COLUMN

コラム

糸リフトにはいくつかの種類がある!特徴や注意点について徹底解説

たるみ治療として人気の糸リフトですが、糸の種類ごとに特徴が違うこともご存知でしょうか。

糸リフトに使用される糸によって、期待される効果も違うので、施術を受ける前に正しい知識を身につけましょう。

本記事では、糸リフトの種類の特徴や注意点について解説します。

記事を参考にしていただくと、糸の種類ごとに期待できる効果を知れるので、効果的な糸リフトの施術を受けられます。

それぞれの糸の種類を正しく理解し、理想的なたるみ治療を受けましょう

そもそも糸リフトとは?

糸リフトは医療用の糸を皮膚へ挿入し、皮下組織を持ち上げることで、リフトアップ効果が期待できる治療です。

顔のたるみやほうれい線、小じわなどの幅広い悩みに対応でき、ダウンタイムも少ないので、手軽にエイジングケアが行えます。

リフトアップ効果以外にも、糸を挿入した周囲からコラーゲンやエラスチンが生成されるので、美肌効果にも期待できます。

美肌効果により、肌のハリや弾力、毛穴の改善も実感できるのも魅力のひとつです。

糸リフトには体内で溶ける糸と溶けない糸が存在する

糸リフトには、大きく分けて2つの種類が存在します。

  • 溶ける糸リフト
  • 溶けない糸リフト

それぞれの特徴も異なるので、施術を受ける前に把握しておきましょう。

溶ける糸リフト

ほとんどのクリニックは溶ける糸を使用しており、現在の糸リフトにおいて主流です。

溶ける糸は、皮下組織に糸が挿入された後、時間の経過と共に体内へ吸収されます。

次第に糸が消失するので、継続した施術を受けられたり、感染するリスクを抑えられたりするなどのメリットがあります。

効果が持続する期間に限りがあるというデメリットもありますが、溶けない糸よりも使用しやすく、リスクを抑えた治療が可能です。

溶けない糸リフト

先述したとおり、現在は溶ける糸が主流となっているため、溶けない糸を使用するクリニックはほとんどありません。

溶けない糸を使った糸リフトは違和感が生じやすいうえに、感染症を起こす恐れがあるためです。

溶ける糸を選んだ方が安全に施術を受けられるため、施術を受ける前にきちんと理解しておきましょう。

よく使用される糸リフトの種類と特徴

美容クリニックでは、以下の4種類の糸がよく使用されます。

それぞれの特徴について解説するので、ぜひ参考にしてください。

PDO(ポリジオキサノン)

PDOは、医療用の糸であり、皮下組織へ挿入すると溶ける特徴があります。

糸にはコグと呼ばれるトゲが付いており、皮下組織を持ち上げる際に、皮膚が引っかかる仕組みです。

1年間ほどの期間をかけ、徐々に体内に吸収されるので、1年~1年半毎に施術を受ける必要があります。

安全性が高い糸の種類であり、値段もリーズナブルなため、糸リフト初心者の方にもおすすめです。

PP(ポリプロピレン)

PPは、体内へ吸収されないタイプの種類であり、取り扱っていないクリニックも多いです。

体内に吸収されないため、長期間のリフトアップ効果が見込めますが、柔軟性や伸縮性がなく違和感を覚える方もいます。

体内に糸が残り続けるため、2~3年程度の効果を持続するといわれますが、リスクも高いです。

PPは、感染症や肉芽腫などが起きる可能性もあるので、使用する際はリスクを必ず把握しておきましょう。

PCL(ポリカプロラクトン)

PCLは医療用の糸として使用されており、しなやかな柔軟性と吸収性が特徴です。

しなやかな柔軟性を活かして、自由自在に糸の形を変えられるので、糸リフト以外の施術にも使用されます。

糸リフトで使用されるPCLは、柔軟性が高いため、口元や目元などの動きのある箇所に使用されるケースが多いです。

体内に吸収される速度がゆっくりなので、効果期間も2~3年と溶ける糸の中でも長く、糸リフトの中でも人気の種類です。

PLA(ポリ乳酸)

PLAは美容目的の糸として、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されており、美容分野で幅広く利用されています。

生体組織との相性の高い合成ポリマーの素材が使用されており、植物を原料としているため、安全性が高いです。

糸にはトゲが付いており、リフトアップ効果が高いため、たるみや小じわに対して高い効果が期待できます。

ゆっくりと吸収される特性があるため、効果期間が1年半~2年と長期間であり、効果を長持ちさせたい方におすすめです。

糸リフトの種類で知っておきたい注意点

糸リフトの種類で知っておきたい注意点は4つあります。

それぞれの注意点について解説します。

施術前に必ず糸の特徴を理解しておく

糸リフトの施術前には、必ず糸の特徴を理解しておきましょう。

糸の種類を知らずに施術を受けてしまうと、期待した効果が得られずに、失敗や後悔してしまう可能性もあります。

糸の特徴を理解しておけば、期待する効果に合わせて種類を選択できるので、効果的な施術を受けられます。

そのため、通いたいクリニックを見つけたら、採用されている糸の種類を事前に把握して調べておくとよいでしょう。

糸の種類ごとに持続期間も違う

糸リフトに使用される糸は、種類ごとに持続期間が異なるので、注意しましょう。

糸の種類には、溶ける糸と溶けない糸があり、それぞれ種類が分かれています。

体質によっても異なりますが、糸の種類によっては、持続期間が1年違う場合もあります。

また、糸リフトの効果は一時的なため、定期的に施術を受ける必要があり、種類ごとに施術を受けるタイミングも違うので注意してください。

美容クリニックによって取り扱っている糸の種類が異なる

糸リフトに使用される糸は、美容クリニックごとに取り扱う種類が異なるので、注意しましょう。

期待する効果を求めるためには、使用する箇所や目的に応じて、糸の種類を選択する場合もあります。

自身が希望する糸の種類を、クリニックが取り扱っていない可能性もあるので、カウンセリング時に医師へ確認しておきましょう。

どの糸を使用するか迷われている方は、クリニックで採用している糸の中から、自身に合う種類を選んでもらうのも手段のひとつです。

糸リフトの種類でお悩みの方はTHE FIRST CLINICがおすすめ

糸リフトの種類でお悩みの方は、THE FIRST CLINICがおすすめです。

丁寧なカウンセリングで一人ひとりに合う糸リフトを提案するので、施術が初めての方でも安心して通えます。

カウンセリングから施術まで医師が担当するので、不安や疑問点でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【まとめ】自分に合った糸リフトの種類を選択しましょう

糸リフトの施術を効果的に受けるには、糸の種類ごとの特徴を正しく理解するのが重要なポイントです。

糸の種類は、溶ける糸と溶けない糸に分かれているので、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

また、糸の種類に関する注意点を理解しておくと、糸リフトでの失敗や後悔する確率も減らせます。

ぜひ記事を参考にしていただき、目的に合わせた糸の種類を選択しましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから