COLUMN

コラム

目の下のクマにできる対策とは?美容医療とセルフケアでの方法も紹介

目の下のクマが気になるが、どのように対策すればよいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。セルフケアでもクマは予防できますが、より高い効果を得たい場合は美容医療がおすすめです。

本記事では目の下のクマに行う対策に関して、美容医療とセルフケアに分けて解説します。また、目の下にできるクマの種類や原因についても紹介するので、ぜひ記事を参考にしてください。

H2:目の下にできるクマの原因と種類とは?
目の下にできるクマには、主に以下の3種類が挙げられます。

【茶クマ】メラニン色素による色素沈着
【青クマ】目元の血行不良
【黒クマ】たるみやくぼみ

それぞれの種類と原因について解説します。

H3:【茶クマ】メラニン色素による色素沈着
茶クマは、目の下にできるクマの色が茶色なのが特徴であり、メラニン色素による色素沈着が原因です。紫外線や摩擦などの刺激によりメラニン色素が生成され、蓄積されていくことで茶クマになります。

茶クマと判断するには、目の下の色素沈着部位を指で動かしてください。茶色の部分が皮膚と一緒に動けば、茶クマと判断できます。メラニン色素が色素沈着を起こし茶クマになると、簡単には消えず、日ごろからの予防やケアが重要です。

H3:【青クマ】目元の血行不良
目元の血行不良によって起こる青クマは、目の下が青黒く見えるのが特徴です。目の下の皮膚は、他の箇所と比べると薄くできているので、血行不良を起こすことで青黒くなります。

青クマは血行不良により起きているため、目の下を引っ張ったり、動かしたりすると色が消えるのも特徴です。比較的改善しやすいクマの種類なので、適切にセルフケアを行うことで、青クマの発生は抑えられます。

H3:【黒クマ】たるみやくぼみ
黒クマは、加齢によるたるみやくぼみができることで、影ができてしまうのが原因です。目の下に影ができると、その箇所が黒く見えてしまうため、黒クマが発生します。

また、皮膚のたるみやくぼみだけでなく、眼窩脂肪の増加も原因のひとつです。眼窩脂肪の増加により目元が膨らんでしまうと、そのぶん影ができる範囲も広くなってしまうので、より黒クマが濃くなります。主な原因が加齢である黒クマは、セルフケアだけでは予防が難しく、美容医療を取り入れるのがおすすめです。

H2:美容医療によるクマの対策方法
美容医療によるクマの対策方法では、以下の3つが挙げられます。

下眼瞼脱脂術
眼科脂肪溶解注射
ヒアルロン酸注入

それぞれの美容医療による対策方法について解説します。

H3:下眼瞼脱脂術
下眼瞼脱脂術は、目の下のふくらみやたるみを改善させる施術で、黒クマの改善効果が期待できます。施術によって眼窩脂肪を取り除けるので、目の下のたるみやふくらみが改善し、影がなくなります。

実際の施術では、下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を取り除くため、外側に傷が残りません。加齢により目の下の膨らみやたるみが気になる方におすすめな治療です。

H3:眼窩脂肪溶解注射
眼窩脂肪溶解注射は、下まぶたに薬剤を注入することで、眼窩脂肪を溶かす効果が期待できます。眼窩脂肪が溶けると、目の下のふくらみやたるみが解消されるので、クマを改善させる目的で治療を受ける方が多いです。

メスを使用せずに治療が可能なため、施術時間が短くダウンタイムも短いため、手軽に受けられるクマ治療として人気があります。体質や眼科脂肪の多さにより、効果には個人差があるため、場合によっては複数回の治療が必要です。

H3:ヒアルロン酸注入
クマ治療におけるヒアルロン酸注入は、目の下のくぼみにより発生したクマに有効な美容医療です。ヒアルロン酸の注入により、くぼんだ皮膚が持ち上げられるため、凹みを改善させる効果が期待できます。

施術では、柔らかいヒアルロン酸と硬いヒアルロン酸を使い分けることで、軽度~中度の黒クマに効果が期待できます。また、下眼瞼脱脂術とヒアルロン酸注入を組み合わせることで、効果的に強度の黒クマも治療が可能な場合があります。

H2:セルフケアでクマを対策する方法
クマの種類にもよりますが、以下の方法を習慣的に行うことで、ある程度クマを予防できます。

目元の血行を促進させる
紫外線対策をする
保湿ケア

それぞれのセルフケア方法について解説するため、ぜひ取り入れてください。

H3:目元の血行を促進させる
目元の血行を促進させることで、血行不良による青クマの予防が可能です。セルフケアで行える目元の血行促進方法では、以下が挙げられます。

ホットアイマスクを使用し、目元を温める
夜更かしや運動不足などの生活習慣を整える
目元を優しくマッサージする

目元をマッサージする際は、摩擦により皮膚にダメージを与えてしまうと、クマが悪化する可能性もあるので注意しましょう。

H3:紫外線対策をする
クマを予防するためには、外出の際に紫外線対策をきちんと行いましょう。茶クマは、紫外線のダメージにより、メラニン色素が色素沈着を起こして発生します。

一度、色素沈着を起こしてしまうと、セルフケアでは改善させることが困難です。そのため、サングラスの着用や日焼け止めを塗布するなどの紫外線対策が重要となります。

H3:保湿ケア
目元の保湿ケアは、水分バランスの崩れや血行不良を防げるため、クマを対策する方法として有効な手段のひとつです。特に青クマや茶クマなどは、血行不良や色素沈着が原因で発生するため習慣的な保湿により、ある程度予防できます。

また、保湿ケアにより目元の皮膚を健康な状態に保てるので、加齢による黒クマも予防が可能です。

H2:目の下のクマを対策するならTHE FIRST CLINICまでご相談ください
目の下のクマを対策するならTHE FIRST CLINICがおすすめです。施術を担当する医師は、元脳神経外科に従事していたため、顔まわりの解剖に豊富な知識があります。そのため、クマ取りにおいても、知識や経験を活かし、安心安全で効果的な治療を提供します。

また、クマ取りの施術の際もなるべく痛みが軽減できるように配慮するため、痛みが心配で治療に迷われている方でも安心です。クマ取り治療で疑問や不安点があれば、お気軽にご相談ください。

H2:【まとめ】目の下のクマを対策するなら美容医療がおすすめです
目の下のクマを対策するなら、セルフケアだけでなく、美容医療による治療も取り入れましょう。特に加齢が原因の黒クマは、セルフケアでは改善が困難なため、美容医療による治療が必要です。

THE FIRST CLINICでは、クマ取りが初めての方でも安心して施術を受けられるメニューを取りえているため、ぜひ一度ご来院ください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから