COLUMN

コラム

目の下のくまは4種類ある!それぞれの原因や改善方法を詳しく解説

目の下にできるくまは、ただの疲れのサインだけではありません。

くまには4種類が存在し、それぞれ原因や対策が異なります。

この記事では、目の下のくまの種類を理解し、その原因と効果的な改善方法について詳しく解説します。

自分のくまがどのタイプに当てはまるのかを知り、適切な対策を行うことで、クリアな目元を取り戻しましょう。

目の下のくまの種類は4つ

目の下のくまには、「青くま」「茶くま」「赤くま」「黒くま」という4つの異なるタイプがあります。

それぞれ異なる原因によって発生し、見た目にも特徴があります。

くまの原因によってはセルフケアで改善が期待できる場合もありますが、確実に治るとは限らず時間がかかることがネックです。

まずは、くまの原因を知り、どのように改善していったらよいのか考えてみましょう。

「青くま」血行不良が原因

青くまは、目の下の皮膚が薄いため、その下を流れる血管が透けるので青っぽく見えます。

生まれつき目の下の皮膚が薄い場合や、色白の方は青くまが目立ちやすいでしょう。

血行不良が起こると、血液が滞りやすくなり、さらに青さが際立ちます。

ストレスや睡眠不足、長時間のパソコン作業などが血行不良を引き起こしやすいです。

「茶くま」色素沈着が原因

茶くまは、目の下の皮膚にメラニン色素が過剰に蓄積することで発生します。

紫外線への露出が多いと色素沈着が促進されますし、目をこすったりする摩擦も影響します。

特に紫外線に注意が必要で、メラニン生成を促すUV-Aは一年中降り注いでいるため、年中の紫外線対策が必要となるのです。

できてしまったメラニン色素は、日々のスキンケアによってターンオーバーを正常に保つことが必要になります。

「赤くま」眼窩脂肪の突出が原因

赤くまは、目の周りの脂肪が前に突出することで目の下に影ができ、赤っぽく見える現象です。

加齢とともに皮膚の弾力が失われ、脂肪が前に出やすくなるため、特に年齢を重ねると出現しやすくなります。

毛細血管が拡張していることで、目の下に赤みが出ることもあります。

目の下の皮膚が薄い人や色白の場合が目立ちやすいでしょう。

「黒くま」加齢によるたるみが原因

黒くまは、目の下の皮膚がたるんでくぼみ、そこに影ができることで暗く見えるくまです。

加齢による目元の筋力の低下で、目の下の眼窩脂肪が前に出てくることでふくらみができます。

また、紫外線に当たったことによるダメージで、皮膚の弾力性が低下してたるむことで、皮膚の凹凸が黒クマとなって見えてしまう場合もあります。

目の下のクマは自力で改善できる?

目の下のくまは、生活習慣の見直しや適切なスキンケアによって改善することが可能です。

特に、青くまと茶くまに関しては自宅でのケアでも大きな改善が期待できます。

しかし、赤くまや黒くまのように物理的な変化が原因の場合は、自宅でのケアだけでは限界があることも理解しておく必要があります。

青くまを改善する方法

青くまには、セルフケアでもある程度アプローチできます。

まずは生活習慣の見直しから始めましょう。

十分な睡眠・適切な水分摂取・目の周りのマッサージ・適度な冷却を組み合わせることが、青くまの改善につながります。

十分な睡眠を取ることで体全体の血液循環が改善され、目の下の血行不良も緩和されます。

目の周りを優しくマッサージすることで、局所的に血流を良くし、青くまの改善に役立てることができます。

十分な水分を摂取することで体内の循環がスムーズになり、目の下の皮膚への酸素供給が促進されます。

冷たいスプーンやティーバッグを使う冷却法は、血管を収縮させる効果があり、短時間で目の下の青さを軽減できる即効性のある方法です。

これらの方法を組み合わせて行うことで、青くまの目立たない健康的な目元を取り戻すことが期待できます。

重要なのは、これらのケアを日々の習慣として取り入れ、継続することです。

茶くまを改善する方法

茶くまを軽減するためには、適切なスキンケアと日常生活の注意点が重要です。

対策を行うことで、目の下の色素沈着を減らし、より明るい目元を取り戻すことが期待できます。

日焼け止めを毎日塗ることで、紫外線によるメラニン生成の促進を防ぎます。

美白成分が含まれたスキンケア製品を使用することで、既にできてしまった色素沈着の軽減と、新たな色素沈着の予防ができます。

目の周りをこする習慣をやめることで、皮膚への刺激を減らし、メラニン生成を抑えることができます。

赤くまを改善する方法

赤くまは目の下の脂肪の突出や膨らみによって引き起こされるため、改善には美容クリニックで治療を受ける方法がおすすめです。

目の下の眼窩脂肪を取り除く手術では、直接的に目の下の膨らみを減らすことができるため、赤くまの改善に効果が期待できます。

目の下の脂肪の突出を根本から解消し、より若々しく健康的な目元を取り戻すことが可能になります。

黒くまを改善する方法

黒くまは皮膚のたるみや眼窩脂肪の突出が原因で起こっているため、美容クリニックによる施術が効果的です。

赤くまと同じように、まぶたの裏側から眼窩脂肪を取り除きます。

しかし、黒くまの場合はたるみが原因となっている場合もあるため、表面から余分な皮膚を取り除く手術をするとより効果が期待できます。

どのような治療が適切なのか医師に確認してもらうとよいでしょう。

目の下のくまを改善したいなら手術を受けるのがおすすめ

目の下のくまを改善するために手術を受けることは、特に赤くまや黒くまのように物理的な変更が必要な場合に有効な手段です。

これらのくまは、表面的なケアや生活習慣の改善だけでは根本的な解決にはなりにくいでしょう。

美容クリニックで行われる手術では、赤くまの治療として、突出した眼窩脂肪を適切に取り除くことによって、目の下の膨らみを減少させることが可能です。

これにより、目の下の影が減り、くまが目立たなくなります。

黒くまの治療では、余分な皮膚を除去して皮膚を滑らかにし、目の下の影を軽減します。

これによって、目元が若々しく明るい印象になります。

目の下のくまで悩んでいるならTHE FIRST CLINICにご相談ください

目の下のくまが気になるなら、専門的な治療やアドバイスができる当院にご相談ください。

経験豊富な医師が、一人ひとりの状態に合わせた最適な治療法を提案します。

通ってきていただいた患者様にも評判がよく、Googleの口コミでも★を多くいただいています。

カウンセリングは無料で行っているため、お気軽にお問い合わせください。

【まとめ】目の下の4種類のくまは改善が期待できます

目の下のくまには、それぞれの原因と改善方法があります。

自分のくまのタイプを正しく理解し、適切な対策をすることで、よりきれいで健康的な目元を取り戻すことが期待できます。

自分での改善が難しい場合は、美容クリニックで施術を受けるとよいでしょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから