COLUMN

コラム

埋没法のダウンタイムの1週間はどのように過ごす?症状も解説します

埋没法は、メスを使わないため比較的手軽に二重まぶたを手に入れることができる人気の美容整形手術です。

しかし、手術後のダウンタイム期間には、いくつかの注意点があります。

この記事では、埋没法後のダウンタイム期間にどのような症状が現れるのか、そして軽減するためにどのように過ごすべきかについて解説します。

また、ダウンタイムを最小限に抑えるためのアドバイスもご紹介しますので、手術を検討している方はぜひ参考にしてください。

埋没法とは

埋没法は、まぶたに小さな穴を開け、特殊な糸を使って二重のラインを作る手術方法です。

切らないため、比較的回復が早く、自然な仕上がりを期待できることから多くの方に選ばれています。

埋没法のダウンタイムの症状や期間

埋没法後のダウンタイム期間は、通常、手術後1週間程度です。

この期間には以下のような症状が現れることがあります。

一般的に起こる症状は事前に確認しておきましょう。

目の違和感やゴロゴロ感

手術直後から数日間は、目に違和感やゴロゴロ感がある場合があります。

理由は、まぶた内部に糸が留められているため、目を動かすと糸がまぶたに触れることがあるからです。

そのため、特に目をこすったり強く閉じたりすると、この違和感を感じるという人が多くいます。

この期間は目をなるべく休ませ、不要な刺激を避けることが重要です。

痛み

手術後には痛みを感じることがありますが、これは通常、数日で和らぎます。

手術のときに小さな穴をあけ糸を通すため、そのときの痛みが続いているのでしょう。

もし、痛みが強い場合には、医師が処方する痛み止めを服用することがおすすめです。

このように、痛みはダウンタイム期間の一時的なものであり、適切なケアを行うことで早期に改善されます。

内出血

手術後にまぶたに内出血が見られることがありますが、これも自然に解消されることがほとんどです。

手術中に細い血管が傷つくことがあり、内出血の原因となります。

特に術後数日は内出血が目立つことがありますが、1週間程度で徐々に薄くなっていきます。

そのため、内出血は時間と共に改善されるので、特に心配する必要はありません。

腫れ

手術後の腫れは、埋没法の最も一般的なダウンタイムの症状の一つで、手術による身体の自然な反応として発生するものです。

腫れは手術直後が最も強く現れますが、適切な冷却や休息を取ることで、数日で改善されていきます。

腫れは一時的なものであり、適切なダウンタイムの過ごし方によって最小限に抑えることができます。

埋没法後のダウンタイムを軽くするためのの過ごし方

埋没法後のダウンタイムをより快適に過ごし、早期の回復を促すためには以下のような過ごし方がおすすめです。

ダウンタイムをなるべく短くするために、チェックしておきましょう。

まぶたを冷やす

手術後のまぶたを冷やすことは、腫れや内出血を軽減するためには非常に効果的です。

冷却によって血管が収縮し、まぶたの腫れや出血を最小限に抑えることができます。

冷たいゲルパックや冷やしたタオルを、10分間程度まぶたに当てると良いとされています。

長時間冷やしてしまうと凍傷になる可能性があるので、ときどき離しましょう。

冷却はダウンタイム期間中の違和感を軽減し、快適に過ごすための重要な方法の一つです。

頭を下げない

手術後は頭を低くする動作を避けることがおすすめです。

頭を下げると顔に血液が集中し、腫れや内出血を悪化させる可能性があるからです。

そのため、読書やスマートフォンの使用時には、首に負担がかからないような姿勢をしていきましょう。

このように、頭を高く保つことは、腫れを抑えてダウンタイムを快適に過ごすためにおすすめな対策です。

湯船に入らない

手術後の数日間は湯船に浸かることを避けた方が良いでしょう。

高温による血流の増加が腫れを引き起こす可能性があるため注意が必要です。

医師からはシャワーでの入浴をおすすめされることが多く、顔に直接水がかからないように注意しましょう。

湯船に入らないことは、ダウンタイム中の腫れを最小限に抑えるための重要なポイントです。

身体をむくませない

手術後は、塩分の摂取を控えるなどして身体のむくみを防ぐことが重要です。

塩分が多い食事は体内に水分を保持しやすくするため、腫れやむくみの原因となりえます。

手術後は軽い食事や塩分を控えた食事を心がけるとよいでしょう。

このように、身体のむくみを防ぐことで、まぶたへの負担を抑えることができます。

飲酒や運動を控える

手術後はアルコールの摂取や激しい運動を控えることをおすすめします。

血流が増加すると、腫れや内出血を悪化させる可能性があるためです。

例えば、リラックス目的の散歩など、軽い運動は良いとされていますが、ジョギングやウェイトトレーニングなどは避けるべきです。

飲酒や運動を控えることは、ダウンタイム期間の回復を早め、より速く日常生活に戻るための重要なポイントになります。

埋没法を受けたことがバレるのを防ぐ方法

手術後のダウンタイム中に外出が避けられない場合、以下のような方法で手術あとを隠すことができます。

どうしても外出しなければならない事情がある場合、活用してみてください。

メガネやサングラスでカモフラージュする

メガネやサングラスは、手術後の目元を隠すのに効果的な方法です。

直接的に目元を覆うことで、腫れや内出血を目立たなくすることができます。

特にサングラスはより広範囲を覆うことができるため、外出時の目元のカモフラージュに最適です。

メガネやサングラスを活用することは、手術後の外見に対する自信を保ちながら、外出を楽しむための簡単な方法となるでしょう。

なるべく外出せずに過ごす

手術後はなるべく自宅でゆっくりと過ごすことがおすすめです。

安静にしていることで回復が早まり、外出による思いがけない衝撃や紫外線に当たるのを避けられるからです。

家でのんびりと過ごしながら適切なケアを行うことで、ダウンタイム期間を快適に過ごすことができます。

必要な外出以外、ダウンタイム中は自宅での休息を優先することが、より早い回復につながります。

埋没法のダウンタイムを短くするならTHE FIRST CLINICにご相談ください

THE FIRST CLINICでは、埋没法のダウンタイム期間をできるだけ短くするために、施術の工夫をしています。

技術だけでなく、麻酔の量や糸の縛り方、糸の強さなどこだわっているので、腫れにくく取れにくい二重まぶたが期待できます。

【まとめ】埋没法のダウンタイムの1週間は無理せず過ごしましょう

埋没法後のダウンタイムの1期間は、手術の成功を左右する重要な期間です。

適切なケアと、無理をせず体を休めることが、美しい仕上がりへの近道になります。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから