COLUMN

コラム

二重の癖がつかない理由は?医師に相談して期待できることも紹介

セルフケアで二重を作っても、癖がつかず定着しないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、二重の癖がつかない理由について解説します。

また、セルフケアで二重の癖がつかない場合の対策や、美容クリニックで二重ラインを作る方法も紹介しているので、一重であることに悩んでいる、セルフケアで二重を作るのに限界を感じているという方は、ぜひ最後までご覧ください。

セルフケアで二重の癖をつけることは可能?

セルフケアで二重の癖をつけることは、ある程度であれば可能です。

しかし、確実な方法ではないことと、時間がかかることを理解しておくことが重要です。

二重の癖をつけるセルフケア方法は、以下を参考にしてください。

【マッサージ】
まぶたや目の周りをマッサージすることで、むくみや脂肪を減らし、二重ラインが出やすくなるようにします。

【二重メイク】
二重テープやアイプチを使って、二重のラインを作り、その状態で過ごします。長時間続けることで、癖がつく可能性があります。

【まぶたのトレーニング】
まぶたを鍛えることで、二重ラインを維持しやすくなります。

また、セルフケアで二重の癖をつける際は、以下の注意点も押さえておきましょう。

【無理に二重を作ろうとしない】
無理に二重を作ろうとすると、まぶたが伸びてしまう可能性があります。

【目の周りの皮膚を傷つけない】
マッサージや二重メイクをする際は、目の周りの皮膚を傷つけないように注意が必要です。

二重の癖がつく人・つかない人の特徴

二重の癖がつかない理由には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここでは、二重の癖がつく人・つかない人の特徴をそれぞれまとめています。

二重の癖がつく人の特徴

二重の癖がつきやすい人には、まぶたの状態や目の構造などにおける、以下のような特徴があります。

【まぶたの状態】

  • まぶたが薄い
  • まぶたの脂肪が少ない
  • 皮膚のたるみやむくみが少ない
  • 二重ラインがうっすらと見える

【目の構造】

  • 目の開きが大きい
  • 蒙古襞(蒙古ひだ)がない
  • 目の周りの筋肉が強い

二重の癖がつきやすいことを示す特徴ではあるものの、必ずしも「二重になる」ことを保証するものではないため注意してください。

二重の癖がつかない人の特徴

二重の癖がつかない人も、以下の視点における共通の特徴があります。

【まぶたの状態】

  • まぶたが厚い
  • まぶたの脂肪が多い
  • 皮膚のたるみやむくみが多い
  • 二重ラインが全く見えない

【目の構造】

  • 目の開きが小さい
  • 蒙古襞(蒙古ひだ)がある
  • 目の周りの筋肉が弱い

上記に当てはまる場合、セルフケアを徹底しても二重の癖がつきにくいと考えられるでしょう。

セルフケアで二重の癖がつかない場合は医師へ相談

セルフケアで二重の癖がつかない場合は、医師へ相談するのがおすすめです。

ここでは、二重の癖について医師へ相談することで何が期待できるのか、という疑問を解消します。

医師に相談することで理想の二重に近づく

医師に相談することで、ある程度理想の二重に近づけるでしょう。

二重の施術を行う医師の多くは、目の状態や希望をヒアリングのうえ、最適な施術方法を提案してくれます。

二重の施術は、技術や経験が豊富な医師を選ぶことが重要です。

カウンセリングでしっかりと希望を伝え、医師とよく相談して施術を受けるようにしましょう。

セルフケアと比べて確実性がある

二重について医師に相談することは、セルフケアよりも確実な成果や情報を得やすいことと判断できます。

目の状態などにあわせた最適な施術法の提案などもおこなっているため、より確実に二重を作りたい場合は医師への相談がベターになるでしょう。

美容クリニックで二重ラインを作る方法

医師に相談し、美容クリニックで二重を作る場合、どのような施術が行われるのでしょうか。

ここでは、二重を形成する方法である埋没法・切開法についてそれぞれ解説します。

①埋没法

埋没法とは、まぶたの裏側に糸を縫い付けることで二重のラインを作る施術を指します。

切開しないので、ダウンタイムが短いのが特徴です。また腫れや内出血が少なく、元に戻しやすいのも埋没法のメリットです。

一方、持続期間が短く、二重のラインが不自然になることがある点には注意しなければなりません。

②切開法

切開法は、まぶたの皮膚を切開し、二重のラインを作る施術のことです。

埋没法よりも腫れや内出血が大きくなりますが、より自然な二重を作ることができます。

持続期間が長く、二重のラインが安定しやすい反面、ダウンタイムの長さや腫れ・内出血が多い点が懸念されるでしょう。

二重の悩みはTHE FIRST CLINICへ

THE FIRST CLINICでは、二重の癖がつかないという悩みに寄り添った提案をしています。

まぶたの状態をしっかりチェックしつつ、最適な方法を提案させていただきますので、二重に関する悩みがある方はぜひ一度THE FIRST CLINICまでご相談にいらしてください。

【まとめ】二重は癖がつかない場合は二重整形を検討しよう

今回は、二重の癖がつかない理由について、癖がつきやすい人の特徴とあわせて解説しました。

二重はセルフケアである程度作り出せるものの、体質やまぶたの状態によっては癖がつきにくい傾向にあります。

また、もしセルフケアで二重を作るのに限界を感じた場合は、クリニックへ相談に行くのがおすすめです。

二重を形成する手法である埋没法と切開法、どちらが適しているのか判断のうえ施術を提供してくれるでしょう。

THE FIRST CLINICをはじめとした多くのクリニックでは、二重に関するさまざまな相談が可能なので、まずは一度問い合わせてみるのが良いかもしれません。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから