COLUMN

コラム

目の下のたるみを取るには美容医療がおすすめ!施術方法やリスクを紹介

加齢とともに気になりはじめる目の下のたるみ。

メイクで隠せないうえに、マッサージなどでのセルフケアでも改善しづらいため、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、目の下のたるみを取る方法について詳しく解説していきます。

たるみに悩んでいる方がやりがちなNG行動も紹介しているので、興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

H2:目の下のたるみはなぜできる?原因を紹介

改善方法を知る前に、理解したいのがたるみの原因です。

原因を知らず、施術を受けたり、ケアを行ったりしてもおうもう様な効果を期待できません。

主に目元にたるみが生じる原因は、下記があげられます。

  • 皮膚の弾力やハリの低下
  • 眼窩脂肪の突出

それぞれの原因について詳しく解説していきます。

皮膚の弾力やハリの低下

人間の皮膚は、コラーゲンやエラスチンなどの成分によってハリや弾力が保たれています。

しかし、これらの成分は加齢とともに減少していく傾向があります。

その結果、肌の弾力が失われ、垂れ下がることで、たるみが生じるのです。

眼窩脂肪の突出

目元には眼窩脂肪という脂肪が付いています。

これらは、眼窩脂肪や靭帯によって支えられていますが、加齢によって筋肉などが衰えることで、徐々に眼窩脂肪が突出し、たるみとなってしまいます。

脂肪によって目の下に黒っぽい影ができるため「黒クマ」とも呼ばれています。

ほかにも生まれつきの骨格の影響によって、若くても眼窩脂肪が突出している人もいます。

眼窩脂肪はトレーニングやマッサージで改善するのは難しいため、美容医療で改善するのがおすすめです。

目の下のたるみを改善したい方がやりがちなNG行動

目の下のたるみを改善するために、様々なセルフケアを行っている方も多いのではないでしょうか。

特に多いケア方法として、マッサージがあげられます。

たるみを揉みほぐしたり、流したりすることで改善を期待できるように思えます。

しかし、マッサージをすることで改善されることはほとんどありません。むしろたるみが悪化する恐れがあります。

目の下の皮膚は、厚さ約0.6ミリといわれており、摩擦刺激を与えるとダメージを受けてしまいます。

摩擦によってメラニン色素が生成され、茶クマが生じる原因にもなりかねないため、目元に刺激を与えるのは控えましょう。

目の下のたるみを取るには眼窩脂肪除去がおすすめ!

目元のくまを根本的に改善したい方は、美容クリニックでたるみ取りを受けるのがおすすめです。

眼窩脂肪を除去する施術は、皮膚表面に傷跡が残らないため、美容医療初心者の方でも受けやすい傾向があります。

  • 施術方法
  • 副作用やリスク

ここからは、たるみ取りについて上記の2項目に分けて詳しく解説していきます。

施術方法

目元のたるみ取りとは、下まぶたの裏側を数ミリ切開し、眼窩脂肪を取り除く施術です。

表面の皮膚を切開しないため、傷跡が目立ちづらく、施術を周囲に知られたくない方でも受けやすいのが特徴です。

施術を行う際は、点眼麻酔と局所麻酔を併用するため、痛みを感じることはありません。

さらに施術時間は30分のため、比較的身体への負担が少ないのもメリットです。

副作用やリスク

術後は、腫れが数日〜1週間程度、内出血は長くても2週間程度で治まります。

肌表面に傷跡ができないため、ダウンタイムが短い傾向があります。

内出血や腫れが気になる場合は、サングラスやメガネをかけてカバーするのがおすすめです。

またメイクや洗顔、入浴は患部を避ければ当日から可能です。

脂肪注入やヒアルロン酸注入なども効果的

目の下のたるみを取るには、脂肪注入やヒアルロン酸注入も効果的です。

たるみとなっている凹凸部分に脂肪や製剤を注入し、フラットに整えることで、たるみを改善します。

脂肪注入は、自家組織を使用するため、アレルギーや拒否反応が起こりづらいのが特徴です。

さらに目元になじみやすく、自然な仕上がりを期待できます。

一方でヒアルロン酸注入は、注射器で製剤を注入するだけの手軽さが魅力ですが、不自然になるリスクも考えられます。

製剤が皮膚から透けて見えてしまうチンダル現象を起こす可能性があることを理解しておきましょう。

目の下のたるみを取りたい方はTHE FIRST CLINICへ

目の下のたるみを取りたい方は、THE FIRST CLINICへお越しください。

当クリニックには、目の下のたるみ取りを得意としている医師が在籍しています。

豊富な症例や実績を持っており、1人ひとりの症状に合わせたプランを提案いたします。

また当クリニックの医師は、脳外科医の経験があるため、顔の解剖学を熟知しております。

メスの入れ方などにもこだわっており、より自然な仕上がりを期待できるのが特徴です。

また当クリニックでは、公式サイトや電話、LINEからカウンセリングの予約を受け付けています。

目の下のたるみ取りに興味がある方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

【まとめ】目の下のたるみを取るには美容医療に頼ろう!

目の下のたるみの原因は、加齢による肌の弾力・ハリ不足や眼窩脂肪の突出があげられます。

これらは、セルフケアで改善するのは難しいうえに、誤った方法を取ってしまうと症状を悪化させる可能性もあります。

そのため、きれいにたるみを改善するためにも、美容医療を受けるのがおすすめです。

眼窩脂肪除去をはじめ、脂肪注入やヒアルロン酸注入など複数の選択肢があるため、自分に合った施術が見つかるはずです。

興味がある方は、まずはクリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから