COLUMN

コラム

目の下のクマを改善したい!クマの種類別に改善方法を紹介します

目の下にクマができると、疲れた印象になったり老けて見えたりする恐れがあるため、改善したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

クマには主に3種類あり、それぞれ改善方法が異なります。効率よく改善するためには、まず自分のクマがどの種類に当てはまるのか確認することが大切です。

この記事では、目の下にできるクマの種類や改善方法について紹介します。

目の下のクマは3種類ある

目の下のクマは「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類があり、それぞれ見た目やクマができる原因などが異なります。

クマで悩んでいる方は、どのタイプに当てはまるのか確認してみましょう。

青クマ(血行不良)

青クマは目の下が青黒く見えたり、青みがかった血管がうっすらと見えたりします。

目の下の皮膚を軽く引っ張るとクマが薄くなるのが、青クマの特徴です。

青クマができる原因は、寝不足や疲れ、ストレスなどによって血液の巡りが悪くなることです。

目元の血行が悪くなると酸素不足になり、血液が黒っぽくなってしまいます。皮膚はとても薄いため表から見ると青黒いくすみができている印象になります。

また、もともと目の下の皮膚が薄い方や肌が色白の方は青クマができると目立ちやすいです。

茶クマ(色素沈着)

茶クマは目の下が薄い茶色になっていたり、くすんで見えたりします。

皮膚の表面にできているため、引っ張っても薄くなりません。

茶クマは、摩擦や紫外線による刺激でメラニンの生成が増え、排出しきれなかったものが肌に残ってしまっているのが原因です。

またメイクが十分に落ちていなかったり、日焼けした後が消えていなかったりすると、色素沈着によって茶クマが出現することもあります。

目を強くこするクセがある方は、茶クマができやすいです。

黒クマ(肌のたるみ)

黒クマは肌のたるみによって目の下に影ができていたり、くぼんでいる部分が黒っぽく見えたりします。

下に軽く引っ張ったり上を向いたりした時に熊がなくなる場合は、黒クマの可能性が高いです。

黒クマができる主な原因は、加齢によるコラーゲンの減少や筋肉の衰えです。

目の下には眼脂肪があり目の周りの筋肉が衰えると、脂肪が前に出て一緒に肌もたるんでしまいます。

肌のたるみによって目元に凹みができたり、影になったりする部分が現れたりするため、疲れたような印象になるでしょう。

【種類別】目の下のクマの改善方法

目の下のクマを改善する方法は、クマの種類によって異なります。

自分が悩んでいるクマの種類に合わせて、改善方法を試してみましょう。

青クマ

青クマができる原因は血液の巡りが悪いことであるため、血行を促す必要があります。

ホットタオルなどで目元を温めたり、化粧品でケアしたりするのが効果的です。

また青クマは生活習慣の乱れやストレスなども影響しているため、食事や運動、睡眠に注意して規則正しい生活を送りましょう。

茶クマ

茶クマは摩擦や紫外線による色素沈着が原因であるため、メラニンの排出を促すために肌のターンオーバーを整える必要があります。

肌が乾燥しているとオーバーが乱れやすいため、しっかりと保湿しましょう。

またメラニンの生成を抑えるために、外出するときは紫外線対策をしたり、スキンケアで美白成分が含まれている化粧品を使用したりすることも大切です。

特にビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑える働きがあるため、スキンケアアイテムに取り入れると茶クマの予防効果も期待できます。

黒クマ

黒クマができるのは、筋肉の緩みやコラーゲンの減少などで、肌の内側が老化していることが原因です。

スキンケアや目元のトレーニングでたるみを予防することはできますが、たるみを改善したい場合は美容施術を受ける必要があります。

美容施術はさまざまなメニューがあるため、クリニックのカウンセリングを利用して自分に合う方法を見つけましょう。

目の下のクマ改善には美容医療も効果的

目の下のクマはセルフケアで対処できる場合もありますが、美容医療を活用するとより高い改善効果を実感できます。

目の下のクマ改善でよく行われる施術は下の通りです。

  • レーザー治療
  • ヒアルロン酸注入
  • 経結膜脱脂法

美容医療を活用すると短期間で改善ができるため、ぜひ活用してみてください。

ここでは、目の下のクマ改善に効果的な施術について紹介します。

レーザー治療

レーザー治療は、茶クマや黒クマの改善によく使われる施術方法です。

目元は皮膚が薄くとてもデリケートであるため、出力が比較的弱い「ピコレーザー」や「ピコトーニング」などが使われています。

また、レーザーは肌の奥深くにまで熱エネルギーを届けられるため、コラーゲンを作る線維芽細胞を刺激し活性化させることが可能です。

線維芽細胞が活性化することで、コラーゲンやエラスチンの生成が促され、肌のハリが向上するため、黒クマの改善効果が期待できます。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入はふっくらとした肌になるため、たるみによってできた黒クマに効果的な施術です。

注入するヒアルロン酸は種類が豊富にあり、黒クマの状態によってどのタイプを使用するかを医師が判断しています。

またヒアルロン酸は元から体の中に含まれている成分であるため、身体が受け入れやすく、アレルギーのような反応が出にくいのが特徴です。

施術時間も短く、ダウンタイムもほとんどないため、手軽に受けられます。

経結膜脱脂法


経結膜脱脂(けいけつまくだっし)法とは、下まぶたの内側に針穴を開け、脂肪を取り出す施術のことです。

下まぶたの脂肪が飛び出ていることが原因で黒クマができている方は、この施術が向いています。

表面にメスを入れずに施術を行うため、傷が残ることはありません。

施術後は内出血や腫れが出る場合もありますが、メイクなどでカバーできるため、他の人にバレずに黒クマ治療が受けられます。

目の下のクマを改善したいならTHE FIRST CLINICへ

東京都多摩市にあるTHE FIRST CLINICでは、目の下のクマを改善する施術を行っています。

当院の医師は、脳神経外科で働いていた経験があり、顔の構造について熟知しています。

そのため、自然にきれいな目元にするには、肌のたるみや脂肪をどれくらい取りのぞけばいいのか適切に判断することが可能です。

実際に施術を受けた方の満足度も高く、Googleや美容医療予約サイト「トリビュー」などでも高評価をいただいております。

電話でのカウンセリングも行っていますので、目の下のクマでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

【まとめ】目の下のクマは種類によって改善方法が異なる

目の下のクマは「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類があり、それぞれ改善方法が異なります。

自分がどのクマで悩んでいるのか分からない方は、この記事を参考にチェックしてみましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから