COLUMN

コラム

目の下のくまを治療したい!おすすめの方法や注意点などを詳しく解説

目元のくまが気になり、治療を受けて解消したいと考える人もいるでしょう。

くまにはいくつかの種類があり、自身がどれに該当するか見極めることが治療の第一歩です。

本記事では、目のくまの種類や治療するのにおすすめな3つの方法について詳しく解説します。

美容クリニックを活用して目のくまを治す際の注意点も説明するので、ぜひ参考にしてください。

H2:目の下のくまには主に3種類ある

一言で「目の下のくま」と言っても、実際には主に以下の3種類が存在します。

  • 黒くま
  • 茶くま
  • 青くま

それぞれのくまが出現する原因や見た目を解説するので、ぜひ参考にしてください。

黒くま

歳を重ねるにつれて目の下にくぼみが生じたり、脂肪が目立ったりすることが原因で生じるくまです。

目の下にできた影によって出現するという特徴があるため、上を向いたときに薄くなる場合黒くまであると考えられます。

ただし、脂肪の量が著しい場合は上を向いても薄くならないケースもあるため、判断に迷う場合は医師に相談するのが賢明です。

茶くま

目の下が色素沈着を起こしていることにより発生するくまです。

アイメイクやクレンジングを行う際に刺激し過ぎていることや、紫外線のダメージなどによって色素沈着に至ります。

目の下の皮膚を引っ張った時にくまも移動するようであれば、茶くまである可能性が高いです。

また、暗い場所でくまが目立つのも茶くまの特徴のひとつです。

青くま

毛細血管が皮膚のうえから透けて見えるのが原因で生じるくまです。

睡眠時間が不足していたり、疲れが溜まっていたりすると悪化しやすい傾向にあります。

くまが青黒い色をしている場合や引っ張った時に移動しない場合は、青くまだと想定できます。

また、他のくまよりもメイクで隠しやすい点も特徴のひとつです。年齢に関係なく発生するため、若い人の目元に現れることも珍しくありません。

目の下のくまを美容クリニックで治療する3つの方法

美容クリニックで目の下のくまを治療する方法として、代表的かつおすすめなのが以下の3つです。

  • 眼窩脂肪除去
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注射

それぞれの特徴やダウンタイムについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

①眼窩脂肪除去

結膜を目の裏側から数ミリ程度切開し、目の下にある脂肪を取り除く治療法です。

皮膚側には傷ができないため治療を受けたことがバレにくいのが嬉しいポイントです。

目の下の脂肪が原因で出現する黒くまに対して高い効果が期待できます。

数ミリであるものの切開を伴うため、ダウンタイムが生じます。

腫れ・痛み・内出血などの症状が1~2週間ほど続くことを理解したうえで施術を受けましょう。

②脂肪注入

先述した眼窩脂肪除去と併用することの多い治療法です。

眼窩脂肪除去で脂肪を取り除くとかえって目の下がくぼんでしまう場合があるため、適度な量の脂肪をあとから注入します。

多くの場合自身の身体から抽出した脂肪を注入するため、アレルギー反応などが起こる心配はありません。

脂肪注入を受けたあとには、腫れ・痛み・内出血といったダウンタイム症状が2週間~3週間ほど続きます。

③ヒアルロン酸注射

注射器でヒアルロン酸を注入し、目の下のデコボコを解消することでくまを目立たなくする施術です。

ヒアルロン酸注射には患部をボリュームアップさせる作用があるため、凹んでいる部分を埋められるのです。

メスを使った切開を伴わないため身体への負担が軽く、ダウンタイムがほとんど発生しない場合もあるのがメリットです。

ただし人によっては内出血などの症状が1〜2週間程度現れることもあります。

また、ヒアルロン酸注射を受けたあとは、半年から1年ほどで効果が切れて元の状態に戻ります。

目の下のくまを美容クリニックで治療する際の注意点

美容クリニックの治療によって目の下のくまにアプローチする際には、以下の2点に注意しましょう。

  • スキルの乏しい医師に依頼すると失敗する恐れがある
  • ダウンタイムの症状や期間について理解しておくべき

あらかじめ注意点を理解しておくことで、効果を未然に防げるでしょう。

スキルの乏しい医師に依頼すると失敗する恐れがある

目のくまを綺麗に取り除き、ナチュラルな仕上がりにするためには医師の高いスキルが必要です。

経験や知識が不足している医師に治療を依頼してしまうと、失敗する恐れがあります。

不自然な仕上がりになってしまったり、くまが残ってしまったりすることを防ぐためにも、十分な技術を有している医師を探しましょう。

公式サイトの症例を確認したうえでカウンセリングを受けに行くのがおすすめです。

また、SNSやブログを活用してリアルな口コミを収集するのも有効です。

ダウンタイムの症状や期間について理解しておくべき

先述したとおり、美容クリニックで目のくまを治療する際にはダウンタイムが発生します。

あらかじめ理解しておかないと、思いがけないトラブルにつながりかねません。

場合によっては仕事の休みをとって安静に過ごす必要もあるでしょう。

本記事の内容を理解したうえで、施術前に医師からもダウンタイム中の過ごし方についての説明も受けるよう心がけてください。

目の下のくまはセルフケアでも治せる?

美容クリニックで治療を受ける方法以外でも、目の下のくまにアプローチできる場合があります。

青くまに対してはマッサージで血流を促したり、メイクで隠したりするのが効果的です。

また、保湿や紫外線対策を徹底することで茶くまが薄くなることもあります。

ただし、美容クリニックで治療を受ける方が高い効果を期待できるうえに、即効性があります。

また、黒くまは基本的には自力で治すことはできないと言われています。

以上のことから、くまを確実に取り除きたいと考えている人には、セルフケアよりも美容クリニックでの治療をおすすめします。

目のくまの治療はTHE FIRST CLINICにお任せください

THE FIRST CLINICでは、目のくまの治療に関する経験が豊富な医師が施術を担当します。

丁寧なカウンセリングで患者様1人1人のくまの状態を見極めますので、どのくまが発生しているか判断できない場合もぜひカウンセリングにお越しください。

ご予算を伺ったうえで適切な治療を提案しますので、心配は不要です。

【まとめ】適切な治療を受けて目の下のくまを解消しよう!

目の下のくまは、美容クリニックで眼窩脂肪除去・脂肪注入・ヒアルロン酸注射などの治療を受ければ改善できる可能性が高いです。

ただし、失敗を回避するためにはスキルを有している医師に依頼することが大切です。

値段の安さだけでなく、技術力にも着目して医師を探すとよいでしょう。

ぜひ、本記事の内容を参考にして目のくまを治療して若々しい印象の見た目を手に入れてください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから