COLUMN

コラム

生まれつき目の下にくまがある!原因や取り除く方法を詳しく解説

生まれつき目の下にくまがあり、治せないのではないかと不安を抱いている人もいるでしょう。

結論、適切な方法をとれば、目の下のくまを取り除くことは可能です。

実際に、多くの方がくまの悩みから解放されています。

本記事では、目の下に生まれつきくまがある原因を解説したうえで、美容医療やセルフケアによって改善する方法を紹介します。

目の下のくまには主に3つの種類がある

目の下のくまには、以下の3つの種類があります。

  • 黒くま:目の下の脂肪やたるみが原因でできるくま。影なので上を向くと薄くなる。
  • 青くま:毛細血管が青黒く透けているくま。皮膚を引っ張っても移動しないのが特徴。
  • 茶くま:色素沈着によって生じるくま。皮膚を引っ張るとくまも動く。

くまの種類によって、発生する原因や対処法が大きく異なります。

そのため、まずは自身の目元にどのくまがあるかを正しく判断することが大切です。

分からない場合は、美容クリニックで医師に見てもらうとよいでしょう。

目の下に生まれつきくまがある原因

生まれつき目の下にくまがある原因として、以下の2つが考えられます。

  • 【黒くま】脂肪の量やむくみが著しい
  • 【青くま】目元の皮膚が薄い

なお、茶くまに関しては生まれつき現れる可能性は低いです。

昔から目をこする習慣があり、幼いうちから色素沈着を起こしてしまったことが考えられます。

それぞれの原因について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

【黒くま】脂肪の量やむくみが著しい

先述したとおり、黒くまの主な原因は目の下に位置する眼窩脂肪という脂肪のふくらみにより、その下に影ができてしまうことです。

加齢とともに脂肪が目立つようになるケースも多いですが、なかには生まれつき脂肪の量やむくみが著しく、目の下に影がある人もいるようです。

【青くま】目元の皮膚が薄い

目の下の皮膚が薄い人は、血管が透けやすいため生まれつき青くまが出現している可能性があります。

ほかにも、色白な人も青くまが目立ちやすい傾向にあります。

目の下のくまを治すなら美容医療がおすすめ

スピーディーかつ確実性の高い方法でくまを治したい人には、美容医療を活用するのが適しています。

なかにはメスを使うものもあり、ある程度身体への負担がかかりますが、自分では取り除けないくまにもアプローチできます。

また、スキルの高い医師を探すことができれば、な元からくまがなかったかのような自然な仕上がりを実現できるでしょう。

美容医療でくまにアプローチする方法として代表的なのが、以下の3つです。

  • 眼窩脂肪除去
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注射

それぞれの治療内容やメリット、ダウンタイムなどについて詳しく解説します。

自分に合うものを選べるよう、あらかじめ知識をつけておきましょう。

①眼窩脂肪除去

名前のとおり、目の下にある眼窩脂肪を除去する治療法です。

黒くまの改善に効果が期待できます。

切開を伴いますが、表面ではなく目の裏を数ミリ切るため、傷跡は比較的目立ちにくいです。

目の下の膨らんでいる部分を物理的に取り除けるため、長期間に渡って効果が続くのが最大のメリットだと言えます。

ダウンタイム期間は1週間~2週間程度で、内出血を始めとする症状が現れます。

ダウンタイム中は医師の指示に従い、安静に過ごしましょう。

②脂肪注入

眼窩脂肪除去を受けたことでできた目の下のくぼみに、自身の身体から摘出した脂肪を注入して適度な膨らみを持たせる治療法です。

単体で受けるのではなく、基本的に眼窩脂肪除去と併用するものとなっています。

自身の脂肪を入れるため、拒絶反応が起こる可能性は極めて低く、安心して治療を受けられるのが嬉しいポイントです。

腫れ・内出血などのダウンタイム症状が、治療後2週間~3週間程度続きます。

眼窩脂肪除去のみ受ける場合よりもダウンタイムが重くなる点は、デメリットだと言えますが、その分高い効果を実感しやすいです。

③ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸という、ボリュームアップ効果が期待できる製剤を目の下に注入することで、黒くまを目立たなくさせる治療法です。

眼窩脂肪除去や脂肪注入とは異なり、効果に半永久性はありません。

個人差がありますが、半年~1年程度で元の目元の状態に戻ってしまう人が大半です。

しかし、メスを使って皮膚を切る必要がないため身体への負担が軽く、費用もやや安い傾向にあります。

そのため、気軽にチャレンジできる点が魅力です。

美容医療以外で目の下のくまを改善する方法

美容医療に頼らずに目の下のくまを改善する方法として、以下の2つが挙げられます。

なお、黒くまに関しては自力で治すことは困難です。

  • 【青くま】目を休める&血流を良くする
  • 【茶くま】紫外線対策&スキンケア

それぞれについて詳しく解説します。

セルフケアで改善を促す場合費用を抑えられるというメリットがありますが、一方で高い効果は実感しにくいです。

人によっては、いつまで続けてもくまが薄くならない、といったこともあり得るでしょう。

【青くま】目を休める&血流を良くする

血行不良が生じると青くまが目立ちやすくなるため、抑えるためにはマッサージなどで適度な刺激を加え、血流を良くする必要があります。

疲労によって青くまが悪化することもあるため、長時間のスマホ・パソコンの利用をなるべく避けて、適度に目を休めることも大切です。

また、寝不足や過度なストレスも青くまの原因となるため、しっかりと睡眠や休息を取るよう心がけるとよいでしょう。

【茶くま】紫外線対策&スキンケア

色素沈着を防ぐためには、紫外線対策とスキンケアが大切です。

さまざまなアイテムが販売されていますが、自分に合うものを使えるかどうかで効果の度合いが大きく異なります。

成分について勉強をしたり、プロに紫外線対策・スキンケアグッズを紹介して貰ったりすると良いでしょう。

日々のコツコツとケアを積み重ねることで、茶くまが軽減される場合があります。

生まれつきある目の下のくま治療はTHE FIRST CLINICにお任せください

THE FIRST CLINICは、生まれつき目の下にくまがある人への治療も実施している美容クリニックです。

熟練の医師がオーダーメイドな治療を行うため、高い効果を実感される方が大半です。

くまに悩んでいる方は、ぜひ1度カウンセリングにお越しください。

【まとめ】目の下のくまが生まれつきある人は美容医療で治そう!

生まれつき目の下にくまがある人は、美容医療での治療を受けることをおすすめします。

セルフケアで治す方法もありますが、確実に改善されるとは限らないうえに時間がかかるためです。

本記事で紹介した眼窩脂肪除去・脂肪注入・ヒアルロン酸注射のほか、お薬の塗布などの治療法を実施している美容クリニックもあります。

スキルの高い医師が在籍している美容クリニックを探し、治療を依頼することが大切です。

ぜひ、本記事の内容を参考にして、生まれつきある目の下のくまを改善に導いてください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから