COLUMN

コラム

目のクマを治す方法とは?美容医療・セルフケアに分けて徹底解説!

「目のクマを治す方法を知りたい」

「クマの種類によって治す方法は違うの?」

目のクマを治すには、まず種類と状態を特定する必要があります。

クマの種類・状態に適した方法を用いなければ、改善するどころか悪化する可能性も含まれるからです。

またセルフケアと美容医療、どちらの方法を選択するべきか選ぶ必要もあるでしょう。

目のクマを治したいとお悩みなら、本記事を最後までご覧ください。

目のクマには主に3種類ある

目のクマは、主に以下の3種類に分けられます。

  • 黒クマ
  • 青クマ
  • 茶クマ

①黒クマ

黒クマができる原因は「たるみ」「むくみ」「眼輪筋の衰え」です。

若い頃は黒クマが目立たなかった人も年齢を重ねれば眼輪筋が衰え、たるみも発生します。

眼輪筋が緩むと眼窩脂肪が突出し、目の下が膨らんで影ができます。

この影が黒クマです。

また彫りの深さや眼窩脂肪の多さは遺伝的な要因が強く、黒クマの原因になります。

人によっては幼少期から黒クマが目立つケースも存在します。

②青クマ

青クマの原因は「目の下の皮膚が薄い」「血行が悪い」の2つです。

睡眠不足や栄養不足などの生活習慣や、眼精疲労によって引き起こされるケースが考えられます。

青クマが毛細血管の色と混ざり、紫色に見えることもあります。

黒クマと同様に、青クマも遺伝による要因が強いことが特徴です。

両親にクマがある場合でも必ず子どもに遺伝するわけではありませんが、体質を受け継ぎやすいと知っておいた方が良いでしょう。

③茶クマ

茶クマの原因は色素沈着です。

紫外線によるダメージや、肌への摩擦による負担が考えられます。

スキンケアが十分でない理由、目元へのマッサージや洗顔での強い摩擦もメラニン色素の生成を促すリスクが隠れているため注意が必要です。

茶クマは遺伝が要因ではないので比較的発生割合は低いですが、誤ったスキンケア・メイクの方法をしているとリスクが増すため注意してください。

美容医療で目のクマを治す方法3選

美容医療で目のクマを治す方法は以下の3つです。

  • 眼窩脂肪除去
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注射

美容医療を選ぶ利点は「効果の高さ」「即効性」です。

①眼窩脂肪除去

目の周りの突出した脂肪を取り除き、目のクマ・たるみの改善効果が得られる術式です。

眼窩脂肪の除去後は増えることがないので、術後の効果は半永久的に続きます。

術後は傷が目立つのではないかと心配される人もいますが、経結膜脱脂法(けいけつまくだっしほう)なら下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去するため、傷跡はほとんど目立ちません。

余分な脂肪が解消され、見た目も若々しくなったと喜びの声も多数頂戴しています。

②脂肪注入

脂肪注入は眼窩脂肪を除去した後の凹みを埋めるために行います。

たるみの程度にもよりますが、眼窩脂肪の除去後は目の下がくぼんでおり、放置していると不自然な見た目になってしまうからです。

脂肪注入で使う脂肪は患者様自身から採取するので、定着率・安全性も高くなっています。

絶対必要な施術ではありませんが、年齢やたるみの状態を見ての判断が必要です。

③ヒアルロン酸注射>H3>

ヒアルロン酸注射は、目の下がくぼんで黒クマ・青クマができている人に有効な施術です。

注入後はくぼみが押し上げられ、症状が大きく改善されます。

ヒアルロン酸は人の体内にも備わっている成分なので、副作用・ダウンタイムも少ないです。

ただし経過によってヒアルロン酸は体内に吸収されてしまう特性があるので、半年〜1年の間隔で施術を受ける必要があります。

セルフケアで目のクマを治す方法5選

症状が軽度であれば、以下のセルフケアも目のクマを治すのに有効です。

  • 紫外線対策を行う
  • マッサージを行う
  • アイクリームなどのアイテムを使用する
  • 目を酷使しすぎない
  • 塩分を摂取しすぎないように気を付ける

肌老化を防ぐ観点においても、セルフケアは大切な項目です。

①紫外線対策を行う

紫外線は茶クマの原因なので、外出する際は入念に紫外線対策を行いましょう。

目の下は他の部位に比べて皮膚が薄いため、紫外線によるダメージを受けやすくなっています。

日焼け止めクリームや帽子、サングラスなどを利用してください。

②マッサージを行う

青クマの改善にはマッサージが有効です。

目元へのマッサージによって血行が促進され、青クマの状態が緩和されます。

ただしマッサージの方法を誤ると、過剰な刺激によって茶クマの原因であるメラニン色素が活性化するおそれもあります。

そのため目元ではなく、頭皮や首回りへのマッサージがおすすめです。

間接的に目元への血流改善が期待できます。

③アイクリームなどのアイテムを使用する

各種アイテムの利用も実用性が高くおすすめです。

例えばアイクリームには保湿、血行促進、たるみ抑止など、あらゆるクマの改善に効果的な成分が配合されています。

また黒クマ対策であれば、目元のハリをもたらす美容液が効果的です。

購入の際は、クマの種類に適したアイテムを選んでください。

④目を酷使しすぎない

青クマで悩んでいる人は、目の酷使に注意すべきです。

現代人はパソコンやスマホなど電子機器の画面を長時間見ることが多く、目を酷使する原因となっています。

目に必要以上の負担がかかると、青クマの発生リスクが高まります。

適度に休憩を入れたり、目を温めたり、日頃から疲れ目への対処を心がけましょう。

⑤塩分を摂取しすぎないように気を付ける

塩分を摂りすぎると、むくみが発生する可能性があります。

目の下がむくむと影ができてしまい、クマが目立ちかねません。

特に外食では塩分濃度が高い料理が提供されるため、摂取量に注意してください。

むくみを防止するために、こまめな水分補給を意識しましょう。

THE FIRST CLINICは目のクマの治療が得意です

施術の際、多くクマを取ってしまうと痛み・たるみにつながります。

どれだけの分量を除去するのが適切なのか、THE FIRST CLINICでは丁寧な診断とカウンセリングによって厳密に判断し、施術に臨んでいます。

施術を担当する医師が顔周りの解剖について熟知しているのは、脳神経外科に従事していた過去があるためです。

どうアプローチすれば安全なのか、メスの入れる方向など細部までこだわることで、安心で安全な治療を行います。

圧倒的なダウンタイムの少なさもご好評を頂いております。

目のクマにお悩みなら、当院までお気軽にお問い合わせください。

【まとめ】目のクマを治す方法を理解して自分に合うものを実践しよう!

目のクマを治す際には、種類と状態にあった方法を選択しないと改善は見込めません。

目のクマの種類は「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」に分けられます。

症状が軽度であればセルフケアも有効ですが、状態が進行しているなら美容医療を選んだ方が良いです。

ただしクリニックによって医師の知識・技量が大きく異なるのも事実です。

クマを治すために美容医療を選択する際は、確かな技術を持った医師を頼りましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから