COLUMN

コラム

美容クリニックでクマ取りをするデメリットとは?メリットについても解説

目の下のクマに悩まされており、美容医療で解決したいと考えているものの、どのようなデメリットがあるか分からず不安に感じている人もいるでしょう。結論、クマ取り治療はデメリットよりもメリットのほうが大きいと言えます。

本記事では、クマ取り治療のデメリットを紹介したうえで、メリットについても詳しく解説します。美容クリニックでクマ取りをしたい人はぜひ参考にしてください。

クマには主に3種類ある

ひとことで「クマ」と言っても、主に3種類に分類され、それぞれ効果的な治療方法が異なります。

  • 黒クマ
  • 青クマ
  • 茶クマ

ここでは、それぞれの判別方法やクマが生じる原因について詳しく解説します。

どのクマが発生しているか判断できない場合は、医師に確認してもらうとよいでしょう。

①黒クマ

黒クマは、加齢とともに目の周りが痩せてくぼんだり、目の下にある脂肪が浮き出てしまったりすることが原因で生じるクマです。

判別方法としては、目の下の皮膚を引っ張ってみてください。引っ張り上げたときにクマが消える場合は、黒クマだと考えられます。

②青クマ

目の周りに十分に血液が巡っていないことが原因で生じるクマが、青クマです。

寝不足や目の酷使、慢性的なストレスが血行不良を引き起こします。

青みを帯びており、皮膚を引っ張るとクマが薄くなる場合、青クマである可能性が高いです。

③茶クマ

正常にターンオーバーができていないことや、アイメイクを落とさずに寝てしまうことが原因で、色素沈着が生じている人にできやすいのが茶クマです。

肌がくすんでいたり、目をこすることが多い人にも、茶クマができることがあります。

目の下の皮膚を引っ張った際に、クマの色味が薄くならない場合、茶クマだと判別できます。

美容医療のクマ取り治療は眼窩脂肪除去と脂肪注入が一般的

美容医療でクマ取りをする場合、主流なのが眼窩脂肪除去と脂肪注入です。

どちらも黒クマの改善に効果が期待できる手術です。

眼窩脂肪除去とは目の下の脂肪を取り除く手術で、目の裏側を数ミリ切開します。

一方で、脂肪注入は眼窩脂肪除去と併用することで効果を発揮します。

目の下の脂肪を取った際に生じたくぼみに脂肪注入することで、適度なふくらみを作り出します。

眼窩脂肪除去と脂肪注入は必ずしも併用するとは限りません。

眼窩脂肪除去だけでは目の下がくぼんでしまう場合に、脂肪注入を行います。

医師に目元をチェックしてもらい、適切な治療を提案してもらいましょう。

青クマや茶クマにはレーザー治療が効果的

青クマや茶クマには、レーザー治療を用いることが多いです。

美容クリニックによって取り扱っているレーザーの種類が異なるため、カウンセリングで説明を受けるとよいでしょう。

なお、なかには塗り薬の処方で治療を進めるケースもあります。

クマ取り治療のデメリット

クマ取り治療のデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • ダウンタイムが生じる
  • スキルのある医師を見極めないと失敗する恐れがある
  • クマの種類を誤ると十分な効果を得られない

デメリットについてあらかじめ理解しておけば、後悔を防げるでしょう。

ダウンタイムが生じる

眼窩脂肪除去と脂肪注入を受けたあとは、1週間~2週間程度腫れや内出血などのダウンタイム症状が発生します。

ただし、良い医師に手術を依頼すれば、コンシーラーで隠せる程度で済む可能性が高いです。

不安な方は、念のため仕事などの予定をなるべく入れないことをおすすめします。

ダウンタイム期間が終わったタイミングで効果を実感できるケースが多いため、焦らず安静に過ごしましょう。

飲酒やマッサージなどの血流が促進される行動を控えたり、頭を心臓よりうえにして過ごしたりすることで、症状の悪化を防げます。

スキルのある医師を見極めないと失敗する恐れがある

目の下は皮膚が薄く繊細な場所であるため、クマ取り治療は医師の力量が問われる美容医療です。

スキルの乏しい医師のもとで手術を受けると、効果を十分に実感できなかったり、不自然な仕上がりになってしまったりする恐れがあります。

公式サイトで実績や症例をチェックする・SNSなどでリアルな口コミを収集する、といった方法で、技術力の高い医師を探しましょう。

知人から医師を紹介してもらう方法もおすすめです。

料金の安さだけで美容クリニックを選ぶと後悔につながりかねないため、注意が必要です。

クマの種類を誤ると十分な効果を得られない

先述したとおり、クマには黒クマ・青クマ・茶クマの3種類があります。

クマによって適切な治療方法が異なるため、正しく見極めないと施術を受けても十分な効果を得られません。

そのため、経験が豊富な医師のもとでカウンセリングおよび治療を受ける必要があります。

クマ取り治療はメリットも多い

クマ取り治療は、デメリットだけでなくメリットもあります。

具体的には、以下のとおりです。

  • 自力では改善できないクマにもアプローチできる
  • 施術時間が短いケースが多い

メリットとデメリットの両方を理解したうえで、治療を受けるか決めましょう。

自力では改善できないクマにもアプローチできる

マッサージや紫外線対策などでクマの改善を試みる人もいますが、セルフケアでクマを治すのは時間がかかるうえに確実性が低いです。

また、黒クマは自力では治せないと言われています。

その点、クマの改善効果が期待できる美容医療を受ければ、自分で改善できないクマに対してもアプローチできます。

とくに本記事で紹介した眼窩脂肪除去と脂肪注入は、1度施術を受ければ半永久的に効果が持続するのが嬉しいポイントです。

施術時間が短いケースが多い

美容クリニックにもよりますが、クマ取り治療は30分~1時間程度で終わることが多いです。

忙しくてまとまった時間を確保しにくい人でも気軽に受けられるでしょう。

カウンセリングを合わせてもあまり時間がかからないため、ぜひ施術を検討してみてください。

THE FIRST CLINICではデメリットを説明したうえでクマ取り治療行います

THE FIRST CLINICは、メリットやデメリット、副作用などを丁寧に説明したうえでクマ取り治療を実施しています。

不安に感じることがある方は、お気軽に質問をしてください。

眼窩脂肪除去は適量の脂肪を取り除くのが難しい手術ですが、当院はカウンセリングに注力し、患者様1人1人の目元の状態をチェックし、絶妙な分量の脂肪を摘出します。

ぜひ1度ご来院ください。

【まとめ】クマ取り治療にはデメリットだけでなくメリットもたくさんある

クマ取り治療は、ダウンタイムが生じる点やクマの見極めが必要な点がデメリットです。

一方で、セルフケアよりも高い効果が期待できるうえに、短時間で施術が終わることが多いというメリットも存在します。

デメリットよりもメリットのほうが大きいと言えるため、ぜひ前向きに検討してみてください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから