COLUMN

コラム

ヒアルロン酸注入によって顎が尖りすぎてしまう原因と対処法を解説!

理想的な横顔のEラインを手に入れるには、整った顎が不可欠です。

美しい顎を作るには、ヒアルロン酸注入も効果的な一つの方法ですが、思い描いたのとは異なる尖った仕上がりのリスクがあります。

今回は、顎が尖ってしまう原因とその予防方法を具体的に解説します。

顎のヒアルロン酸注入施術を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

顎のヒアルロン酸注入で尖りすぎてしまう原因

顎の形成において、ヒアルロン酸注入で顎が尖ってしまう原因は以下の3つがあげられます。

  • ヒアルロン酸の注入量が多すぎた
  • 仕上がりのイメージを医師と共有できていなかった
  • ダウンタイム症状として一時的に腫れている

それぞれ説明します。

まずは原因を正しく理解することで、尖りすぎを未然に防ぎやすくなるでしょう。

ヒアルロン酸の注入量が多すぎた

顎の施術において、尖りすぎる原因の1つは、注入量が多すぎる場合です。

顎へのヒアルロン酸注入はmg単位での細やかなテクニックを要する施術です。

顎の形状に適したヒアルロン酸を注入するには、繊細な技術と微妙な量の調節が不可欠必です。

そのため、経験豊富な医師を選択するのがとても重要になるのです。

仕上がりのイメージを医師と共有できていなかった

顎が尖りすぎる2つ目の原因は、仕上がりのイメージと実際の結果がかけ離れてしまうケースです。

個々人の顎の形によっても、注入後の顎が理想の形と異なる場合があります。

最善の結果を得るには、医師とのカウンセリングを十分に行い、自分の顔の特徴や仕上がりのイメージを明確に意識できるようにしましょう。

十分に納得がいくまで、医師との話し合いを繰り返すことで、仕上がりを共有することにつながります。

ダウンタイム症状として一時的に腫れている

3つ目の原因として、ダウンタイム症状で一時的に腫れる可能性があります。

術後1~2週間は、ダウンタイム症状として、腫れや内出血などがあらわれるケースもあります。

その場合、アイシングや運動を控えるなど、血液循環を促進させない対処方法が有効です。

施術前には、アフターケアについてしっかり理解し、医師の指示を守ることが必要です。

もしも、腫れが長引く場合には、早めに医師に相談して適切な対応を受けるようにしましょう。

顎のヒアルロン酸の注入で尖りすぎを防ぐ3つのポイント

  • 顎の尖りすぎを予防するために、ヒアルロン酸注入施術前に特に意識したい注意点は以下の3つです。
  • 適切な注入量を見極められる医師に依頼する
  • どのような仕上がりにしたいか事前に医師に伝える
  • ダウンタイム中に腫れる場合があることを理解する

それぞれ説明します。

適切な注入量を見極められる医師に依頼する

適切な注入量を見極められる医師を選びましょう。

ヒアルロン酸の注入量は、個々の患者に合わせて調整できることが重要です。

経験豊富な医師は、顎の形状や患者の希望に基づいて適切な量を判断できます。

過剰な注入は不自然な見た目を引き起こす可能性があるため、信頼できる医師に相談するのが大切です。

そのためには、クリニックの良い口コミや高い評価をSNSで調べたり、医師の施術例を分かりやすく掲載しているホームーぺージを参考にしたりするのもよいでしょう。

さらに、無料相談を行っているクリニックをいくつか体験し、ご自身が信頼できると感じられるところを選ぶのがよいでしょう。

どのような仕上がりにしたいか事前に医師に伝える

どのような仕上がりを希望するか、事前に医師に伝えることも大事です。

顎の形状やサイズ、バランスについて、医師に具体的な希望を伝えてください。

例えば、シャープなラインを強調したいのか、自然な仕上がりを求めているのかなどを共有しましょう。

ご自身が思い描くお顔のイメージや顎の形を正確に伝えましょう。

医師はそれに基づいて最適な施術プランを立ててくれます。

事前のカウンセリングでは、自分の希望やイメージする仕上がりを納得いくまで話し合うことが大切です。

ダウンタイム中に腫れる場合があることを理解する

ヒアルロン酸注入後のダウンタイムを正しく理解しましょう。

ヒアルロン酸注入後は、一時的に腫れることがあります。

これは、通常数日から1週間程度続きます。

冷却パックや軽いマッサージを行うことで腫れを軽減できますが、施術後のダウンタイムを正しく理解しておくことが大切です。

腫れが心配な場合は、事前に詳しく説明を受け、施術後、気になる症状があらわれた場合は、自己判断せずにその都度医師に相談しましょう。

THE FIRST CLINICは医師の丁寧なカウンセリングと高度な技術を提供します

ヒアルロン酸注入は、慎重な対応で自然な仕上がりを実現できます。

医師との十分な相談を重ねることは、希望通りの顎の形状を手に入れることにつながります。

THE FIRST CLINICでは、ていねいなカウンセリングや細やかなアフターフォローを提供しています。

そのため、信頼できる医師の施術で思い描いた顎を手に入れられるでしょう。

【まとめ】顎のヒアルロン酸注入で尖りすぎない美しいラインを手に入れよう

ヒアルロン酸注入施術で顎を形成する場合、尖りすぎを防ぐことはとても大事です。

優れた技術を持つ医師に施術を任せることが大きな安心につながります。

さらに、施術前にダウンタイムの症状を理解し、施術内容を十分納得して受けることも大事です。

もし、医師からひと通りの説明を聞いても、納得できない場合は、他のクリニックを検討するのも有効な手段です。

ご自身と相性のよい医師を見つけて、尖りすぎない美しい顎のラインを手に入れましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから