COLUMN

コラム

糸リフトはほうれい線に効果的?向いている人やデメリットを解説

糸リフトとは、糸を挿入して肌をリフトアップする施術です。

「ほうれい線が目立ってきた」や「肌のハリ・ツヤを取り戻したい」といった方から注目を集めています。

本記事では、糸リフトの概要や期待できる効果、注意したいデメリットを解説します。

糸リフトが向いている人についても説明するので、美容医療に興味のある方はぜひご覧ください。

糸リフトとは?


糸リフトとは、糸を挿入して皮下組織を物理的に引き上げる施術です。

糸の挿入時に皮下組織が刺激されることで、コラーゲン増生効果があります。

たるみのリフトアップや肌の引き締め、小顔効果が期待できる点が魅力です。

施術に使用される糸は「体内に吸収される糸」と「体内に吸収されない糸」の主に2種類です。

それぞれの糸のメリット・デメリットを比較しました。

体内に吸収される糸 体内に吸収されない糸
メリット ・ダウンタイムが少ない
・糸の追加挿入が可能
・感染症や失敗のリスクが低い
・持続期間が長い傾向にある(半永久的とはいえない)
デメリット ・時間が経つにつれてリフトアップ効果が薄れる ・感染症や失敗のリスクがある

リスクを避けたい場合は、体内に吸収される糸を使用した施術がおすすめです。

糸リフトによるほうれい線治療の効果・メリット

糸リフトによるほうれい線治療の効果・メリットは、主に3つあります。

  • たるみ改善につながる
  • 小顔効果が期待できる
  • ダウンタイムが短い

それでは、1つずつ見ていきましょう。

たるみ改善につながる

糸リフトによるほうれい線治療は、たるみ改善につながります。

「ほうれい線が深く、老けた印象になってしまう」とお悩みの方に向いているでしょう。

さらに、肌のハリ不足によって引き起こされる「たるみ毛穴」の予防にも効果的です。

定期的に施術を受けることで、肌を支えているコラーゲン繊維が増加し、たるみにくい肌が作れます。

小顔効果が期待できる

フェイスラインが整うことで「小顔効果」や「二重顎の改善」が期待できます。

糸リフトによってコラーゲンが増えれば、肌が引き締められる点もメリットのひとつです。

顔の余分な脂肪を除去する「小顔脂肪吸引」と併用すると、より一層小顔に近づけるでしょう。

顎へのヒアルロン酸注入と併用し、シャープなフェイスラインを作るケースもあります。

糸リフトと他の施術を併用したいときは、ドクターに伝えてみてください。

ダウンタイムが短い

糸リフトはメスを使用しない施術のため、体への負担が少なくダウンタイムが短い点が特徴です。

施術時間は20分程度で、通院する必要はありません。

施術後は内出血や赤み、腫れが生じる可能性があります。

個人差はありますが、一般的には施術から1週間程度で腫れがおさまります

ドクターから説明を受けたダウンタイム期間を過ぎても腫れが引かないときは、すぐにクリニックに相談してください。

比較的ダウンタイムが少ないので翌日から仕事をする方も多いですが、心配な場合は施術後2〜3日を休みにするとよいでしょう。

糸リフトによるほうれい線治療が向いている人

糸リフトによるほうれい線治療が向いている人の特徴をご紹介します。

  • ほうれい線が気になっている
  • たるみを改善・予防したい
  • 肌にハリやツヤを出したい
  • フェイスラインを綺麗にしたい
  • 小顔になりたい
  • できるだけダウンタイムを短くしたい
  • メスを使った施術には抵抗がある

メスを使用した切開法よりも、手軽にほうれい線を改善できます。

上記に当てはまった方は、糸リフトを検討してみてください。

糸リフトによるほうれい線治療のデメリット

糸リフトによるほうれい線治療のデメリットは、以下の通りです。

  • 内出血や腫れなどの症状が出る可能性がある
  • 仕上がりに満足できないケースがある
  • 切開フェイスリフトよりも変化が小さい

ダウンタイムが長引く原因となるので、肌が安定するまでは激しい運動や過度な飲酒は控えてください

ドクターとの認識にズレがあると、仕上がりに満足できないことも。

リスクを回避するために、カウンセリングが充実しているクリニックを選ぶことが大切です。

また、糸リフトは切開による施術よりもダウンタイムが短い分、得られる効果は穏やかです。

糸リフトによるほうれい線治療に関してよくある質問

糸リフトによるほうれい線治療に関して、よくある質問をピックアップしました。

  • 何本で効果を実感できるのか?
  • 持続期間はどのくらい?
  • 平均的な値段は?

以下で詳しく解説します。

何本で効果を実感できるのか?

患者様の要望によって異なりますが、糸リフトの平均的な本数は片側に3〜6本(左右合計6〜12本)です。

挿入する糸を多くするほど、強いリフトアップ効果が期待できます。

ただし「糸の本数が多い=美しい仕上がり」というわけではありません。

明らかに多い本数を挿入するとリスクが高まるので、ドクターに相談して適切な本数を選びましょう。

持続期間はどのくらい?

糸リフトの持続期間は、6ヶ月〜1年半が目安です。

挿入する糸の本数が増えるにつれて、持続期間が延びる傾向にあります。

リフトアップ効果を維持したい方は、定期的に施術を受けましょう。

肌の状態が安定していないダウンタイム中に施術部位を刺激すると、持続期間が短縮する原因となります。

ダウンタイム中は肌への刺激を避け、安静に過ごすことが効果を維持するポイントです。

平均的な値段は?

糸リフトは、1本あたり5〜10万が平均的な値段といえるでしょう。

クリニックによって価格は大きく異なるので、施術を受ける前に必ず費用を確認してください。

脂肪吸引といった他の施術とのセット費用、または10本まとめての費用を提示しているクリニックもあります。

THE FIRST CLINICは最新の美容医療を提供します

THE FIRST CLINICは、確かな経験と技術を持った美容医療のエキスパートが施術を担当します。

プライベートな空間でじっくりと時間をかけてカウンセリングを行い、患者様の要望をお伺いします。

糸リフトはもちろん、脂肪吸引やヒアルロン酸注入も対応可能です。

美容に関するお悩みや疑問は、何でもご相談ください。

患者様からは「納得がいくまで説明を聞けた」や「安心して施術を受けられた」とのお声をいただいています。

カウンセリングは無料で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【まとめ】ほうれい線を目立たなくしたいならば糸リフトがおすすめ


糸リフトとは、糸を挿入して皮下組織を引き上げる施術です。

「ほうれい線が気になる」または「肌のたるみを改善したい」という方におすすめです。

カウンセリングが不十分な場合、ドクターとの認識に差異が生じて思い通りの仕上がりにならない可能性があります。

美しい仕上がりにするためには、信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから