COLUMN

コラム

糸リフトは凹むリスクがある?原因や対応方法も併せて徹底解説!

糸リフトの施術を受けると、肌が凹むと聞いて、不安や心配を抱いている方も多いのではないでしょうか。

施術の失敗の1つに、凹みが挙げられますが、ポイントを押さえておけばリスクを減らせます。

本記事では、糸リフトで凹むリスクの原因や対応方法について解説します。

記事を読んでいただければ、糸リフトで凹むリスクを抑えられるので、安心して施術に臨めます。

糸リフトで肌が凹んでしまうリスクについて正しく理解し、安全に効果的な施術を受けましょう。

糸リフトで凹みがみられる原因と対応方法

糸リフトによる凹みについて理解するためにも、まずは原因と対応方法を理解しておきましょう。それぞれについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

肌が凹む原因

糸リフトの施術で肌が凹む原因として、不適切な糸の挿入を行うことが挙げられます。

糸の挿入時に、皮下組織を引き上げすぎたり、挿入位置を間違えてしまったりすると、凹んでしまうのが原因です。

糸リフトの凹みは医師の技術に左右されるので、リスクを抑えるためにも、信頼できるクリニックを選びましょう。

凹みの対処方法

糸リフト後にみられる凹みは、ほとんどの場合、馴染んでくると改善します。

体質や肌質にもよりますが、糸リフトの凹みは1ヶ月ほど経つと、皮膚に馴染み目立たなくなります。

もし、時間が経過しても凹みが改善しない場合は、失敗している可能性もあるので、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

凹む以外の糸リフトのリスク

糸リフトには凹み以外にも、以下のようなリスクがあります。

  • 顔が過度にひきつる
  • 皮膚から糸が透けてみえる
  • 頬がこけてしまう
  • 挿入した糸から感染症を起こす

それぞれのリスクについて解説します。

顔が過度にひきつる

糸リフトは、糸で皮下組織を持ち上げる施術のため、顔が過度にひきつるリスクがあります。

過度なひきつれが起きる原因としては、以下が考えられます。

  • 皮膚が薄くて、ひきつられ過ぎた
  • 糸の挿入箇所や深さが不適切であった
  • 挿入した糸が神経を刺激している

糸リフトの施術後に過度なひきつれがある場合、神経を刺激してしまっている可能性もあるので、一度クリニックに相談するとよいでしょう。

皮膚から糸が透けて見える

糸リフトの失敗例の1つに、皮膚から糸が透けて見えてしまう例が挙げられます。

糸が透けて見えてしまうケースは、挿入位置が浅かったり、糸が太すぎたりした場合にみられます。

そのため、糸が透けて見えないようにするには、医師の判断や技術力が重要であるため、クリニック選びが重要です。

頬がこけてしまう

糸リフトの施術後に、皮下組織を持ち上げすぎると、頬がこけてしまう可能性があります。

リフトアップ効果が強すぎると、一時的に頬がこけることもありますが、1ヶ月程経つと馴染んで目立たなくなります。

頬がこけてしまうのが心配な方は、使用する糸の本数を少なめにして、施術を受けるとよいでしょう。

挿入した糸から感染症を起こす

糸リフトのリスクの中でも、頻度は高くないですが、挿入した糸から感染症を起こす可能性があります。

糸の挿入時に、雑菌や細菌が侵入すると、体内で繁殖してしまい感染症を起こしてしまいます。

体内で吸収される糸を使用すると、感染症のリスクを抑えられるので、ぜひ覚えておきましょう。

糸リフトで凹みを防ぐためのポイント

糸リフトの凹みを防ぐためのポイントは、以下の3つです。

  • 糸リフトの施術直後にマッサージを行わない
  • 信用できるクリニックを選ぶ
  • 医師の指示を守る

それぞれのポイントについて解説します。

糸リフトの施術直後にマッサージを行わない

糸リフトの施術直後にマッサージをすると、肌が凹む可能性があるので、注意しましょう。

施術の直後は糸が皮膚に馴染んでいないため、強い刺激が加わると、糸が切れる可能性があります。

糸が切れると、リフトアップ効果も消失してしまうため、馴染むまでの1ヶ月間はマッサージを行わないようにしましょう。

信用できるクリニックを選ぶ

糸リフトの仕上がりは、医師の技術力に左右されるため、信用できるクリニックを選びましょう。

糸の挿入箇所や深さ、種類などの技術力が高いクリニックは、糸リフトの仕上がりも期待できるので、凹むリスクを抑えられます。

信用できるクリニックを選ぶには、実績数だけでなく、実際に通われた方の口コミも参考にするとよいでしょう。

医師の指示を守る

糸リフトの凹みによるリスクを回避するためには、医師の指示を守る必要があります。

施術直後のダウンタイム中に、間違えた行動をとると、凹みの悪化に繋がりかねません。

糸リフトの施術が終わると、医師から日常生活での注意点に関する指導があるので、必ず守るようにしてください。

糸リフトの凹みに関するよくある質問

糸リフトの凹みに関するよくある質問は、以下の2つです。

  • 糸リフトで凹んでしまったら、やり直しはできますか?
  • 糸リフトの凹みはマッサージで治りますか?

それぞれの質問について解説します。

糸リフトで凹んでしまったら、やり直しはできますか?

糸リフトは、糸のみを挿入してリフトアップ効果を期待する施術のため、修正や再施術は可能です。

しかし、糸リフトによる凹みが自然に馴染むと目立たなくなるので、再施術はせずにまずは様子を見ると良いでしょう。

糸リフトによるリフトアップ効果が強く、凹みの程度が重度な場合に限り、再施術を行う場合もあります。

凹みが出現し、どうしたらいいか分からない方は、まずは施術を受けたクリニックへ相談してみましょう。

糸リフトの凹みはマッサージで治りますか?

糸リフトの施術によって出現した凹みを、マッサージで治すことはできません。

マッサージを行うことにより、糸がズレたり切れたりしてしまう可能性があるので、特に施術直後は行わないようにしましょう。

凹みに対して対策を行わなくても、1ヶ月間も経つと自然に馴染むので、過度に心配する必要はありません。

糸リフトによる凹みが現れた場合でも、マッサージはせずに、刺激を与えないように様子をみるようにしましょう。

糸リフトの凹みが心配な方はTHE FIRST CLINICがおすすめ

THE FIRST CLINICは、糸リフトの凹みが心配な方に対して、丁寧なカウンセリングを心がけています。

糸リフトが初めての方でも安心して施術に臨めるように、不安や疑問点を解消する説明を行うため、安心してクリニックに通えるでしょう。

糸リフトによる凹みが心配で迷われている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

【まとめ】糸リフトの凹みは時間の経過とともに軽減します

糸リフトによる凹みは、時間の経過とともに軽減するので、過度に心配する必要はありません。

糸が馴染んで、凹みが目立たなくなるまでには、1ヶ月間程度必要です。

本記事では、糸リフトによる凹みを抑えるためのポイントを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

施術前に凹みに関する正しい知識を把握しておき、安心して糸リフトの施術を受けにいきましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから