COLUMN

コラム

二重幅を広げるなら整形するべき?二重整形の種類や効果を徹底解説

自力で二重幅を広げようと思ったものの、なかなか定着せずに整形をしている方も多いのではないでしょうか。理想の二重幅を手に入れるためには、二重の種類や施術方法を正しく理解しておく必要があります。

本記事では、二重幅を広げるための整形の効果について解説します。併せて、二重幅の種類や二重整形の注意点についても解説するので、ぜひ記事を参考にしてください。

H2:二重幅は整形で広げられるの?
整形を行うと、新たな二重ラインを作れるため、二重幅を広げることが可能です。埋没法と切開法の2種類の整形術により、元々ある二重ラインを広げるまたは新しく作ることができるため、希望の二重幅に近づけられます。

目の形や体質によって、広げられる二重幅に違いはありますが、整形により理想的な二重幅の仕上がりが期待できるでしょう。

H2二重幅が与える第一印象の違い
二重の幅によって、相手に与える印象も違います。
4種類の二重幅について解説するため、特徴を把握しておきましょう。

H3:奥二重
奥二重は、一重と二重の中間と呼ばれており、二重幅が狭く奥に食い込んでいる状態なのが特徴です。目を開くと、目尻側のラインしか露出していないので、一重と勘違いされる場合もあります。

顔のパーツや骨格によっても差はありますが、奥二重は若々しい印象や優しそうな印象を与えやすいです。

H3:末広型
末広型は、目頭から目尻に向かって二重幅が、だんだんと広がっていく形状の二重です。目頭側にある蒙古ヒダに二重ラインが隠れるため、目尻側のライン幅の方が広くなり、目頭側の二重ラインは狭くなります。

アジア系の顔立ちに似合う種類なので、日本人にも馴染みやすく、二重整形で希望する方も多いです。

H3:平行型(幅狭)
二重幅のラインが狭い平行型は、まぶたの脂肪が薄く蒙古ヒダがない、西洋人の方に多く見られる種類の二重です。平行の二重ラインが、目頭から目尻にかけて形成されているので、パッチリとした大きな目になります。

幅の狭い二重ラインは、幅の広い二重よりも自然で馴染みやすいため、日本人の方にもおすすめの二重です。

H3:平行型(幅広)
幅の広い平行型は、彫りが深くまぶたの脂肪が少ない人に多く、欧米人によく見られる種類の二重です。二重ラインがくっきりとしており、白目の露出も多いので、幅の狭い平行型よりも目が大きく華やかな印象を与えます。

日本人を含むアジア系の方は、蒙古ヒダが発達しているため、無理やり幅を広くすると不自然な二重になる場合があります。注意しましょう。

H2:整形で二重幅を広げる方法
整形で二重幅を広げる方法は、2種類あります。
それぞれの施術方法の特徴について解説します。

H3:埋没法
埋没法は、メスを使用せずに糸だけで二重ラインを形成する方法であり、切開法と比べると手軽に二重幅を広くできます。使用される糸は細く頑丈なため、長期的に自然でバレにくい二重ラインを形成でき、ダウンタイムも少ないのが特徴です。ただし、多くの場合時間が経過すると二重ラインが取れます。

切開せずに二重ラインを形成するため、糸を取れば元の状態に戻すこともでき、修正も可能なのが大きなメリットです。

H3:切開法
切開法は、メスでまぶたを切開し、二重ラインを形成する施術方法です。切開時に余分な脂肪や皮膚のたるみを無くせるので、厚いまぶたの方でも二重ラインを広げられ、理想的な仕上がりが期待できます。

ダウンタイムが強く出るというデメリットもありますが、効果が半永久的なので、1回の施術で済みます。

H2:自力で二重幅を広げる方法
自力で二重幅を広げるには、いくつか方法があります。
それぞれの方法について解説するので、ぜひ参考にしてください。

H3:目元マッサージ
目元マッサージは、むくみにより幅が狭くなった二重幅に有効な方法であり、手軽に取り入れられるのが特徴です。マッサージにより目元の血行が促進され、むくみが改善されると、二重幅が広がる可能性があります。

しかし、マッサージの力加減を間違えてしまうと、皮膚が伸び縮みしてしまい、まぶたがたるむ原因にもなるので注意しましょう。

H3:アイプチを使用する
アイプチは、粘着性のある液体をまぶたに塗り二重ラインを形成できるので、二重幅を手軽に広げられるアイテムです。自然な二重ラインを作るには、慣れやコツがいりますが、メイクを組み合わせることで簡単に二重幅を調整できます。

長期的に行うと、まぶたのたるみや炎症にも繋がるので、アイプチを毎日する方は二重整形をしてしまった方が良い場合もあります。

H3:メイクで二重幅を広げる
二重幅を広く見せるメイクには、以下3つの方法があります。

アイシャドウを使用して、二重ラインを強調させる
下まぶたを強調させ、目の縦幅を大きくみせる
アイラインを引き、二重幅を広げるようにみせる

メイクにより二重幅を広げる方法は、まぶたへの負担が少なく、さまざまな方法があるのでおすすめです。

H2:整形で二重幅を広げる際の注意点
整形で二重幅を広げる際には、トラブルを防ぐためにも注意すべき点があります。
詳しく解説するので、参考にしてください。

H3:二重幅を広げすぎると不自然になる
二幅を広げすぎると、不自然になってしまうので注意しましょう。自然な二重幅を作るには、顔のパーツや骨格とのバランスを考慮する必要があり、無理やり作ったような二重は不自然に見えます。

自然な二重幅がわからない方は、術前にあるカウンセリング時に、医師へきちんと相談をしてから施術に臨みましょう。

H3:目の形によっては二重幅を広げるのは難しい
目の形によっては、二重幅を広げるのが難しい場合もあるので、自身のまぶたの特徴を把握しておきましょう。特に、まぶたの脂肪の量が多く蒙古ヒダが発達している方は、二重幅が定着しづらく、不自然に見えるので注意が必要です。

まぶたの脂肪が厚く腫れぼったい方は、埋没法だと不自然になりやすいので、切開法の方が向いています。

H3:カウンセリングが丁寧なクリニックを選ぶ
理想的な二重幅に広げるには、カウンセリングが丁寧なクリニックを選ぶようにしましょう。仕上がりのイメージに医師との相違があると、失敗して後悔してしまう可能性もあるので、カウンセリングは重要なポイントです。

カウンセリングが丁寧なクリニックは、要望や相談をしっかりと聞いてくれるので、理想的な二重幅が期待できるでしょう。

H2:整形で理想の二重幅に広げるならTHE FIRST CLINICがおすすめ
THE FIRST CLINICでは、理想の二重幅に広げるためにも、丁寧なカウセリングを心掛けています。院長自らがカウンセリングから施術まで担当するので、患者様が納得した状態での施術が可能です。
理想の二重幅に仕上げたいとお悩みの方は、ぜひTHE FIRST CLINICにお越しください。

H2:【まとめ】自分に合った二重幅を選択しましょう
二重幅を広げるには、埋没法または切開法による2種類の二重整形がおすすめです。自力で二重幅を広げる方法もありますが、効果が一時的であり、皮膚がたるむ可能性もあります。ぜひ本記事を参考にしていただき、理想的な二重幅を手に入れましょう。

<ディスクリプション>
二重幅を広げるためには、整形をするべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。本記事では、二重幅を広げるために整形方法や注意点について解説します。その他にも、二重幅の特徴についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから