COLUMN

コラム

糸リフトで左右差があるのは失敗?原因や対処方法について徹底解説!

たるみや小じわを改善させる治療として人気の糸リフトですが、「効果に左右差がでるのでは?」と心配に感じている方もいるのではないでしょうか。

しかし、糸リフトに関するポイントを理解しておけば、左右差に関する疑問や悩みは解決できます。

本記事では、糸リフトにより左右差がでてしまう原因や対処法について解説します。

併せて左右差を出さないためのポイントもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

糸リフトの左右差に関する疑問を解決し、安心して施術に臨みましょう。

糸リフトで左右差がでる原因や対処方法

糸リフトの左右差について理解するには、以下2つを参考にしてください。

  • 糸リフトで左右差がでる原因
  • 左右差が出たときの対処方法

それぞれの原因や対処方法について解説します。

糸リフトで左右差がでる原因

糸リフトで左右差がでる原因としては、以下が考えられます。

  • 糸の刺激や麻酔の腫れによって左右差がでる
  • 技術力の不足により、引き上げる強さが異なり左右差がでる
  • 糸の挿入箇所が不適切だった

糸リフトによる左右差は、ほとんどが糸の刺激や麻酔の影響による腫れによって起こります。

糸が馴染み腫れが落ち着いてくると、左右の差もなくなってくるので、過度な心配はいりません。

しかし、不適切な施術による左右差は、糸がなくなるまで目立つこともあるので、クリニックに相談した方がよいでしょう。

左右差がでたときの対処方法

糸リフトによる左右差が施術の直後にみられた場合には、まずは腫れや糸が馴染んでくるまで様子をみましょう。

左右差がでるケースの多くは、仕上がりが自然に馴染んでくることで解決されます。

具体的な期間としては、1か月間程度様子をみるようにしましょう。

もし、1か月経っても左右差がなくならなければ、施術を受けたクリニックに相談するのも1つの方法です。

糸リフトで左右差がでないために大切なポイント

糸リフトで左右差のない仕上がりにするためには、以下の3つのポイントが重要です。

  • 信頼できるクリニックを選択する
  • 施術後に顔を激しく動かさない
  • カウンセリングをきちんと受ける

それぞれのポイントについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

信頼できるクリニックを選択する

糸リフトで左右差が出ないためには、信頼できるクリニックを選択しましょう。

信頼できるクリニックを選択すると、理想的な仕上がりが期待できるので、左右差がでてしまう失敗する確率も抑えられます。

クリニックを選ぶ際は、実績数や評判をみておくのが重要なポイントです。

実際にクリニックへ通われている方の口コミを参考にすると、イメージを掴みやすいので、ぜひ活用しましょう。

施術後に顔を激しく動かさない

施術後に顔を激しく動かしてしまうと、挿入した糸がズレてしまい、効果に左右差がでる可能性があります。

特に糸リフトの直後は、糸が皮膚に馴染んでいないのでズレやすく、注意が必要です。

顔を激しく動かす以外にも糸がズレる原因として、顔のマッサージや洗顔が挙げられます。

糸リフト直後の洗顔は、強くこするような洗い方はせずに、泡で優しく洗うように意識しましょう。

顔のマッサージは、糸が馴染むまでの1か月間は行わないようにしてください。

カウンセリングをきちんと受ける

糸リフトのカウンセリングをきちんと受けることで、左右差が出にくくなります。

カウンセリングは、糸リフトによるリスクを抑えるためにも重要なプロセスです。

糸リフトのカウンセリングでは、医師がリスクを回避するためのポイントを分かりやすく説明してくれます。

説明に納得がいかなかったり、不十分だと感じたりしたら、別の美容クリニックにも足を運ぶとよいでしょう。

糸リフトは、もともとある左右差の改善効果も期待できます

糸リフトは、もともとある左右差を改善させる効果も期待できるので、片寄ったたるみがお悩みの方におすすめです。

片側のたるみが気になる方は、その箇所だけ糸を挿入して引き上げれば、リフトアップ効果により左右差を目立たなくさせられます。

しかし、もともとある左右差を糸リフトで改善するには、医師の技術力が重要です。

そのため、クリニックを選ぶ際は実績や評判を事前に確認し、慎重に検討しましょう。

その他に考えられる糸リフトのリスク

糸リフトによる左右差以外で考えられるリスクは、以下のとおりです。

  • 肌に凹凸ができる
  • 過度なひきつり感がでる
  • 糸が透けて見えてしまう

それぞれのリスクについて解説します。

肌に凹凸ができる

糸リフトによる肌の凹凸は、施術後に起きてしまうリスクの1つです。

肌の凹凸は、糸の引き上げが強すぎたり、挿入する箇所が深すぎたりするのが原因で起こります。

糸リフトによる肌の凹凸は、ほとんどが一時的なものなので、時間が経過すると徐々に目立たなくなってきます。

もし、凹凸が1か月経っても治らない場合は施術が不適切であった可能性もあるので、一度クリニックへ相談してみましょう。

過度な引きつり感がでる

糸リフトで考えられるリスクには、過度な引きつり感も挙げられます。

過度な引きつり感は、強く引き上げすぎたり、糸の挿入箇所が不適切であったりする場合に起こります。

引きつり感が強いと、表情の変えづらさや口の動かしづらさがでるので、注意が必要です。

日常生活に影響が出るほどの引きつり感は、再施術が必要な場合もあるので、施術したクリニックに相談しましょう。

糸が透けて見えてしまう

糸リフトの施術後に、挿入した箇所から糸が透けて見えてしまうリスクも挙げられます。

糸が透けて見えてしまう主な原因は、以下の4つです。

  • 糸の挿入位置が浅かった
  • 使用する糸が太かった
  • 施術する医師の技術が不足していた
  • 施術後に糸がズレてしまった

糸が透けてしまうリスクを抑えるには、医師の技術力が重要なため、実績や経験が豊富なクリニックを選びましょう。

糸リフトによる左右差が心配な方はTHE FIRST CLINICがおすすめ

糸リフトによる左右差が心配な方は、THE FIRST CLINICがおすすめです。

THE FIRST CLINICでは、疑問や不安を解消できるようにカウンセリングを行うため、糸リフトを初めて受ける方でも安心して通えます。

糸リフトの施術を検討されている方は、ぜひTHE FIRST CLINIまでお気軽にご相談ください。

【まとめ】糸リフトは、もともとある左右差を整える効果も期待できる

糸リフトは、もともとある左右差を整える効果が期待できるため、片方のたるみだけが気になる方におすすめの施術です。

一方で、糸リフトの仕上がりで左右差が出る可能性もあるので、リスクについては正しく理解しておきましょう。

糸リフトで左右差がでないためのポイントを3つお伝えしたので、ぜひ参考にしてください。

満足する結果を得るためにも、きちんとポイントを把握し、効果的な糸リフトの施術を受けましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから