COLUMN

コラム

鼻へのヒアルロン酸注射の腫れのピークはいつ?長引かせない方法も

鼻のヒアルロン酸注射を受けたものの、腫れが目立って気になるといったお悩みを抱えている人もいるでしょう。

顔の腫れは目立つので不安を感じ早く治したいものです。

本記事では、鼻のヒアルロン酸治療の腫れのピークがどのくらいか詳しく解説します。

ヒアルロン酸注射の腫れを長引かせないポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

鼻へのヒアルロン酸注射とは

近年話題になっているヒアルロン酸注射は、鼻に施術すると鼻の形を整えられるので、プロテーゼを入れることなく美容整形ができるので、注目を集めています。

ヒアルロン酸注射とはどんな効果が得られるのか、概要を解説した上で、鼻へのヒアルロン酸注射の特長を解説します。

そもそもヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸注射は、体内に元からあるヒアルロン酸を注射する施術です。

ヒアルロン酸を注射すると、「シワ改善効果」「ボリュームアップ効果」が期待できます。

注射されたヒアルロン酸は1~2週間で馴染み、徐々に体内に分解されていきます。

効果の維持は半年~1年程度の期間です。

ヒアルロン酸の効果が気に入ったり効果を維持したい場合は、繰り返し施術すると長期的な効果が期待できます。

同一部位に繰り返し施術すると、効果を維持できる期間が長くなっていきます。

ヒアルロン酸注射は、メスを使った切開を行わないので身体への負担が少ない施術です。

施術は注射のみで終わるので、施術時間は10~20分程度です。

ヒアルロン酸で鼻を高くできる

鼻へのヒアルロン酸注射は主に鼻筋にヒアルロン酸を注入する施術です。

ヒアルロン酸のボリュームアップ効果で鼻筋を高く見せられます。

ヒアルロン酸を注入する際に土台があった方がボリュームアップ効果が高まるので骨があるところに注入します。

軟骨のみの部位は、ボリュームアップ効果や形の形成が難しいので強く希望すれば施術できるクリニックもあるようですが、推奨しません。

ボリュームアップ効果を発揮させるために、硬めで形を形成しやすいヒアルロン酸が選ばれることが多いです。

やわらかいヒアルロン酸だと鼻筋に定着しなかったり、横に広がったりするので使用するヒアルロン酸選びは重要です。

鼻のヒアルロン酸注射で得られる効果は以下の通りです。

  • 鼻筋が通る
  • 段鼻・鷲鼻の改善
  • 曲がっている鼻の修正
  • 小鼻が小さく見える
  • 鼻の穴が小さく見える

鼻先への施術は効果が出にくく難しい

ヒアルロン酸の鼻先への施術は効果が出にくく難しいです。

鼻先は骨がなく軟骨のみの構造をしています。

ヒアルロン酸の土台がないので施術をしても高くなりにくいです。

また、鼻先は毛細血管が多く内出血のリスクが高い部位です。

肉厚出もある部位なのでヒアルロン酸を入れても押しつぶされてしまい形の形成ができません。

ヒアルロン酸注射はダウンタイムや体内に吸収される点などメリットは多いですが、鼻先の施術を希望する場合は、他の施術法と比較して相談することをおすすめします。

鼻のヒアルロン酸注射の腫れのピークはいつ?

鼻のヒアルロン酸注射の腫れは他の部位のヒアルロン酸治療と同様で、ピークは1~2日程度です。

鼻は他の部位よりも腫れが目立ちにくい部分といわれてはいますが、顔の腫れは目立つので注意しましょう。

ヒアルロン酸による腫れは1~2日程度で治まる

注入されたヒアルロン酸の影響での腫れのピークは1~2日程度です。

ヒアルロン酸が馴染んでいくことで徐々に腫れはひいていきます。

ダウンタイムは1~2週間。

ヒアルロン酸が馴染みだして安定するまでこのくらいに期間かかります。

ヒアルロン酸が馴染む際に水分を吸収するのでむくみを感じることもあります。

内出血が起きた場合は1~2週間程度で治まる

施術の際に注射の針などで毛細血管を傷つけてしまうと腫れや内出血がおこります。

毛細血管は目に見えないほどの細さをしているので、避けようとしても難しいです。

施術中に出血が起こった場合は圧迫止血で対処します。

施術後に内出血が起こった際は氷のうや保冷剤で施術部位を冷やしたり、ヘパリン類似物質クリームを塗ることで早く改善できます。

ダウンタイムは1~2週間なので、それ以上痛みや腫れが長引く場合は担当の医師に相談しましょう。

腫れを長引かせないポイント

施術部位の腫れを長引かせないポイントは「施術部の安静・清潔を保つ」「血行促進を避ける」ことです。

施術部位の安静・清潔を保つと、ヒアルロン酸の位置の安定と形の変形を防ぎ、感染症予防に繋がります。

必要以上に施術部位に触れないようにしましょう。

基本的には施術当日からメイク可能なクリニックが多いですが状態によって変わるので担当の医師に確認しましょう。

血行促進を避けると、毛細血管からの出血を防ぎ、ダウンタイムが長引く可能性が減ります。

血行促進されると毛細血管の血流が増え出血、腫れ、痛みの可能性が増えるので注意しましょう。

THE FIRST CLINICなら認定医の高い技術の施術を受けられる

THE FIRST CLINICでは、ヒアルロン酸使用軟組織注入材治療認定医が施術を行います。

一人一人に合わせたデザインをオーダーメイドでナチュラルに仕上げるのを得意としています。

ナチュラルに仕上がる鼻ヒアルロン酸注射を受けたい方は、カウンセリングからでもお問い合わせください。

【まとめ】鼻のヒアルロン酸注射の腫れのピークは1~2日

鼻のヒアルロン酸注射の腫れのピークは1~2日。そこから徐々に和らいでいきダウンタイムは1~2週間かかります。

高さよりも施術直後はやや腫れているような印象を受けると思いますが、時間の経過とともにすっきりとした鼻になるので様子を見ましょう。

ダウンタイム期間を過ぎても腫れていたり、痛みを感じるようであれば担当の医師に相談しましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから