COLUMN

コラム

目元のクマ取りの痛みはどのくらい?痛みが出たときの対処法も紹介

目元のクマ取りの痛みがどのくらいなのか気になる人のいるでしょう。目元は繊細な部位なので、クマ取りは痛みを少なく施術したいものです。

本記事では、目元のクマ取りの施術法を解説した上で、痛みがどのくらいなのか詳しく解説します。痛みが生じた際の対処法も紹介するのでぜひ参考にしてください。

主なクマ取りの施術法は3種類

主な目元のクマ取りの施術法は3種類あり、それぞれのクマに合わせた治療法を選択します。

クマの種類は「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」「赤クマ」の4種類。

クマは自分自身でも見分けることができますが、複合する場合もあるので、専門の医師に見て判別してもらうことをおすすめします。

無料のカウンセリングを行っているクリニックもあるのでまずは気軽に相談してみましょう。

クリニックによって異なる可能性がありますが、主なクマ取りの方法を以下に3つご紹介します。

眼窩脂肪除去

眼窩脂肪除去は、下まぶたの裏を数ミリ切って脂肪を取り除く施術方法です。

メスを使って切開するのはまぶたの面膜側。表面に傷口が出ないのでバレにくい施術法です。

目の下の脂肪の凹凸を改善できるので、目の下の脂肪で影ができてクマになる黒クマの治療に有効です。

眼窩脂肪除去のダウンタイムは1~2週間です。

数ミリとはいえメスで切開しているので腫れや内出血、痛みが生じる場合があります。

メイク、コンタクトレンズの着用は翌日から可能ですが、クリニックによって異なるので確認しましょう。

脂肪注入

脂肪注入は、眼窩脂肪除去で取り除いた脂肪を必要な箇所に注入する施術方法です。

自分自身の組織なので拒絶反応、アレルギー反応の心配がありません。

ピンポイントで脂肪を注入できるので、局所的なボリュームアップに有効です。

眼窩脂肪除去と併用して目元のデザインを微調整するのが可能です。

ダウンタイムは2~3週間。注射するので腫れや内出血、痛みが生じる場合があります。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、体内にも存在する物質のヒアルロン酸を注入する施術法です。

ボリュームアップやシワの改善効果が期待できます。

目元のクマへの施術はボリュームアップが主な効果で期待され施術します。

へこんだ部位に注入して凸凹をなクス効果を期待します。

ヒアルロン酸注射の効果は永久的ではありません。

半年~1年で体内に吸収されますが、繰り返し施術をすれば効果期間は次第に長くなります。

メスを使わない施術法で注射での傷跡のみです。

ダウンタイムは1~2週間。内出血が起こった際はこの期間気おこることが多いです。

目元のクマ取りの痛みの程度はどのくらい?

目元のクマ取りの痛みは個人差もありますが、痛みは強くない施術法です。

「施術中」「ダウンタイム期間」にわけて目元のクマ取りの痛みの程度を解説します。

施術中の痛みはほとんどない

是術中の痛みはほとんど感じません。

施術中に痛みを強く感じないのは局所麻酔をしているからです。

麻酔を注射する際の方が痛みを感じます。

局所麻酔が苦手な方も静脈麻酔や麻酔ガスなど別の方法での麻酔をオプションで追加できるクリニックもあるので、痛みに弱い方は活用しましょう。

局所麻酔では施術の様子や目元に迫って来るメスなどは見えてしまいます。見えてしまうのが、嫌な方は静脈麻酔で眠っている間に施術することも可能です。

ダウンタイムは1~3週間でおさまる

先述した通り目元のクマ取りの施術にはダウンタイムがあり、期間の長さは施術方法によって異なります。

それぞれの施術ごとのダウンタイム期間を以下にご紹介します。

  • 眼窩脂肪除去:1~2週間
  • 脂肪注入:2~3週間
  • ヒアルロン酸注射:1~2週間

痛みの感じ方は個人差が大きく、治療した範囲の大きさによっても痛みの感じ方は変わります。

痛みの具合は鈍痛といわれ、人によっては感じない方もいます。

医師に相談すれば、痛み止めを処方してもらえるので気軽に相談してください。

クマ取りで痛みが生じた場合の対処法

クマ取りで痛みが生じた場合は、対処法があります。

ダウンタイム期間のセルフケアによって痛みを減らすことが可能です。

クマ取りで痛みが生じた際に痛みを減らす方法を以下にご紹介します。

施術部を冷やす

施術部位を冷やすと痛みを抑えることができます。

保冷材や氷のうをタオルなどに包み、直接肌に当てずに使いましょう。

心地よい冷たさに調節し、凍傷が起こるほど冷やしすぎないのがポイントです。

施術部位を冷やすと、血流を阻害して内出血の改善が期待できます。

また、冷やしたことでの痛みの鈍化もあるので痛みへの対処法として有効です。

血行を促進する行動を避ける

血行を促進する行動を避けましょう。

血行が促進されると、毛細血管の血流がよくなり、内出血が起こり腫れや痛みがやすくなります。

激しい運動や飲酒、長風呂などは血行を促進する行動なので、ダウンタイムが終わる1~2週間程度控えると良いでしょう。

痛みの少ないクマ取りを希望するならTHE FIRST CLINICへお越しください

THE FIRST CLINICは痛みのコントロールを考えて、痛みの少ない施術を心がけています。

施術以外でも丁寧なカウンセリング、アフターケアにもこだわっているので、興味のある人は、まずはカウンセリングからでも相談してみてください。

【まとめ】クマ取りは痛みの少なく、しっかり対処すれば痛みを軽減できる

目元のクマ取りは痛みの少なく。しっかりと対処すれば痛みを改善できます。

痛みについて不安や心配なことがある人はまずはカウンセリングで相談してみてください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから