方法もあります。

クリニックによって麻酔の取り扱いは違うので、痛みが心配な方はカウセリング時に確認しておきましょう。

施術中

二重整形の施術時の痛みは、局所麻酔によってほとんど感じることはありません。

痛みはありませんが、まぶたを引っ張られる感覚や触れられている感覚は残ります

もし、施術中に痛みを感じる場合は、麻酔の効き目が弱いかもしれません。

局所麻酔は追加できるので、痛みを感じた場合はすぐに医師へ伝えましょう。

ダウンタイム

二重整形のダウンタイム症状では、痛みもみられる場合があります。

ダウンタイム症状の痛みは、埋没法と切開法で違ってきますが、通常は3日~1週間程度で治るのがほとんどです。

痛みのピーク時でも、まぶたを動かすと少し痛む程度であり、日常生活が送れないほどではありません。

ダウンタイム症状の痛みが心配な方には、痛み止めも処方してくれるので、過度な心配をする必要はないでしょう。

二重整形で痛みを感じやすい人と対処法

以下の条件に当てはまる人は、二重整形で痛みを感じやすい可能性があります。

  • 注射が苦手な人
  • 痛みに対して敏感な人
  • 緊張して力みやすい人

痛みを感じやすい人の特徴と対処法を解説するので、ぜひ参考にしてください。

注射が苦手な人

二重整形での痛みを感じやすい人の特徴として、注射が苦手な人が挙げられます。

注射が苦手な人にとって、まぶたに麻酔の注射をするのは不安ですよね。

しかし、点眼タイプやクリームタイプの麻酔を事前に使えば、局所麻酔の痛みも最小限に抑えられるので心配はいりません。

注射が苦手な人は、カウンセリング時に点眼タイプやクリームタイプの麻酔を取り扱っているか確認して起きましょう。

痛みに対して敏感な人

痛みを対して敏感な人は、過剰に痛みを感じやすい人の特徴の1つです。

肌の感覚が敏感になっており、小さな痛みでも拾ってしまうので、通常の方より痛みが強く出る可能性があります。

また緊張も重なってしまうと、さまざまな事を連想してしまい痛みも増幅してしまいます。

そのため、注射が苦手な人と同様に点眼タイプやクリームタイプの麻酔を使って、痛みを最小限まで抑えるのがおすすめです。

緊張して力みやすい人

緊張して力みやすい方は、緊張で神経が過敏になっているので痛みを感じやすいです。

神経が過敏になっている状態だと、小さな痛みでも拾ってしまうので、過剰に痛みがでる可能性があります。

対処法として、施術前に好きな匂いを嗅いだり、音楽を聴いたりするなどしてリラックスした状態を作りましょう。

また、不安があると緊張も高まってしまうので、疑問は施術前のカウセリング時に解消しておくのが重要です。

ダウンタイム症状の痛みを長引かせない方法

ダウンタイム症状の痛みを長引かせないためには、以下の行動をとりましょう。

  • 血行がよくなる行動をしない
  • まぶたを触る・こする
  • 目元を冷やす

日常生活の過ごし方により痛みの期間も変わるので、ぜひ参考にしてください。

血行がよくなる行動をしない

二重整形後の痛みを長引かせないためには、血行がよくなる行動を控えましょう。

血行がよくなると、炎症の治りも遅くなり痛みの期間も長引いてしまいます

血行がよくなる行動で挙げられるのは、以下の行為です。

  • 入浴やサウナ
  • 飲酒
  • 激しい運動

ダウンタイム症状の痛みが治まる3日~1週間は、上記の行動を控えるように意識しましょう。

まぶたを触る・こする

二重整形後のまぶたを触る・こするといった行動は、痛みを長引かせてしまうので注意が必要です。

刺激が加わることで炎症が落ち着かないほか、雑菌が入り感染症を引き起こす可能性があります。

手で触る以外にも、前髪がまぶたに触れるなどの行動にも注意しましょう。

ダウンタイム期間中は、まぶたを手で触らず前髪を上げて過ごすように心がけてください。

目元を冷やす

ダウンタイム期間中は、腫れや痛みが起こりやすいので目元を冷やすようにしましょう。

適切に目元を冷やすと、炎症を抑えられ痛みの期間も短くなります。

まぶたを冷やす際は清潔なタオルで保冷剤を包み、目元に当てるようにしましょう。

長時間目元を冷やすと、凍傷や低温火傷してしまう危険があるので、1回1分程度を目安にしましょう。

埋没法と切開法どっちが痛い?

埋没法と切開法の痛みでは、切開法の方が痛みが強く出ます。

切開法は、皮膚を切開して二重ラインを形成するので、糸と針だけで行う埋没法より痛みの期間も長く強くでやすいです。

しかし、どちらも麻酔を使用して施術をするので、施術中の痛みは変わりません。

切開法の痛みが強く出やすいと言いましたが、日常生活に支障が出るほどの痛みではないので安心してください。

二重整形の痛みが心配な方はTHE FIRST CLINICがおすすめ

二重整形の痛みが心配な方は、THE FIRST CLINICがおすすめです。

施術を行う医師が自らカウンセリングを行ってくれるので、痛みが心配な方でも相談しやすい空間が魅力です。

手技や麻酔の量にこだわっており、痛みに合わせた施術も可能です。

痛みが心配な方は、ぜひ一度カウンセリングを受けてみましょう。

【まとめ】二重整形の痛みは麻酔で最小限に抑えられます 150


二重整形は、局所麻酔を使用し最小限に痛みを抑えて施術を行います。

施術後のダウンタイムによる痛みは、埋没法と切開法で違いますが、通常3日~1週間程度で痛みは治まるでしょう。

ダウンタイムの痛みを長引かせないためには、日常生活の行動に注意してください。

二重整形の痛みが心配な方は、ぜひ記事を参考にしていただき、疑問や不安を解消していきましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

05月/ 2024× = 休診日
1 2 3 4
5 6
7 8 9 10 11
12
13 14 15
16 17 18
19
20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31
06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから