COLUMN

コラム

目の下のたるみ・クマ取りは美容医療で治療しよう!方法や注意点を解説

目の下のたるみやクマに悩んでおり、取りたいと考える人もいるでしょう。

本記事では、たるみ・クマの原因を解説したうえで、おすすめの美容医療を3つ紹介します。

セルフケアではなく美容医療を活用するメリットについても言及しており、本記事を読めばたるみやクマの解消方法について深く理解できます。

目の下の悩みを解消したい人は、ぜひ参考にしてください。

目の下のたるみの原因

目の下にたるみが出現する原因として、眼輪筋という目の周りの筋肉の力が弱まっていることと、コラーゲンなどが減少しハリ・弾力が損なわれていることが挙げられます。

どちらも加齢によって進行する症状であるため、歳を重ねるにつれてたるみが気になってきたと感じる人が多いです。

コラーゲンの現象に関しては、加齢だけでなく紫外線のダメージや乾燥が原因の場合もあります。

目の下のクマの原因

目の下のクマには以下の3種類があり、それぞれ原因が異なります。

  • 黒クマ
  • 青クマ
  • 茶クマ

種類ごとにクマが生じる原因を説明するので、ぜひ参考にしてください。なお、それぞれの見極め方は以下のとおりです。

クマの種類 見極め方
黒クマ 上を向くとクマが薄くなる
青クマ 皮膚を引っ張ってもクマが動かない
茶クマ 皮膚を引っ張るとクマの場所も移動する

黒クマ

黒クマの原因は、加齢によって目の下の量が増えた目の下の脂肪によって影ができてしまうことです。

また、目の下がくぼんでしまい影ができている場合もあります。

青クマ

青クマの出現は、目の下の皮膚が薄いことや血流が滞っていることにより、目の下の毛細血管が肌の上から透けて見えることが原因です。

その他にも、寝不足・目の疲れ・ストレスなども原因として挙げられます。

茶クマ

メイクをする際やクレンジングの際に、目元をこすり過ぎていることにより、色素沈着が起こると茶クマの出現に至ります。

また、紫外線によるダメージを受けることも色素沈着につながると言われています。

目の下のたるみ・クマ取りにおすすめの美容医療3選

目の下のたるみやクマ取りに効果が期待できるおすすめの美容医療は、以下の3つです。

  • 眼窩脂肪除去
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注射

施術内容やメリット・デメリットについて解説します。

ダウンタイムの期間や症状も説明するので、理解を深めるのにお役立てください。

①眼窩脂肪除去

目の裏側を部分的にメスで切開し、脂肪を直接摘出することで膨らみをなくす美容医療です。

たるみや黒クマの改善に効果が期待できます。

切開に不安感を抱く人もいますが、数ミリ切るだけなので身体への負担は比較的軽いです。

また、医師によっては20分程度で施術が終わることもあります。

物理的に脂肪をなくせるため、高い効果が見込めるのが嬉しいポイントです。

施術後は1週間~2週間程度ダウンタイム期間があり、内出血などの症状が現れます。

②脂肪注入

脂肪注入は、単体で行うのではなく基本的に先述した眼窩脂肪除去と併用して実施されます。

脂肪を取り除いたことにより生じたくぼみを埋めることで、凸凹のない均一な目元に仕上げます。

基本的に自身から取った脂肪を注入するため、安全性が高くアレルギー反応の心配は不要です。

ダウンタイム症状は内出血や腫れなどで、2週間~3週間が経過すると徐々に治まります。

③ヒアルロン酸注射

目の下にヒアルロン酸を注入し、ボリュームアップさせることでたるみや黒クマを目立たなくする美容医療です。

注射器を用いて注入するため、傷跡が目立たないのが最大の魅力です。

また、比較的低価格で受けられるためハードルが低いと言えます。

ダウンタイムも軽度で、1週間~2週間ほど内出血などが起こる場合もありますが、なかにはほとんど症状が現れないケースもあります。

ただし効果には限りがあり、半年~1年ほどで元の状態に戻るため注意しましょう。

目の下のたるみやクマに美容医療でアプローチするメリット

美容医療を受けることで目の下のたるみ・クマ取りを行うメリットは、以下の3点です。

  • 高い効果が期待できる
  • 1度施術を受ければ再発しにくいものもある
  • アフターフォローや保証を受けられる場合もある

セルフケアよりも費用がかかるものの、メリットが多いためぜひ前向きに検討してみてください。

高い効果が期待できる

自力でたるみやクマを解消しようとする場合、効果が現れるのに時間がかかったり、いつまでたっても改善されなかったりする恐れがあります。

その点、美容医療の場合高い効果を期待しやすく、1度施術を受ければ長期間綺麗な状態が続くものもあります。

ただし、スキルが不十分な医師のもとで施術を受けるとたるみやクマが残ってしまうこともあるため、慎重に見極めましょう。

1度施術を受ければ再発しにくいものもある

眼窩脂肪除去や脂肪注入を受ければ、長期間効果が続きます。

たるみやクマが再発しにくくなるため、メイクの時間を短縮できるのが嬉しいポイントです。

先述したとおりヒアルロン酸注射の場合は半年~1年で効果が切れるため、綺麗な状態を維持したい人は眼窩脂肪除去・脂肪注入を受けるとよいでしょう。

アフターフォローや保証を受けられる場合もある

美容クリニックによっては、アフターフォローや保証を用意しているところもあります。

一定期間中は無料で修正手術を受けられる美容クリニックを選べば、安心できるでしょう。

公式サイトに保証に関する記載がない場合、電話やメールで問い合わせるのも手段のひとつです。

目の下のたるみやクマ取りは自分でもできる?

目の下のたるみやクマに対して、セルフケアでアプローチする人もいます。

マッサージでリンパを流したりツボを押したりといった方法であれば、お金をかけずに実践できます。

また、青クマには十分な睡眠を取る・目を酷使しすぎない、といった方法も有効です。

紫外線対策や保湿によって茶クマが改善される場合もあります。

ただし、黒クマは自力では治せないと言われているため、美容医療を頼るのが賢明です。

また、先述したとおりセルフケアでは効果が実感できないケースもあるため、効率的に治したい人は美容医療を検討しましょう。

目の下のたるみ・クマ取りはTHE FIRST CLINICにお任せください

THE FIRST CLINICは、数多くの患者様のたるみやクマを解消してきた実績があります。

大手美容クリニックでの経験を積んだ医師がオーダーメイドな治療を行います。

カウンセリングで悩みや不安に丁寧に寄り添うため、初めて美容医療を受ける人にもおすすめです。

ぜひカウンセリングを受けにご来院ください。

【まとめ】適切な方法で目の下のたるみやクマ取り治療を受けよう!

目の下のたるみ・クマは、美容医療でアプローチすることで効率的に取り除けます。

さまざまな方法がありますが、眼窩脂肪除去・脂肪注入・ヒアルロン酸注射の3つの施術が特に人気です。

ぜひ、本記事の内容を参考にして、目の下のたるみやクマに関する悩みを解消してください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから