COLUMN

コラム

埋没法は何年持つの?人によって異なる原因と長持ちさせる方法も紹介

二重の埋没法を検討している人で、効果がどのくらい持つか疑問に思っている人もいるでしょう。

埋没法を受けた場合はできるだけ長持ちさせたいものです。本記事では、埋没法の効果期間を詳しく解説しています。

もい没法を長持ちさせる方法も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

二重の埋没法とは

二重の埋没法とは、医療用の細い糸を使って二重を成形する施術法です。

糸をまぶたの裏からまぶたの表に通して止めて二重を形成します。

針の傷はできてしまいますが、局所麻酔と施術時の糸を通す際の傷のみです。

痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みはほとんどなく10~20分の施術時間で終わります。

メスを使わない施術なので、負担が少なく傷口が残りにくいです。

糸を外すだけで元に戻せるのが特長で、二重幅の微調整で再施術したり、切開法への移行が可能です。

埋没法は何年もつのか?

埋没法の持続期間は、人によって大きく変わります。

5年もつ人もいれば1~2年で外れた人もいるので持続期間ははっきりと断定できません。

糸が切れたり、糸が外れたりすると二重幅がずれたり、変化したりします。

二重のデザインが変化したら外れる兆候だと考えましょう。

二重幅の変化があって心配な場合は担当の医師に相談しましょう。

再施術や抜糸の検討など今後の方針を提案してもらえます。

ごくまれに、二重の状態で癒着して半永久的にある場合の報告もありますが、一部の例外だと考えましょう。

もつ期間は人によって異なる

埋没法の効果持続期間は、糸が切れたり、外れたり、ゆるんだりしない限り永久的です。

医療用の細い糸で縫って止めているだけなので、糸の微妙な状態の変化で二重幅に影響が出てしまうからです。

糸が外れたりする影響での効果持続期間を長くするために、クリニックごとに工夫をしています。

糸の止め方や本数なさまざまな方法がありますが、どれが優れているかは、クリニックごとでしかデータを持っていないので、糸の止め方や縫う回数による効果持続期間の正確な比較できません。

また、体質や生活習慣などでも効果持続期間は変わるので断定するのは困難です。

保証期間を定めているクリニックもあるので選ぶ際には参考にしてみてください。

埋没法を長持ちさせる方法

埋没法の効果持続期間は人によって粉取りますが、長持ちさせる可能性を高くできます。

埋没法を長持ちさせる方法を以下に3つご紹介します。

  • まぶたに負荷をかけない
  • 二重幅を狭いデザインにする
  • 技術のある医師に依頼する

それぞれについて解説します。

まぶたに負荷をかけない

まぶたに負荷をかけないのが、埋没法を長く維持するのに有効です。

埋没法はまぶたを糸で止めて二重を形成する施術法なので、糸が外れる可能性を減らせると効果持続期間も長くできます。

日常的な動作の中では、まぶたを触ったり、こすったり、目を大きく見開くいたりする動作がまぶたに負荷をかける動作です。

エステや整体、まつエクやアイプチなどの美容行為もまぶたに負荷がかかる可能性が高いといえます。

やっていいか自分で判断ができない場合は、担当の医師に相談しましょう。

中にはふとったりやせたりして、体重の増減が起こるとまぶたの脂肪が変化してしまい、埋没法の糸に影響が出てしまった報告もあります。

過度なダイエットやリバウンド、体重増加に気をつけましょう。

二重幅を狭いデザインにする

二重幅が狭いデザインにすると埋没法を長く維持するのに有効です。

二重幅が狭いデザインだと糸で支えるまぶたが少なく、糸に負担がかかりにくいためです。

広い二重幅は人気のデザインでもあるので、担当の医師と相談し、リスクを考慮してデザインを検討しましょう。

また、重い一重でも糸で支えるまぶたが多くなるので負荷がかかりやすいです。

広い二重幅を優先したい場合や、重い一重の場合は埋没法にこだわりがない限り、切開法も検討すると良いでしょう。

技術のある医師に依頼する

技術のある医師に施術を依頼すると埋没法を長く維持するのに有効です。

糸の縫う位置や止めた際の結び具合などで糸の状態が異なるからです。

とはいえ、技術のある医師を探すのは大変なので、クリニックのホームページを参考にしましょう。

症例数が多い点や、ホームページに自分の思い描いているまぶたの変化の症例がのっている点などを参考にするのをおすすめします。

カウンセリングが丁寧であれば、まぶたのデザインのずれが少なくなります。

丁寧で納得の行くまでカウンセリングをしてくれる医師はおすすめです。

また、全ての人に対して同じ施術法でなくて、まぶたの状態でベストだと思う糸の止め方を使い分けられる医師もおすすめです。

埋没法を希望するならTHE FIRST CLINICでカウンセリングからでも対応します

埋没法を希望するならTHE FIRST CLINICがおすすめです。

目元の施術件数が豊富なクリニックでの経験と、脳外科での技術を応用したミリ単位のデザイン調整にこだわった施術が可能です。

無料のカウンセリングでの相談も対応しているので、気軽にお問い合わせください。

【まとめ】埋没法が持つ期間は人によって異なる

埋没法の効果持続期間には個人差があります。

施術方法や施術を受けるまぶたの状態、希望するデザインの形が施術の効果が持続する期間に影響します。

それだけでなく、施術を受けてからの行動でも効果が長持ちするか変わるので、埋没法の効果を長持ちさせたい場合は行動に注意しましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから