COLUMN

コラム

よく寝ていても目のくまが取れない!原因と対処法を詳しく解説

十分に睡眠を取っているにも関わらず、目の下のくまが取れないと悩んでいる人もいるでしょう。

くまは睡眠不足によって生じると思われがちですが、実際にはその他の原因で発生することも多いです。

本記事では、くまの種類別に原因を解説したうえで、美容医療やセルフケアで改善を促す方法を紹介します。

なぜくまが取れないのか理解し、適切な対策を取りたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

【種類別】よく寝ても目のくまが取れない原因

くまには、主に黒くま・茶くま・青くまの3種類があり、取れない原因はそれぞれ異なります。

  • 黒くま:目の下にくぼみがあるから
  • 茶くま:色素沈着を起こしているから
  • 青くま:もともと目の下皮膚が薄い・色白だから

原因だけでなく、くまの判別方法についても解説するため、自分の目元に発生しているくまの種類を見極める際にもお役立てください。

黒くま:目の下に脂肪があるから

黒くまは、目の下にある眼窩脂肪という脂肪が飛び出ていることにより影が発生し、出現するくまです。

別名「影くま」とも呼ばれています。

眼窩脂肪が現れる原因としては、加齢とともに目元の筋肉がたるんでいることや、エラスチンやコラーゲンが減少していることなどが挙げられます。

睡眠不足が原因で生じるくまでははないため、十分に寝ていても改善されません。

鏡の前で上を向いたときに、くまが消える場合は黒くまだと考えられます。

ただし、茶くまや青くまが併発している場合も多いため、黒くまであっても消えない場合もあります。

茶くま:色素沈着を起こしているから

色素沈着によって目の下が茶色くくすんでしまうことによって生じるくまのことを、茶くまと言います。

紫外線によってダメージを受けてメラニン色素が多く生成されてしまったり、肌の乾燥によってターンオーバーが乱れたりすることが茶くまの主な原因です。

そのほかにも、アイメイクやクレンジングの際に強い摩擦が生じることで、色素沈着に至る場合もあります。

また、使用しているメイク用品やクレンジング剤の成分によって炎症が発生し、色素沈着が生じることもあります。

目の下の皮膚を引っ張った際にクマの位置が移動する場合、茶くまである可能性が高いです。

青くま:もともと目の下皮膚が薄い・色白だから

青くまは、血流不足によって生じるくまです。

睡眠不足を解消することで改善される場合もありますが、もともと目の下の皮膚が薄い人や色白な人は、血管が青く透けてしまうため十分に寝ていても治らないケースがあります。

また、睡眠不足の他にも、パソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けるなど、目を酷使し過ぎていることも青くまの出現につながります。

その他にも、過度なストレスによって青くまができてしまうことも。

目の下の皮膚を横に引っ張ってもくまが移動しない場合は、青くまであると考えられるでしょう。

取れない目のくまには美容医療でアプローチするのがおすすめ

なかなか取れない目のくまには、美容医療でアプローチして改善を促すのが賢明です。

セルフケアでは改善が難しい場合であっても、綺麗に取り除ける場合があります。

美容クリニックによって取り扱っている治療法は異なりますが、以下の2つが代表的です。

  • 治療法①眼窩脂肪除去
  • 治療法②目の下の脂肪注入

上記の治療法は、黒くまの改善に効果が期待できるものです。

茶くまや青くまに対しても、ピーリングやレーザー治療を受けることで改善効果が見込めます。

治療法①眼窩脂肪除去

飛び出している眼窩脂肪を取り除く治療法です。

粘膜部分にメスを入れるため、比較的傷跡が残りにくく本格的な整形を受けたことのない人でもチャレンジしやすいです。

また、物理的に脂肪をなくせるため頑固なくまに対しても高い効果が期待できます。

美容クリニックや医師にもよりますが、施術時間は30分ほどと短時間で終わるケースが多いです。

治療を受けたあとには、腫れ・痛み・内出血などのダウンタイムが生じます。

治療法②目の下の脂肪注入

目の下の脂肪注入は、基本的に眼窩脂肪除去と併用する治療法です。

脂肪を取り除くことでできたくぼみに脂肪を注入することで、凸凹のない仕上がりを実現します。

眼窩脂肪除去だけではくぼみができてしまい、くまが改善されない場合に受けることが多いです。

ダウンタイム症状は眼窩脂肪除去と同様ですが、期間がやや長くなります。

目のくまをセルフケアで改善する方法

予算に余裕がないなどの理由で、美容医療ではなく自力でくまをケアしたいと考えている人もいるでしょう。

美容医療の方がスピーディーなうえに確実性が高いですが、セルフケアで改善できるケースもあります。

この項では、くまの種類別にセルフケアの方法を紹介します。

  • 黒くまへのセルフケア方法
  • 茶くまへのセルフケア方法
  • 青くまへのセルフケア方法

ぜひ生活に取り入れてみてください。

黒くまへのセルフケア方法

基本的に、脂肪が原因である黒くまを自力で治すことは困難です。

エラスチンやコラーゲンが含まれている化粧品を使用して補給したり、マッサージをするセルフケア方法がありますが、改善に至るケースは少ないです。

そのため、黒くまを改善するには美容医療を受けるのが一番確実性が高いと言えるでしょう。

茶くまへのセルフケア方法

茶くまを治すには、洗顔やメイクの時になるべく摩擦を加えないようにする方法が効果的です。

洗顔時にはたっぷりと泡立てて優しく洗いましょう。また、メイクを落とす際にもゴシゴシと擦らないよう注意する必要があります。

そのほかにも、紫外線対策を徹底するのも有効です。

日焼け止めクリーム・日傘・サングラスなどのアイテムを活用しましょう。

青くまへのセルフケア方法

青くまは、生活リズムを整えたり目を適度に休めたりすることで改善できる場合があります。

睡眠不足に陥っている場合は、なるべく毎日十分に寝るようにしましょう。

また、パソコンやスマートフォンを使い過ぎないようにし、目元を休めるアイテムなどを適度に使うことをおすすめします。

THE FIRST CLINICでは丁寧な施術で頑固なくまも改善します

THE FIRST CLINICでは、眼窩脂肪除去や脂肪注入によって、自力ではなかなか取れないくまを改善に導きます。

経験豊富な医師が施術を担当するため、仕上がりに満足される方が多いです。

くまを治療する際には、どの種類のくまが発生しているか正しく見極める必要があるため、医師の経験やスキルが大切です。

十分な効果を得たいと考えている方は、ぜひTHE FIRST CLINICへご来院ください。

【まとめ】くまが取れないときは正しい方法で対処しよう

くまが取れない場合は、適切なセルフケアができていない場合が想定されます。

また、黒くまが発生している場合は、そもそも自力で治すのは難しいです。

美容クリニックで治療を受ければ、スピーディーかつ確実性の高い改善が期待できるため、ぜひ本記事の内容を参考にして検討してみてください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから