COLUMN

コラム

埋没法で左右差が出た場合やり直しはできる?タイミングや原因を解説

埋没法は二重まぶたを作る人気の美容手術の一つですが、時には左右の目の大きさや形に差が出てしまうことがあります。

その理由は、術後の腫れや回復度合いの違い、糸が緩んだなど、手術後の時期によって異なります。

この記事では、埋没法の施術後に左右差が出た原因と、そのやり直しのタイミング、さらに左右差が出やすい人の特徴について解説します。

信頼できるクリニック選びの重要性もお伝えしますので、安心して美しい二重を手に入れるための参考にしてください。

埋没法の左右差が出る原因とは

埋没法で左右差が出る原因は様々ですが、大きく分けて手術後の経過時間によって原因が異なります。

  • 手術から1ヶ月以内の場合
  • 手術から1ヶ月経過した場合
  • 手術から数ヶ月経過した場合

ここからは詳しく解説していきます。

手術から1ヶ月以内の場合

手術直後から1ヶ月以内に左右差が見られる場合、手術による腫れや術後の回復において、片方の目が遅れていることが考えられます。

手術による腫れには個人差があり、回復速度に左右差が出ることがあります。

また、術後のケアが十分でないことや、片方の目を触りすぎていることなどもあるでしょう。

この時期の左右差は一時的なものなので、時間とともに改善されることが多いです。

手術から1ヶ月経過した場合

手術から1ヶ月が経過した段階で左右差が残っている場合、糸の固定位置や緊張度に違いがあるためと考えられます。

埋没法で使用する糸の固定が左右違うか、または一方の目の回復がもう一方の目よりも良好でないためです。

この時期の左右差は、術後の経過観察で微調整が必要であると判断されるケースがあるため、専門医と相談の上、適切な時期に再手術を検討することがおすすめです。

手術から数ヶ月経過した場合

手術から数ヶ月経過しても左右差がある場合、埋没法の糸の固定位置がずれたり緩んだりしている場合があります。

加齢や習慣による皮膚の伸びなどが左右差につながった可能性も考えられるでしょう。

例えば、長期間にわたってアイプチを使用していた場合、皮膚が伸びている可能性があり、手術後の左右差の原因になることもあります。

そのため、この段階での左右差は、再手術による修正が必要となることが多いです。

埋没法で左右差がある場合にやり直しするタイミングとは

埋没法で左右差がある場合、気になるためやり直しをしたいと考える人も多いでしょう。

下記の場合どのようなタイミングで行うのか解説していきます。

  • 手術から1ヶ月以内の場合
  • 手術から1ヶ月経過した場合
  • 手術から数ヶ月経過した場合

手術から1ヶ月以内の場合

手術から1ヶ月以内に左右差が見られた場合、すぐにやり直しを決断するのは待った方が良いかもしれません。この時期の左右差は、術後の腫れや内出血によるものであり、時間が経過するにつれて自然に解消されることが多いからです。

術後数週間は腫れが最も顕著に現れる時期であり、この間には左右差が生じやすいとされています。手術後1ヶ月は慎重に経過を観察し、腫れが完全に引いた後に状態を観察することをおすすめします。

H3:手術から1ヶ月経過した場合

手術から1ヶ月が経過しても左右差が改善されない場合、この時点で専門医との相談をお勧めします。この時期になれば術後の腫れはほとんど治まっており、残る左右差は元々のまぶたの問題や糸の留め方による可能性が高いためです。

糸の固定が一方の目に対して弱かったり位置が不適切だったりすると、左右差が定着してしまうことがあります。そのため、1ヶ月経過後に左右差が残る場合は、早めに専門医に相談し、適切な対応策を講じることが重要です。

H3:手術から数ヶ月経過した場合

手術から数ヶ月経過した後でも左右差が解消されない場合、やり直し手術の検討が必要です。

手術から数ヶ月経過すれば術後の回復は一通り終了しており、この時点での左右差は糸の位置の問題や、まぶたの皮膚の状態など、より根本的な原因によるものと考えられるからです。

例えば、糸の位置がずれてしまったり結び目が解けてしまったりして、長期間経ってから左右差がより分かりやすくなるケースがあります。

そのため、数ヶ月経過しても左右差が残る場合は、専門医と相談の上、根本的な解決を目指した方がよいでしょう。

埋没法の左右差が出やすい人とは

埋没法の左右差が出やすい人の特徴には、以下のような場合があります。

  • アイテープやアイプチを使用している人
  • 目を開く筋肉に左右差がある人
  • 目をこすることが多い人

アイテープやアイプチを使用している人

アイテープやアイプチの長期間の使用は、皮膚の伸びや状態の悪化を引き起こし、埋没法後の左右差の原因となることがあります。

アイテープやアイプチが皮膚に持続的に接触していることで、皮膚の伸びや弾力性の低下を引き起こすからです。

例えば、一方の目だけにアイテープを使用していた場合、その目の皮膚がもう一方の目と比べて伸びやすくなり、手術後の左右差が生じやすくなります。

埋没法を検討している場合は、手術前にアイテープやアイプチの使用を控え、まぶたの皮膚の状態を整えることが重要です。

目を開く筋肉に左右差がある人

目を開く筋肉の力に左右差がある人は、埋没法後に左右の目の開き方に差が出やすいです。

目を開く筋肉(眼輪筋)の力が不ぞろいであると、埋没法で作成した折り目の形にも影響を及ぼすからです。

その結果、自然な表情や目の動きの中で、一方の目がもう一方の目よりも大きく開いてしまうことがあります。

そのため、手術前の診察やカウンセリングを通じて、筋肉の状態を確認し、適切な手術計画を立てることが必要です。

目をこすることが多い人

目を頻繁にこする習慣がある人は、埋没法後に左右差が出やすい傾向にあります。

理由は、目をこすることで皮膚や組織に大きな負担がかかり、手術によって作られた折り目に影響を及ぼす可能性があるからです。

例えば、一方の目を無意識によくこする癖がある場合、その目の周りの皮膚が伸びやすくなり、左右差が生じることがあります。

そのため、埋没法を受ける前後は、目をこする行為を避け、まぶたの皮膚の状態を整えておくことが重要です。

THE FIRST CLINICは他院での埋没法の左右差のやり直しも行います

THE FIRST CLINICでは、他院で受けた埋没法の結果に満足できない方のためのやり直し手術も積極的に行っています。

経験豊富な専門医が一人ひとりの状態を丁寧に診察し、最適な治療を行います。

埋没法の左右差が気になる人は、カウンセリングは無料で行っていますので、お気軽にご連絡ください。

【まとめ】埋没法で左右差のやり直しをしないために信頼できるクリニックを選びましょう

埋没法で理想の二重まぶたを手に入れるためには、信頼できるクリニックと専門医を選ぶことが非常に重要です。

左右差のない美しい結果を得るためには、手術前の正確な診察と、手術後の適切なアフターケアが必須です。

万が一左右差が出てしまった場合には、信頼できる医師に相談しましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから