COLUMN

コラム

糸リフトの仕組みについて詳しく解説!糸の種類や効果も併せて紹介

エイジングケアとして人気のある糸リフトですが、どのような仕組みで効果を出しているのでしょうか。

糸リフトを受けるなら、仕組みを理解してから、施術に臨みたいものです。

糸リフトの仕組みを知るためには、糸の種類や効果も合わせて覚える必要があります。

本記事では、糸リフトの仕組みや種類を解説します。

他にも糸リフトの効果やよくある質問についても解説するため、ぜひ記事を参考にしてください。

糸リフトの仕組みを理解して、悩みや不安なく施術を受けましょう。

糸リフトの仕組みとは?

糸リフトは、医療用の特殊な糸を皮下組織へ挿入し、皮膚を持ち上げる施術です。

皮下組織へ挿入した糸で、たるんだ皮膚を持ち上げられるため、リフトアップ効果が期待できます。

また、糸を挿入すると刺激により、コラーゲンが生成されます。

糸周辺に生成されたコラーゲンが皮下組織を支えるため、持続的な効果が得られるのも糸リフトの仕組みの一つです。

糸リフトに使用される糸の種類

糸リフトに使用される糸の種類はさまざまです。

糸の種類によっても、持続期間が違うため、それぞれの糸の特徴を覚えましょう。

主に使用される糸の種類は3つです。

  • PDO(ポリジオキサノン)
  • PP(ポリプロピレン)
  • PCL(ポリカプロラクトン)

それぞれの特徴について解説します。

PDO(ポリジオキサノン)

PDO(ポリジオキサノン)は、体内で溶ける糸の中で、最もスタンダードな糸です。

外科手術にも使用される安全性の高い糸であり、摩擦力により高いリフトアップ効果が期待できます。

糸は、1年半程度をかけて徐々に体内に溶けていきます。

糸リフトの種類の中でも安全性が高く、値段もリーズナブルのため、糸リフト初心者におすすめの糸です。

PP(ポリプロピレン)

PP(ポリプロピレン)は、体内に溶けない糸であり、外科手術でも多く使用される糸です。

糸が吸収されないので、長期間の効果が見込めますが、伸縮性が低いため施術後に違和感が出やすいです。

また、糸が体内に残るので、溶ける糸と比べると感染症のリスクも高まります。

デメリットも多いため、現在の糸リフトでは、ほとんど使用されていません。

PCL(ポリカプロラクトン)

PCL(ポリカプロラクトン)は、高い柔軟性を誇り、徐々に時間をかけて吸収される糸です。

持続期間が2~3年と長く、肌にも馴染みやすいので、自然な仕上がりが期待できます。

素材が柔らかいため、挿入時の痛みも少なく、溶ける糸の中では最も長期的な効果を発揮します。

そのため、自然な仕上がりで長期間効果を持続させたい方におすすめの種類です。

糸リフトによって期待できる効果

糸リフトに期待できる効果は、主に以下の3つです。

  • 顔のたるみやシワが改善する
  • 小顔効果がみられる
  • 肌にハリやツヤが出る

それぞれの効果について詳しく解説します。

顔のたるみやシワが改善する

糸リフトは、エイジングケアの中でも人気の施術であり、顔のたるみやシワの改善が期待できます。

医療用の糸で皮下組織を持ち上げ、以下のシワやたるみに効果を発揮します。

  • ほうれい線
  • フェイスラインのたるみ
  • マリオネットライン
  • ゴルゴ線
  • 首のシワ

顔のたるみやしわを改善させるため、30代~50代の女性から人気のある施術です。

たるみやしわの予防効果も期待できるため、20代の方からも好評です。

小顔効果がみられる

糸リフトによって実感する効果には小顔効果も存在します。

顔のたるみやもたつきを改善すると、シャープなフェイスラインへ変化するため、小顔効果が見込めます。

糸リフトの効果は即効性があるので、短期間で小顔が手に入れたい方におすすめです。

フェイスラインにたるみやもたつきがあり、顔が膨らんで見える方は、小顔効果がより実感しやすいでしょう。

肌にハリやツヤが出る

糸リフトには、リフトアップ効果だけでなく、肌のハリやツヤをよくする美肌効果も期待できます。

美肌効果の役割を果たすのは、糸を挿入した刺激で生成されるコラーゲンやエラスチンです。

コラーゲンやエラスチンには、肌のハリやツヤを良くするだけでなく、毛穴の改善効果も期待できます。

リフトアップ効果に加えて、美肌効果も実感できるので、若々しい肌を手に入れたい人におすすめの施術です。

糸リフトに関するよくある質問

糸リフトの施術をこれから受けるか迷われている方は、仕組みや効果以外にも気になることが多くあるでしょう。

次に、糸リフトに関してよくある質問について紹介します。糸リフトに関する疑問点がある方は、ぜひ記事を参考にしてください。

糸リフトのダウンタイム症状と期間を教えてください

糸リフトのダウンタイム期間は、体質や肌状態などの個人差によっても違いますが、1~2週間程度と言われています。

また、糸リフトは体への負担が少ない美容施術ですが、以下のダウンタイム症状が出現する可能性もあります。

  • 腫れやむくみ
  • 痛みや内出血
  • 肌の引きつれ感
  • 口の開けづらさ
  • 肌の凹凸

糸が顔に馴染じむと、ダウンタイム症状は自然と軽減してくるので、過度に心配する必要はありません。

糸リフトの施術に失敗するとどうなりますか

メスを使わずに手軽に施術が受けられる糸リフトですが、失敗する可能性もあります。

とくに糸リフトの仕上がりは、医師の知識や技術力に左右されるため、経験の少ない医師だと失敗する確率も高いです。

失敗の例としては、以下が挙げられます。

  • 肌の凹凸が治らない
  • 顔の引きつり感が強い
  • 顔に左右差が出ている
  • 手術中に雑菌が入り、感染症を起こしてしまう

上記のような失敗をしないためには、信頼できる医師やクリニックをみつけましょう。

糸リフトの施術はどのくらい痛いですか

糸リフトの施術自体は、ほとんど痛みは存在しません。

施術時は、麻酔を注入するため、ほとんど痛みを感じずに終了できるでしょう。

糸リフトで痛みが発生するタイミングとしては、麻酔の注入時とダウンタイム後の痛みが考えられます。

施術自体は、麻酔で痛みを抑えられるため、痛みに弱い方でも安心して受けられます。

糸リフトならTHE FIRST CLINICがおすすめ

糸リフトの施術を受けるならTHE FIRST CLINICがおすすめです。

THE FIRST CLINICでは、丁寧なカウンセリングと適切な技術で糸リフトの施術を提供します。

カウンセリングでは、糸リフトの仕組みを初心者の方でも理解しやすいように説明します。糸リフトを検討している方は、ぜひ気軽にご相談ください。

【まとめ】糸リフトの仕組みで分からないことがあればクリニックに相談しましょう

本記事は、糸リフトの仕組みに関する解説でした。糸リフトの仕組みで重要なポイントは、以下の3つです。

  • 医療用の特殊な糸を使用する
  • 糸を使って皮下組織を持ち上げる
  • 生成されたコラーゲンが皮下組織を支える

仕組みを理解しておくと、糸リフトに関する悩みや不安の解決にも繋がるので、ぜひ本記事を参考にしてください。

もし、糸リフトの仕組みに関して分からないことがあれば、まずはクリニックに相談しましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから