COLUMN

コラム

糸リフトのリスク5選!リスク抑えるのに効果的な方法も併せて解説

体への負担が少ない糸リフトにも、リスクは存在します。

施術を検討している方の中には、リスクに関する不安があり、ためらってしまう方もいるでしょう。

しかし、適切な方法を知っていれば、リスクの軽減が可能です。

本記事では、糸リフトのリスクと適切な回避方法について解説します。

とくに糸リフトのリスクが心配と感じている方は、ぜひ記事を参考にしてください。糸リフトのリスクを事前に理解し、不安なく施術を受けましょう。 

そもそも糸リフトとは?

糸リフトは、エイジングケアとして人気の高い美容施術です。

医療用の糸を使用し、シワやたるみの改善効果が期待でき、顔の印象を若返らせます。

シワやたるみ改善効果以外にも、コラーゲンやエラスチンを生成し、美肌効果も実感できるのも特徴です。

即効性があるため、施術直後から効果を実感できます。

糸リフトのメリットや効果

糸リフトは即効性があり、手軽に負担なくエイジングケアができるのがメリットです。

皮膚の切開を行わないため、ダウンタイムが少なく、施術後に長期休みを取る必要がありません。

さまざまな効果がある中でも、とくにリフトアップ効果が代表的です。

皮下組織を内側から物理的に持ち上げ、シワやたるみを改善させます。

糸リフトのデメリットや注意点

他の美容施術と比べても、糸リフトは安全な施術と言われていますが、いくつかデメリットも存在します。

デメリットとしてとくに挙げられるのは、効果の持続期間です。

糸リフトは、一時的に皮下組織を持ち上げる施術であるため、糸が溶けると以前の状態に戻ってしまいます。

その他にも、頻度としては高くないですが、糸の挿入部位から感染するリスクも挙げられます。

糸リフトで考えられるリスク5選

美容施術の中でも、糸リフトは安全性が高いと言われていますが、いくつかリスクも存在します。糸リフトのリスクは、以下の5つです。

  • 肌の凸凹になる
  • 顔が引きつった状態になる
  • 糸が透けて見える
  • ダウンタイム症状がなかなか引かない
  • 患部から感染症にかかる

糸リフトの施術を考えている方は、事前に考えられるリスクを確認しておきましょう。

肌が凹凸になる

糸リフトで考えられるリスクの1つに、肌の凸凹が挙げられます。

しかし、ほとんどの場合は一時的な経過であり、次第に馴染んで凸凹もなくなるので安心してください。

肌の凸凹が起きる原因としては、糸の種類や挿入した際の深さが考えられます。

失敗が考えられる例として、2~3週間経っても改善しない場合は、医師に相談した方がよいでしょう。

顔が引きつった状態になる

糸リフトは、皮下組織を持ち上げるため、顔が引きつってしまうリスクもあります。

顔の引きつりは、糸が神経を刺激してしまっていたり、糸で強く持ち上げすぎたりすると、症状として現れます。

しかし、表情が固まる程ではなく、軽度の違和感がある程度なので、過度な心配はいりません。

通常は、1ヶ月程度で引きつり感もなくなってきます。

H3:糸が透けて見える

糸リフトでは、挿入した皮膚から糸が透けて見えてしまうリスクもあります。

挿入した糸が太すぎたり、挿入位置が浅かったりすることが原因として考えられます。

糸が透けるのを防ぐためには、医師の技術力や肌状態の見極めが重要です。

ダウンタイム症状がなかなか引かない

糸リフトのリスクとして、ダウンタイム症状がなかなか引かない可能性もあります。

長引いてしまうダウンタイム症状として、以下が挙げられます。

  • 腫れ
  • 痛み
  • 赤み
  • 内出血
  • つっぱり感

ダウンタイム症状をなかなか引かないリスクを抑えるには、糸リフトの施術後の過ごし方が重要です。

ダウンタイムの過ごし方は、事前に医師へ聞いておくようにしましょう。

患部から感染症にかかる

糸リフトのリスクの中でも、頻度は高くないですが、患部からの感染も挙げられます。

感染症にかかると、糸の抜去が必要な場合もあり、とくに気を付ける必要があるリスクです。

感染症は、患部から雑菌や細菌が侵入し発症します。

感染のリスクを抑えるためには、手術時から傷が塞がるまで、患部を清潔な状態に保つ必要があります。

糸リフトのリスクを回避するための方法

美容施術の中でも比較的負担の少ない糸リフトですが、リスクもあります。

本項目では、糸リフトのリスクを回避するための方法は以下の3つです。

  • 糸リフトの実績のあるクリニックを選ぶ
  • きちんとカウンセリングを受ける
  • ダウンタイム症状を助長させる行動を控える

糸リフトのリスクを心配している方は、ぜひ参考にしてください。

糸リフトの実績があるクリニックを選ぶ

糸リフトのリスクを回避するためには、実績があるクリニックを選ぶとよいでしょう。

実績が多いクリニックには、糸リフトに関する知識や技術力も高い医師が多く在籍しています。

クリニックの実績は、ホームページやSNSで確認が可能です。

また、実績でクリニックを選ぶ場合は、併せて口コミや評判も確認しておくと、リスクの回避に役立ちます。

きちんとカウンセリングを受ける

リスク回避の方法として、とくに重要なポイントがカウンセリングです。

カウンセリングでは、リスクを回避するための注意事項を医師が丁寧に説明してくれます。

きちんとカウンセリングを受けていなかった場合、重要な情報を聞き逃して、リスクに繋がる可能性もあります。

カウンセリングは利用者の疑問やリスクを解消するために重要なプロセスのため、きちんと受けるようにしましょう。

ダウンタイム症状を助長させる行動を控える

糸リフトのリスクを最大限に抑えるためにも、ダウンタイム症状を助長させる行動は控えましょう。

ダウンタイム症状を助長させると、感染症などの重大なリスクに繋がる可能性もあります。

以下がダウンタイム時に控えてほしい行動なので、意識してください。

  • 患部を冷やす
  • 血行が良くなる行動をとらない
  • 大きく口を動かさない
  • うつ伏せで横にならない
  • 不衛生な手で患部を触らない

糸リフトのリスクが心配な方は、THE FIRST CLINICがおすすめ

糸リフトのリスクが心配な方は、THE FIRST CLINICがおすすめです。

THE FIRST CINICでは丁寧なカウンセリングで、リスクの説明を行います。

また、脳神経外科と複数の大手美容外科で培った知識と技術力を活かして、リスクを抑えた糸リフト施術が期待できます。

【まとめ】適切な方法をとれば糸リフトのリスクは抑えられる!

本記事は、糸リフトのリスクに関して解説しました。

糸リフトにもリスクは存在するため、施術を検討している方は、事前に知識として覚えておきましょう。

また、糸リフトのリスクは、適切な方法をとれば抑えられるので、ぜひ記事を参考にしてください。

リスクに関して悩みや不安があれば、まずはクリニックのカウンセリングで相談してみましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから