COLUMN

コラム

額(おでこ)のヒアルロン酸注入で目が重いのは落ちてくるからって本当?リスクを解説

額にヒアルロン酸を注入したら、目が重くて、まさかヒアルロン酸が落ちてきたのでは、と焦っていませんか?

もしヒアルロン酸が落ちてきてしまったら、せっかく入れた額の形も変わりそうですし心配になりますよね。

実は、目が重いのはヒアルロン酸が落ちてきたからではなく、別の理由によるものです。

本記事では、ヒアルロン酸注入後に目が重い理由と対処法を解説しています。

ダウンタイムの目の重さを乗り切って、丸くてきれいなおでこを手に入れましょう。

額のヒアルロン酸注入で目が重い理由


額のヒアルロン酸注入後に目が重いのは、ヒアルロン酸が流れてきたからではありません

目が重い理由は、次の2つです。

  • 麻酔・体液による一時的な腫れ
  • ヒアルロン酸の吸水によるむくみ

それぞれ具体的に理由を説明します。

麻酔・体液による一時的な腫れ

額にヒアルロン酸を注入して、目が重い原因の一つは、麻酔や体液による一時的な腫れです。

そもそも、額の丸みを出すために使うヒアルロン酸は、注入した場所にとどまりやすいので、通常「落ちてくる」ことは考えにくいです。

しかし、麻酔やヒアルロン酸を注射すると、皮膚や組織が一時的に傷付き、炎症を起こします。このときの腫れが、目が重い原因の一つと考えられます。

ヒアルロン酸の吸水によるむくみ

もう一つの理由は「ヒアルロン酸の吸水によるむくみ」です。

ヒアルロン酸は吸水性が高いので、体内の水分を吸収し、むくみになることがあります。

むくみの程度は、人によるので、ちょっとむくんでいる程度の方から、まぶたがパンパンになる方までさまざまです。

目が重い場合、むくんで一時的に腫れているので、そのまま様子を見ましょう。

額ヒアルロン酸注入で目が重い期間

額のヒアルロン酸注入で目が重い方は、腫れがいつおさまるのか心配という方もいるでしょう。

ここからは、腫れる期間を紹介していきます。

腫れのピークは2~3日後

額のヒアルロン酸注入で、腫れがピークに達するのは、施術後2~3日後です。

当日は変化がなくても、2日目に急に腫れることもあります。

ほとんどの場合、4日目以降は、顔の腫れが引いてくるので、心配しすぎないようにしましょう。

目が重い感じも、腫れが引くと徐々になくなります。

1~2週間で腫れ・内出血が落ち着く

ヒアルロン酸注入では、体質によって1~2週間腫れや内出血が続くことがあります。

2週間程度で腫れが落ち着く方がほとんどですが、痛みが出たり、腫れが長引く場合は、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

額ヒアルロン酸注入で目が重い以外に起こるリスク

額のヒアルロン酸注入にも、他の施術同様にリスクがあります。

目が重いと感じる以外に、額のヒアルロン酸注入で起こりやすいリスクは、次の4つです。

  • 内出血
  • しこり
  • ボコ付き
  • アレルギー反応

それぞれ解説していきましょう。

内出血

ヒアルロン酸を注入する際、注射針が毛細血管を傷付けることで、内出血が起こります。

施術直後に、きちんと止血ができていない場合や、医師の技量不足が原因で内出血になることがあります。

内出血は、徐々にうすくなりますが、気になる場合は、コンシーラーや前髪で隠しましょう。

しこり

注入したヒアルロン酸が、額で固まってしまい、しこりのようになることがあります。

原因には、ヒアルロン酸の種類が合っていなかった、施術の際に十分に混ざっていなかったなどが考えられます。

しこりのように固くなってしまった場合、気になる方もいるでしょう。

通常、しこりは時間が経つと自然になくなっていきますが、痛みがある場合や、しこりがおおきい場合は、クリニックに相談して、指示を仰ぎましょう。

ボコつき

ボコつきも、額のヒアルロン酸注入のリスクです。

原因には次が挙げられます。

  • ヒアルロン酸の注入量が多すぎる
  • 注入にムラがある
  • ヒアルロン酸の種類が合っていない

額のボコつきを防ぐためには、医師の技術も欠かせません

実績のあるクリニックで受けると、ボコつきのリスクを減らせます。

アレルギー反応

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在する物質なので、アレルギー反応を起こしにくいといえます。

しかし、使用する製剤によっては、まれにかゆみ・じんましん・ほてり・赤みなどのアレルギー反応が出ることがあります。

アレルギー症状が出たら、必ず医師の診察を受け、指示に従いましょう。

額ヒアルロン酸注入で目が重いときの対処法

額のヒアルロン酸注入後に目が重いとき、間違った過ごし方で目の重さが悪化することがあります。

ここからは、額のヒアルロン酸注入後に、目が重いときの過ごし方を紹介します。

アルコールを飲まない

施術後2~3日はアルコールを飲まないようにしましょう。

アルコールが、血行を良くするので、内出血がひどくなることがあるためです。

また、アルコールで顔のむくみがひどくなるので、目が重い状態でアルコールを飲むと、目のまわりの腫れが悪化しやすいでしょう。

激しい運動・入浴・サウナを控える

施術後数日間は、激しい運動・入浴・サウナの利用を控えましょう。

血行がよくなって内出血による目の重さが増すからです。

患部を冷やす

目の重さが取れない・目が開きにくい場合は、ヒアルロン酸を注入した場所を冷やすのがおすすめです。

施術箇所を冷やすと、血管が収縮するので、腫れが引きやすくなります。

清潔なハンカチやタオルに、氷・保冷剤をくるんで、そっと当てて冷やします。

強く押し当てたり、冷やしすぎないよう注意しましょう。

マッサージはNG

目が重いときは、マッサージで解消したくなりますが、施術直後にマッサージをすると、注入したヒアルロン酸の形が変わる可能性があるのでNGです。

腫れが引くまで、冷やしたり、頭の位置を心臓より高めにすることで、腫れが引きやすくなります。

THE FIRST CLINICではカウンセリングから院長が担当

THE FIRST CLINICは、カウンセリングから施術までを惟村医師が担当します。

額のヒアルロン酸注入では、ダウンタイム中に、目が重い、顔が腫れたなど、不安になる症状が出ることもあります。

THE FIRST CLINICでは、不安の相談に対する返信も迅速に対応するので、ダウンタイムが不安、という方も、安心して施術を受けていただけます。

多摩センターお近くの方で、ヒアルロン酸注入を検討している方は、お気軽にカウンセリングにお越しください。

【まとめ】額ヒアルロン酸注入で目が重いのは一時的な腫れ・むくみ


額のヒアルロン酸注入後に、目が重いのは、ほとんどの場合で一時的な腫れとむくみです。

腫れのピークが過ぎる4日目以降では、目の重さも軽くなる方がほとんどです。

ヒアルロン酸注入は、手軽に受けられる施術ですが、注入部位やヒアルロン酸の種類が合わないと、仕上がりがきれいになりません。

仕上がりは、医師の技術にもよるので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから