COLUMN

コラム

ヒアルロン酸注射の効果期間はどのくらい?長く保つコツを解説

「ヒアルロン酸注射で理想通りの仕上がりになったからなるべく効果を維持したい」

「ヒアルロン酸注射の効果はいつ切れるの?」

ヒアルロン酸注射は、シワやたるみなどアンチエイジング効果が期待できる施術です。

注射後に効果はすぐ現れてきますが、永久には続きません。

施術を受けたらなるべく長く効果を持続させたいと思うのが本音でしょう。

本記事では、ヒアルロン酸注射のメリットやデメリット、効果の持続期間を長くする方法をご紹介します。

ヒアルロン酸注射を検討している人は、参考にしてください。

ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸は化粧品によく使われていますが、もともと人間の体の中にある成分です。

ヒアルロン酸1gで6リットルの水分を蓄えられる性質を持っているため、注射で補うことで肌内部から押し上げることができます。

ここからは、ヒアルロン酸注射の効果や持続期間について説明していきます。

ヒアルロン酸注射の効果

ヒアルロン酸注射には以下のような効果があります。

  • シワやたるみの改善
  • ほうれい線やゴルゴラインの改善
  • こめかみや頬のボリュームを増やす
  • 目の周りのくぼみの改善
  • 涙袋を作る
  • 唇をボリュームアップさせる
  • 鼻筋を高くする
  • あごを形成する など

年齢を重ねてくると肌の弾力や水分量が低下してくるため、顔のたるみやシワにつながります。

ヒアルロン酸を直接肌の内部に注入すると肌の内部からふっくらするので、ハリや弾力が戻って若々しい表情を作ることが可能です。

ヒアルロン酸注射の効果持続期間

ヒアルロン酸注射の効果持続期間は、薬剤の種類や注入量、注入箇所によってさまざまです。

個人差はありますが、唇のボリュームアップや涙袋の形成の場合は半年から1年半程度となります。

扱っている薬剤はクリニックによって異なります。また、効果を長持ちさせたいからといって必要以上の量の薬剤を注入することはおすすめできません。

カウンセリングでどの箇所をどのように改善したいのか医師にしっかりと伝え、適量を入れてもらいましょう。

ヒアルロン酸注射のメリット

ヒアルロン酸注射には以下のようなメリットがあります。

  • 即効性がある
  • 副作用がほとんどない
  • ダウンタイムも短い

ヒアルロン酸注射は手軽に施術が受けられることが魅力的です。

施術自体は短時間で済むため、学校や会社帰りにクリニックで注射してもらうこともできます。

即効性があり副作用もほとんどないことがメリットといえるでしょう。

ヒアルロン酸注射のデメリット

一方で、ヒアルロン酸注射にはデメリットもあります。

  • 効果は永久に続かない
  • 内出血が起きる可能性がある
  • しこりができる可能性がある

ヒアルロン酸注射の仕上がりは、医師の技術力に左右されます。

クリニックのホームページやカウンセリングで、医師にどのくらいの実績があるのか、どの薬剤を使用しているのか確認しましょう。

ヒアルロン酸注射の効果持続期間を長くするには?

ヒアルロン酸注射をして希望するような表情に仕上がったとしても、徐々に効果は弱まってしまいます。

そのため繰り返し注射する必要がありますが、なるべく効果は長持ちさせたいものです。

ここからは、ヒアルロン酸注射の効果持続期間を長くさせる方法を紹介します。

施術する部位に合わせたヒアルロン酸を選択する

ヒアルロン酸製剤は、硬さや質の違いなどさまざまな種類があります。

種類によって持続期間も異なるため、適切な薬剤の選択が必要です。

しかし、持続期間だけで決めてしまうと、注入箇所に適さない薬剤を選んでしまう可能性があります。

ヒアルロン酸製剤を選ぶ際には、下記のポイントをチェックしてください。

  • 注入部位に適しているのか
  • 硬さは合っているのか
  • 持続期間は長いのか

安すぎる薬剤だと品質が悪く持ちも悪い場合もあります。

トータルで見ると費用が高くなってしまうため、注意が必要です。

繰り返しヒアルロン酸注射を打つ

ヒアルロン酸注射は、初めて打つ人は早く吸収される傾向がありますが、繰り返し受けていると吸収が遅くなっていくと言われています。

ヒアルロン酸の効果を長く保ちたい場合は定期的な注射が必要です。

薬剤の種類や部位、量によってもタイミングが異なるため、医師と相談してから決めましょう。

生活習慣を整える

ヒアルロン酸は、生活習慣が乱れると早く吸収される傾向にあると言われています。

これは体調が乱れると体内で多くのヒアルロン酸が必要になり、注入したヒアルロン酸が使われてしまうためです。

栄養バランスの取れた食事や適度な睡眠で体調を整え、体内でのヒアルロン酸の生成を促す必要があります。

マッサージや美顔器の使用を控える

ヒアルロン酸注射をしたあとは、一定期間マッサージや美顔器の使用を控えましょう。

薬剤を注入してきれいに形が整っていても、外から物理的に力を加えてしまうことで、ヒアルロン酸が流れてしまったり変形したりする可能性があります。

うつぶせ寝など、顔を圧迫する行為も控えた方がよいです。

額に入れたヒアルロン酸が左右非対称になったり、鼻筋に入れた薬剤が鼻根に流れたりすることがあります。

どのくらいの期間が経過したらマッサージなどのお手入れをしてよいのか、施術をした医師に確認してみましょう。

経験豊富な医師を選ぶ

ヒアルロン酸注射は、医師の技術力によって仕上がりが左右される施術です。

適切な箇所に適切な量を注入しないと、効果が持続しなかったり、仕上がりの質が悪くなったりする場合があります。

  • ヒアルロン酸注射の実績が豊富
  • カウンセリングでしっかりと話を聞いてくれる
  • メリットだけでなくデメリットも説明してくれる
  • できないことははっきり断ってくれる
  • 認定医の資格がある

このような医師は技術力が高いと言えるため、クリニックのホームページを検索して確認することが大切です。

また、美容クリニックの口コミサイトを参考にするのもよいでしょう。

ヒアルロン酸注射ならTHE FIRST CLINICにご相談ください

ヒアルロン酸注射で理想の表情を作りたいと考えているなら、THE FIRST CLINICにご相談ください。

ヒアルロン酸注射の実績も多く、Googleの口コミでも高評価をいただいています。

特に初めての施術では、不安を多く抱えられている場合が多いです。

そのため、カウンセリングでは疑問を解消できるまで徹底的にお話しすることを心がけています。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【まとめ】ヒアルロン酸注射の効果持続期間を長くしたいなら信頼できる医師へ依頼しましょう

ヒアルロン酸注射は手軽にできる施術として人気がありますが、医師の技術力や使用する薬剤によって効果持続期間が異なります。

せっかく施術を受けるなら、効果は長く持続させたいものです。

施術経験が多く信頼できる医師を選び、理想の表情を作っていきましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31
08月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4
5 6 7
8 9 10
11
12 13 14
15 16 17
18
19 20 21
22 23 24
25
26 27 28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから