COLUMN

コラム

クマ取り手術の腫れは避けられない?不安を解消するポイントを解説

明るい目元を取り戻す方法として、目の下のクマ取り手術があります。

この施術はダウンタイムが比較的短く、多くのクリニックで採用されている方法です。

しかし、繊細な目の周りへの施術に関して、腫れや痛みがどれくらいで落ち着くのか気になりませんか。

今回はどうしても避けられない、クマ取り後のダウンタイムのケアについて詳しく解説します。

クマ取り手術後の腫れは1~2週間で落ち着く

ダウンタイムとは、施術後に生じる痛みや赤み・腫れ・むくみ・内出血などが回復して、普段通りの生活に戻るまでの期間を指します。

クマ取り手術後のダウンタイムは1~2週間と比較的短く、その時期をすぎれば腫れや内出血は目立たなくなります。

しかし、正しいすごし方を知らないと、症状を長引かせる可能性があるため注意が必要です。

クマ取り手術の腫れを早く引かせるポイントは4点

クマ取り手術後の腫れを早く引かせるには、適切なすごし方やアフターケアが大切です。

腫れを早く引かせるポイントは次の4点です。

  • 血流を促す行動は控える
  • アイシングを行う
  • 目の安静を保つ
  • 横になる時間を短くする

それぞれ解説します。

血流を促す行動は控える

ダウンタイム中は、運動や飲酒は避けてください。

運動が温まると、血管が広がり血流が良くなります。

その結果、血管から体液が漏れてが腫れや内出血が起こりやすくなるからです。

さらに、飲酒では、アルコールの作用で血管が広がり、血流を促進させます。

術後ダウンタイムを長引かせないためには、飲酒をしないで過ごしましょう

アイシングを行う

アイシングで患部を冷やすと、炎症が治まりやすくなります。

方法としては、腫れが気になる箇所に、ビニール袋に水と氷を入れたものや保冷剤をタオルで包んだものを乗せて冷やしてください。

保冷材は、そのまま患部にあてると凍傷になるため、注意して使いましょう。

1日数回、数分ずつ冷やすのが効果的です。

目の安静を保つ

術後は、パソコンや読書など細かいものを長時間見る作業は控えましょう。

目を疲労させると、ダウンタイム症状の回復が遅れる可能性があります。

また、目を強くこすったり、ぶつけたりしないよう十分気を付けてください。刺激によって内出血や腫れを促進させる場合があるからです。

ダウンタイムの間は、目をいたわって過ごしましょう。

横になる時間を短くする

ダウンタイム中は、横になる時間を短くして、頭を心臓より上にしてすごしましょう。

横になって心臓と頭が同じ高さになると、目の周りに血液が集中します。

その結果、腫れや内出血が目立ってしまいます。

術後の生活では、日中は立ったり座ったりを繰り返し、心臓と頭の位置を意識してすごしてください。夜寝る際は、高めの枕を使うのが良いでしょう。

クマ取り手術前後で気を付けたいことは2点

クマ取り手術での腫れに関する不安を減らすには、施術前と後に気を付けることがあります。

特に、意識したいことは以下の2点です。

  • クマ取り手術の特徴を理解する
  • アフターフォローが万全なクリニックを選択する

それぞれ解説します。

クマ取り手術の特徴を理解する

クマ取りの施術には、クマの種類によって適している方法が異なります。

目の下のクマの種類には以下の3つがあります。

  • 青クマ:目に負担をかけた際に起きやすく、長時間パソコンを使う方や睡眠時間が短い人に多い
  • 茶クマ:紫外線や乾燥などで目の周辺に刺激を受け、メラニン(人の体内で生成される色素)が原因で起こりこりやすい
  • 黒クマ:加齢で目の下がたるんだり、肌のハリや潤いが減少したりすると起こりやすい

 

青クマに適した施術方法は、皮膚の厚み形成を期待できるベビーコラーゲン(ヒト由来のコラーゲン注入剤)や血行不良の際にアプローチ可能なプラセンタ(哺乳動物の胎盤が原料)注入です。

茶クマには、ピコトレーニング(レーザー治療の一種)やエレクトロポーレーション(電気穿孔法)などで色素沈着を改善する効果が期待できるでしょう。

黒クマは目の下のたるみやくぼみが原因のため、脂肪を取り除いたり、ヒアルロン酸や脂肪を注入したりすると改善されます。

それぞれの目のクマに対応した施術の詳しい説明は、こちらをご覧ください。

目の下のクマ取りのダウンタイムはどれくらい?クマの種類別に紹介|多摩での美容整形ならザファーストクリニック (the-first.clinic)

アフターフォローが万全なクリニックを選択する

クマ取り手術後のダウンタイム症状は約2週間ですが、その期間のすごし方によっては、施術の効果に影響が出る場合があります。

結果を良い状態に保つには、腫れや痛みを早めに引かせるポイントを実践しつつ、予想しないトラブルの発生時には、早期のアフターフォローが必要になります。

事前の相談やカウンセリングの時に、施術後のアフターフォロー体制も必ずチェックしましょう。

THE FIRST CLINICではクマ取り後の腫れに関する不安を和らげる対応を行っています

THE FIRST CLINICでは、優れた医師の施術を提供しながら、患者さんが納得いくまで丁寧なカウンセリングを何度もおこないます。

それによって、施術後のダウンタイムへの不安も解消され、あなたが思い描くきれいな目元を取り戻せるでしょう。

【まとめ】クマ取り手術後の腫れは過度に心配しないで施術を受けられます

クマ取り手術後の腫れは、施術を理解しダウンタイムを早く引かせるポイントを抑えれば、過度の心配はいりません。

何でも聞けるクリニックを選び、気になる点はその都度聞きながら、安心して目の下のクマ取り施術を受けてください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから