COLUMN

コラム

クマの取り方とは?美容医療・セルフケアで改善する方法を解説

目の下のクマを取るには、どのような方法をとればよいのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、目の下のクマを取るなら、セルフケアよりも美容医療による施術がおすすめです。

本記事では、美容医療とセルフケアによるクマの取り方について解説します。

その他にも、クマができる原因や種類についても紹介するので、クマが発生して悩んでいる方は、ぜひ記事を参考にしてください。

クマができる原因とは?

クマが発生する原因は、目元の血行不良や色素沈着、たるみなどが挙げられます。

原因によって、発生するクマの種類は異なり、青クマや黒クマ、茶クマの3つに分類されます。

それぞれのクマの種類が発生する原因は、以下のとおりです。

  • 青クマ:血行不良により、目の下が青黒くなる
  • 黒クマ:目の下に影ができることで、黒クマとなる
  • 茶クマ:メラニンの色素沈着により茶色くなる

それぞれの種類によって治療方法が異なるため、クマがある方は、まずは自身がどのクマに当てはまるのか確認しておきましょう。

よくできやすいクマの種類

よく発生しやすいクマの種類は、前述でも紹介した以下3つです。

  • 青クマ
  • 黒クマ
  • 茶クマ

それぞれのクマについて解説します。

青クマ

目元の血行不良により発生する青クマは、皮膚が青黒く見えるのが特徴です。

原因である血行不良は、目を酷使した作業や寝不足、運動不足により起こりやすくなります。

目の下に青クマが発生すると、疲れている印象や具合が悪そうに見えてしまうため、年齢がより上にみられてしまう可能性もあります。

黒クマ

黒クマは、加齢による筋肉の衰えや眼窩脂肪による膨らみにより発生します。

目元にたるみやふくらみができると、皮膚が前に突出し影ができてしまうため、目の下が黒くなるのが原因です。

黒クマができると、目元が暗くみえてしまうため、疲れている印象や不健康な印象を与えてしまいます。

茶クマ

茶クマは、メラニン色素の沈着が主な原因であり、目の下が茶色に見える状態を示します。

肌の摩擦や紫外線によるダメージを受け続けると、メラニン色素が蓄積していき、色素沈着を起こすのが茶クマの原因です。

茶クマが発生すると、顔色が暗くなる印象を与えてしまい、メイクの方法によっては目立ってしまう場合もあります。

美容医療によるおすすめのクマの取り方

美容医療によるおすすめのクマの取り方は、以下の3つです。

  • 下眼瞼切開法
  • 経結膜脱脂法
  • ヒアルロン酸注入

それぞれの美容医療による施術について解説します。

下眼瞼切開法

下眼瞼切開法では、下まつげの近くを切開して引き上げることで、黒クマの原因であるたるみを改善させる施術です。

目の下の余分な皮膚を切除し、加齢によりたるんだ筋肉に張りが戻るため、黒クマが改善します。

また、ヒアルロン酸注入や脂肪注入と組み合わせると、クマ治療の効果を上げることも可能です。

しかし、切開が伴う治療であり、内出血や腫れなどのダウンタイムが出やすいため、デメリットを考慮して検討しましょう。

経結膜脱脂法

経結膜脱脂法は、下まぶたの裏側を切開して施術を行うため、施術後も傷が目立たないのが特徴です。

目の下の眼窩脂肪を取り除くことで、余分なたるみや膨らみを軽減できるため、黒クマの改善効果が期待できます。

まぶたの裏側は、他の箇所と比べても回復力が高いため、縫合の必要はありません。

切開が必要な施術ですが、ダウンタイムも少なく傷がほとんど目立たないため、施術後に休みがとれにくい方でも、問題なく施術を受けられます。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、目の下のくぼみにより影ができて発生した黒クマに有効な施術です。

くぼんだ箇所にヒアルロン酸を注入すると、凹みやくぼみが軽減するため、目の下にできた影を目立たなくさせます。

皮膚を切開しないため、施術時間も短時間であり、ダウンタイムがほとんどみられないのがメリットです。

ヒアルロン酸注入は、クマ治療の中では手軽に受けられる施術のため、切開が心配な方でも安心して施術を受けられるでしょう。

セルフケアでクマを取る方法

セルフケアでクマを取る方法には、以下3つが挙げられます。

  • 目元の血流を良くする
  • 眼輪筋を鍛える
  • 紫外線対策を徹底する

それぞれのセルフケア方法について解説します。

目元の血流を良くする

血行不良により発生する青クマは、目元の血流を良くすると改善する可能性があります。

目元の血行を良くするには、マッサージが有効です。目尻から目頭に向けて、血流が流れるようにマッサージを行いましょう。

事前に入浴やホットアイマスクで目元を温めておくと血行が促進されるため、より効果的にマッサージを行えます。

眼輪筋を鍛える

目の周りの筋肉が衰えると、目の下のたるみが目立つようになるため、眼輪筋を鍛えましょう。

目を細める動作を繰り返すと、目の周りにある筋肉が収縮するため、眼輪筋を鍛えることが可能です。

しかし、眼輪筋の鍛えすぎは、目元周りに負担をかける結果となり、シミやくすみが悪化するなどのリスクもあるため注意しましょう。

紫外線対策を徹底する

クマを予防するなら、紫外線対策は徹底するようにしましょう。

紫外線は、肌の老化やメラニン色素を沈着させる作用があるため、茶クマや黒クマを発生させる原因になります。

目の下のクマを予防するには、以下で挙げられる紫外線対策を行いましょう。

  • 帽子をかぶる
  • UVカット効果のあるサングラスやメガネをかける
  • 目元にも日焼け止めを塗る
  • 日傘をさす

紫外線は、夏の日差しが強い時期以外にも降り注いでいるため、紫外線対策は欠かさずに行いましょう。

クマ取りの治療ならTHE FIRST CLINICまでご相談ください

クマ取りの治療を受けるなら、ぜひTHE FIRST CLINICにご相談ください。

THE FIRST CLINICでは、丁寧なカウンセリングを行うことで、一人ひとりに合ったクマ取り治療を提案します。

また、顔の解剖に関して豊富な経験があるため、メスの入れ方にもこだわり、自然な仕上がりを提供します。

クマ取りに関して不安や疑問がある方は、ぜひお気軽にご来院ください。

【まとめ】効果的にクマを取るなら美容医療がおすすめ!

クマ取りを行う場合は、セルフケアよりも美容医療による治療がおすすめです。

クマの種類には、青クマ・茶クマ・黒クマがあり、それぞれ特徴や治療方法も異なります。

加齢が原因である黒クマは、セルフケアでの改善が難しいため、美容医療による施術がおすすめです。

クマ取りに関してお悩みの方は、ぜひ記事を参考にしていただき、疑問や不安を解消してから施術に臨みましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから