COLUMN

コラム

自然な二重になる整形方法とは?埋没法と切開法についても解説

整形によって自然な二重にしたいものの、詳しいことが分からず悩んでいる方も多いでしょう。

多くの人が、二重整形を受けるなら自然な二重にしたいと思うものです。

自然な二重にするためには、自分に合う術式をみつける必要があります。

本記事では、自然な二重になる整形方法である、埋没法や切開法について解説します。

自分に合う二重整形方法が分からず悩んでいる方は、ぜひ記事を参考にしてください。

自然な二重にするなら埋没法がおすすめ

自然な二重整形を希望するなら、埋没法がおすすめです。

埋没法は、まぶたを切開せずに糸で二重ラインを形成するため、傷が残りにくく自然な二重を作れます。

切開法と比べても、ダウンタイム期間が短いので、学校や会社を長期間休めない方でも周囲の人に整形を受けたことがバレにくいです。

また、施術後に理想とする自然な二重にならなかった場合でも、埋没法であれば元のまぶたに戻せるので安心です。

埋没法と切開法の違いについて

二重整形には、埋没法と切開法の2種類があります。

埋没法と切開法は、向き不向きがあるので、自分に合う二重整形方法を選びましょう。

それぞれの特徴について解説するので、ぜひ参考にしてください。

埋没法

埋没法は、医療用の細い糸を使用し、二重を作る方法です。

まぶたを切開せずに糸で二重を作るため、ダウンタイム期間が短く、術後の傷跡も目立たないなどの特徴があります。

埋没法の施術時間は15~30分程度と短く、糸を取れば元のまぶたに戻せるので、手軽に二重整形を受けられます。

皮膚の切開が不安な方やお試しで二重を作りたい方におすすめです。

切開法

切開法は、まぶたを切開して二重を作る方法です。

部分切開と全切開の2種類があり、二重の形や幅を自由に決められるといった特徴があります。

まぶたを切開して二重ラインを作るため、半永久的に効果が続くうえに、埋没法よりもくっきりとした二重を作りやすいです。

切開法は、埋没法よりも深いラインを作れるので、幅が広い二重を希望の方やまぶたの脂肪が厚い方におすすめの方法です。

4種類の二重ラインのうち自分に合うものを選ぼう

二重ラインは、大きく分けて以下の4種類あります。

  • 奥二重
  • 末広型
  • 平行型(幅狭)
  • 平行型(幅広)

それぞれの二重の種類には特徴があるため、詳しく解説します。

参考にして、自分に合う二重ラインをみつけましょう。

奥二重

奥二重はラインの幅が狭く、一重と二重の中間とよばれています。

まぶたの折りたたみ部分が深いため、目を開けると目頭側のラインが隠れ、目尻側のみ見えるという特徴があります。

奥二重はメイク映えしやすく、相手に若々しい印象や優しい印象を与えます。

日本人の方にも多い種類のため、顔に馴染みやすい二重といえるでしょう。

末広型

末広型は、名前の通り二重ラインが目尻に向かって広がる種類の二重です。

目頭部分の二重ラインが蒙古ひだ(もうこひだ)と呼ばれる部位に隠れる特徴があります。

蒙古ひだは、黄色人種に多いため、日本人の約8割が末広型といわれています。

末広型は、日本人の顔に馴染みやすく、自然な二重を作れるため、二重整形でも選ばれる方が多いです。

平行型(幅狭)

幅狭の平行型は、メイクを濃くしなくても、目が程よくパッチリとするのが特徴の二重ラインです。

目頭から目尻まで幅狭の平行ラインがあり、蒙古ひだの発達が少ないです。

幅狭の平行型は、幅広と比べると、クールで大人らしい印象を与えます。

二重ラインを強調しすぎず、メイクを薄くしても目を程よく大きく見せたい方におすすめの二重です。

平行型(幅広)

幅広の平行型は、くっきりとした二重ラインが形成されており、華やかな印象を与えます。

目頭から目尻まで幅広の平行ラインがあり、蒙古ひだの発達が少ないため、白目の露出が多いという特徴を持ちます。

幅広の平行型は、華やかなイメージを与えるため、芸能人に多い種類の二重です。

平行型を作るには、目の形状に条件が必要なため、希望する方は自分が向いているか医師へ確認しましょう。

自然な二重整形に関するよくある質問

自然な二重整形に関して、よくある質問をまとめました。

二重整形を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

二重が自然に馴染むまで、どのくらいかかりますか?

二重が自然に馴染み完全な形状になるまでは、埋没法が1ヶ月、切開法は3ヶ月程度といわれています。

埋没法と切開法の施術後には、腫れや内出血などのダウンタイム症状があり、症状が引くまでは自然には馴染みません。

目立つ症状が治まるには、埋没法が1週間程度、切開法は2〜3週間程度必要です。

しかし、上記の期間は目安であり二重が自然に馴染むまでの期間は、個人の体質や目の形状によっても違うので注意しましょう。

二重整形は何歳から受けられますか?

二重整形の年齢制限に関しては、クリニックによって異なります。

しかし、一般的には以下の年齢制限を設けるクリニックが多いので、参考にしてください。

  • 埋没法:10歳~
  • 切開法:12歳~

また、現在は成人年齢の引き下げもあり、18歳以上であれば親の許可がなくても二重整形が可能です。

未成年の若いうちに二重整形を考えている方は、今後の成長も考えて、元のまぶたに戻せる埋没法をおすすめします。

二重整形がバレない方法はありますか?

二重整形がバレないようにするためには、ダウンタイム期間の過ごし方が重要です。

整形がバレてしまう要因として考えられるのは、腫れや内出血などのダウンタイム症状です。

ダウンタイム症状がバレないようにするには、以下の方法があります。

  • アイメイクでごまかす
  • メガネやサングラスをかけて隠す
  • 帽子を深くかぶり、目立たないようにする

上記の方法は、どうしても外出する用事がある場合に使いましょう。

しかし、なるべく自宅で安静にした方が、周囲にバレる心配もなく、ダウンタイム症状の治りも早いです。

THE FIRST CLINICでは自然な二重整形を実施しています

自然な二重整形を希望の方は、THE FIRST CLINICがおすすめです。

THE FIRST CLINICでは、埋没法を採用しており、一人ひとりにベストなデザインを提案しています。

また、埋没法は0.1ミリ単位でこだわっており、好みに合わせて二重の形を選べるのが魅力です。

二重整形の保証期間中は、何度でも再手術が可能なため、施術後の仕上がりが心配な方でも安心して受けられます。

【まとめ】自分に合う術式で自然な二重を手に入れよう

本記事は、自然な二重整形の方法と術式に関して解説しました。

自然な二重整形を手に入れるためには、自分に合った術式で受ける必要があります。

そのため、まずは自分の希望する二重はどの種類であるのか確認しておきましょう。

自分に似合う二重が分からない方は、カウンセリングで医師に相談するのも1つの方法です。

もし、二重整形で悩みや疑問がある方は、まずはクリニックのカウンセリングへ申し込みましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから