COLUMN

コラム

二重整形の埋没法とは?切開法との違いやおすすめな人を解説

「二重まぶたになって、アイテープを卒業したい」

「朝のメイク時間を短縮したい」

一重まぶたや奥二重だとメイクしても映えにくいことが気になっている人は多いでしょう。

二重まぶたになれば目元が華やかになり、顔全体が明るくなります。

二重整形には埋没法と切開法がありますが、ダウンタイムも短く手軽にできるのは埋没法です。

まぶたの裏から糸を通して二重のラインを作るため、メスは使用しません。

本記事では、二重整形で人気の高い埋没法のメリットやデメリット、ダウンタイムについて解説していきます。

埋没法がおすすめな人も説明していくため、ぜひ参考にしてください。

二重整形とは

二重整形とは、目を大きく見せたり、よりはっきりとした目元を作るための手術です。主に下記の2種類に分類されます。

  • 埋没法
  • 切開法

自分自身のまぶたの状態や希望に合わせて、どちらの施術が合っているのか医師と相談して選択していきましょう。

ここからは2つの違いを詳しく解説していきます。

埋没法

二重整形の埋没法は、非常に小さな穴をまぶたの裏に開け、そこに特殊な医療用の糸を通して二重のラインを形成します。

髪の毛より細い糸ですがかなり強度があり、表面から見ても目立ちにくいです。

この糸を使用し、皮膚の一部をまぶたの内側の組織に固定して自然な二重のラインを作り出します。

2点留めや3点留めなど、結び目を作る数は施術方法によって異なりますが、留める数が多いほど元に戻りにくくなります。

切開を伴わないため手術時間は15分から20分程度と短く、局所麻酔で行われるためダウンタイム症状が比較的軽く、期間も短めです。

切開法

二重整形の切開法は、まぶたの皮膚を二重のラインに合わせて直接切開して、余分な脂肪や皮膚を取り除き二重のラインを形成します。

半永久的な効果を期待でき、厚いまぶたの方や皮膚のたるみがある方に適しています。

手術には1時間以上かかり、施術後はまぶたの腫れや内出血などが長く続くことが多いです。

二重整形の埋没法のメリット

二重整形の埋没法のメリットは、まぶたへの負担が少なく施術が受けられることです。

切開しないため手術時間とダウンタイムが短く、日常生活に支障が出にくいことが魅力的です。

また、まぶたの裏から糸で留めてあるため、仕上がりに納得がいかない場合や元のまぶたに戻したい場合は、糸を除去するだけで元に戻すことができます。

費用も切開法と比べると安く、費用をかけたくない人や学生などにおすすめの施術です。

二重整形の埋没法のデメリット

二重整形の埋没法にはデメリットもあります。

まぶたの脂肪が厚い人にはおすすめできません。

糸で二重ラインを作りますが、過度な力が糸にかかってしまうと糸が緩んだり切れたりする可能性があるためです。

埋没法を行ってもすぐに元の状態に戻ってしまう可能性があるため、再度施術を行う必要が出てきます。

自分のまぶたが埋没法と切開法、どちらに適応するのか医師と相談して納得してから施術を受けることが必要です。

二重整形の埋没法のダウンタイムについて

二重整形の埋没法のダウンタイムは、一般的に短いことが多いです。

手術直後は軽度の内出血や腫れが起こることがよくありますが、手術でまぶたに刺激を与えているためで、時間とともに消失します。

目の周辺に違和感を感じる場合も、時間が経てば改善していきます。

まれに内出血や腫れが続く人もいますが、一週間以内には落ち着くでしょう。

その間は激しい運動は控えることをおすすめします。メイクに関しては手術の翌日から可能です。

二重整形の埋没法がおすすめな人

二重整形の埋没法がおすすめなのは、以下の特徴に当てはまる人です。

  • 切開をしたくない人
  • ダウンタイムの時間が取れない人
  • 目の左右差をなくしたい人

このような条件に当てはまる人は埋没法がおすすめです。

切開をしたくない人

二重整形の埋没法は、まぶたの裏から糸を使って二重のラインを作る施術です。

メスは使用しないため、手軽にチャレンジできる二重整形と言えるでしょう。

埋没法の大きな特徴の一つは、もし施術後に二重のラインに満足できなかった場合、比較的簡単に修正が可能な点です。

一方、切開法ではまぶたの表面から直接切開をして、内部組織をつなぎ合わせて二重まぶたを作っていきます。

そのため、あとから元のまぶたに戻すことは困難です。

ダウンタイムの時間が取れない人

埋没法の施術後は、内出血や腫れが生じることがありますが、多くの場合1週間程度で落ち着きます。

内出血が起きてもメイクで隠せる程度のため、仕事が忙しい社会人・学業や部活で忙しい学生などにおすすめです。

二重整形の切開法は、まぶたの表面から切開をして余分な皮膚や脂肪を取り除き、二重のラインを作っていきます。

内出血が広範囲に広がることも多いです。

腫れや痛みもあり、1週間後の抜糸までは他人から見ても違和感を感じるでしょう。

このように、埋没法はダウンタイムに時間が取れない人におすすめできる施術です。

目の左右差をなくしたい人

二重整形の埋没法は、片方のまぶたのみの施術も可能です。

左右の目の大きさが揃うと、メイクがしづらい状態も改善されるでしょう。

左右のバランスを良くするためには、医師の技術力が重要です。

カウンセリングでどのようなまぶたになりたいのか気になる部分などを伝え、医師と相談しましょう。

ただし、片目だけの施術だと左右対称にならないと判断された場合、両目の施術をすすめられることもあります。

THE FIRST CLINICは自然な二重整形を目指しています

二重整形は、美的感覚が合い細かい施術ができる医師に依頼しましょう。

当クリニックの院長は以前、脳神経外科医でした。

脳神経外科はミリ単位で細かく手術をすることが求められ、その実績が二重整形の施術にも活かされています。

カウンセリングを行うのは、施術もできるプライベートルームです。

心配なことや不安なことなどお聞きし、親身になってアドバイスをいたします。

カウンセリングは無料で行っているため、お気軽にお問い合わせください。

【まとめ】二重整形の埋没法なら手軽に施術が受けられます

二重整形の埋没法は、施術時間やダウンタイムも短く手軽に受けられる施術です。

費用も切開法と比べると安いため、美容整形が初めての人や学生にもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

思うような二重まぶたに仕上がらなかった場合にもやり直せるため安心できます。

理想的な二重まぶたを作るためには、豊富な実績があり信用できる医師に施術を行ってもらいましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから