COLUMN

コラム

目の下のくまがひどい原因は?セルフケアや改善方法を紹介

目のくまがひどい方におすすめなのが、美容クリニックで受けられるクマ取りです。

治療を受けることで、確実に改善を目指せます。

費用はかかりますが、根本的に改善したい方は、クマ取りを検討しましょう。

本記事では、ひどい目の下のくまを改善する方法を紹介します。

予防ケアに最適なセルフケア方法も解説しているので、興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

目の下のくまがひどい原因や種類を紹介

目の下のくまには、下記のような種類があります。

  • 茶クマ
  • 青クマ
  • 黒クマ

症状によって原因や改善方法が異なるため、まずは自分がどのクマに当てはまるかを確認することが大切です。

それぞれのくまについて詳しく解説していきます。

茶クマ

茶クマは、名前のとおり目の下が茶色・赤色のようになっているクマのことを指します。

主に摩擦や乾燥、紫外線などによってメラニン色素が生成され、蓄積されるのが原因です。

本来であれば、メラニン色素はターンオーバーとともに排出されますが、加齢や生活習慣の乱れによって蓄積されてしまいます。

青クマ

青クマは、下瞼の毛細血管が透けて見えるのが原因です。

本来であれば毛細血管は赤色ですが、血行不良や眼精疲労などによって、血液が青っぽくなってしまいます。

その結果、毛細血管が透けて、青クマとなって皮膚表面に現れます。

黒クマ

黒クマは、加齢や骨格などの影響によって、眼窩脂肪が突出するのが原因です。

特に加齢によって眼輪筋や靭帯が衰え、眼窩脂肪を支えきれずにクマとなってしまうケースが大半です。

眼窩脂肪によって凹凸が生じ、影になっているため、ほかのクマとの見分けが付きやすいでしょう。

目の下のくまを予防するセルフケア

一度できてしまった目の下のくまは、セルフケアで改善するのは難しい傾向があります。

しかし、以下の方法を取れば効果を期待できる場合があります。

  • 目元の血行を促進させる
  • 摩擦や紫外線などのダメージを避ける
  • 保湿ケアを徹底する

これ以上クマを悪化させないためにも、詳しく理解していきましょう。

目元の血行を促進させる

長時間スマホやPCなどの液晶画面を見ていると、目元の血流が悪くなり、眼精疲労を引き起こします。

眼精疲労が蓄積されると、血行不良に陥り、青クマを起こす原因になります。

そのため、眼精疲労を溜めないためにも目元の血行を促進させ、目元を労りましょう。

1日の終わりにホットタオルやアイマスクなど手軽なケアをするのがおすすめです。

摩擦や紫外線などのダメージを避ける

メイクやクレンジングを行う際は、できるだけ擦ったり、引っ張ったりしないよう注意しましょう。

特に濃いメイクをする方は、しっかりと落とすために思わず目元を擦ってしまうケースも少なくありません。

ほかにも紫外線対策を徹底することも大切です。

紫外線は1年中降り注いでいるため、日頃から日焼け止めや日傘などを使用しましょう。

保湿ケアを徹底する

目の下のクマを防ぐためには、保湿ケアも欠かせません。

目元の皮膚は薄く、乾燥の影響を受けやすいため、化粧水や乳液に加え、アイクリームを取り入れるのがおすすめです。

色素沈着を防いでくれるハイドロキノンなどが含まれたアイテムを使うのもよいでしょう。

目の下のくまを改善する方法

目の下のくまを改善するには、下記のような施術がおすすめです。

  • 眼窩脂肪除去
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注入

それぞれの施術方法について詳しく解説していきます。

眼窩脂肪除去

眼窩脂肪除去とは、突出した脂肪を取り除き、クマを改善する施術方法です。

まぶたの裏側を少し切開し、そこから脂肪を除去するため、皮膚表面に傷跡が残らないのが特徴です。

ダウンタイムは、腫れが数日〜1週間程度、内出血は長くても2週間程度で治まります。

比較的ダウンタイムが短いため、忙しい方でも受けやすい施術といえるでしょう。

脂肪注入

脂肪注入は、自身の身体から採取した脂肪を凹凸になっている部分に注入し、平らに整える施術です。

自家組織を使用しているため、アレルギー反応や合併症が起こりにくいのが特徴です。

ヒアルロン酸のように、青白く透けて見えるリスクも低く、きれいな仕上がりを期待できます。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、脂肪注入と同様に凹凸にヒアルロン酸を注入して、平らな状態を作る施術です。

注射器で製剤を注入するだけのため、施術時間やダウンタイムが短い傾向があります。

しかし、ヒアルロン酸注入は半永久的な効果は期待できません。

徐々に体内へと吸収されるため、効果を維持するには定期的に施術を受ける必要があります。

またヒアルロン酸が透けてしまい、青白く透けて見える(チンダル現象)ケースもあります。

ひどい目の下のくまを改善したい方はTHE FIRST CLINICへ

ひどい目の下のくまを改善したい方は、THE FIRST CLINICへお越しください。

当クリニックでは、眼窩脂肪除去や脂肪注入など様々なクマ取りを提供しています。

丁寧にカウンセリングを行い、1人ひとりの症状や希望に合った施術を提案します。

当クリニックに興味がある方は、ぜひ一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

詳しくは、公式サイトの予約フォームをご確認ください。

【まとめ】ひどい目の下のクマは美容医療で改善しよう

ひどい目の下のくまは、美容医療で改善するのがおすすめです。

マッサージなど誤ったケアは、くまを悪化させる可能性もあるため、注意が必要です。

信頼できる医師を見つけ、クマ取りで悩みを改善しましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから