COLUMN

コラム

糸リフトの失敗事例や原因は?失敗しないポイントも解説

「糸リフトが気になるけど、失敗しない?」

「もし失敗したらどうなるの?」

糸リフトは、メスを使用せずに顔のリフトアップができる施術です。

施術時間も30分ほどで終わるため、仕事や学校帰りなど気軽に糸リフトをする人が多いです。

自分が希望するような仕上がりになればよいですが、思ったような結果が出ないこともあります。

この記事では、糸リフトの失敗事例や原因を説明していきます。

糸リフトで失敗しないための解説もしているため、ぜひ参考にしてください。

糸リフトとは


糸リフトとは、髪の生え際から極細糸を挿入し皮下組織を引っ張り上げる施術です。

フェイスラインや目元などのたるみやシワを改善する治療法ですが、小顔効果もあるため若い女性にも人気があります。

糸を挿入することで皮下組織に刺激が与えられるので、コラーゲンが生成され美肌効果が得られるメリットもあります。

切開しない施術のためダウンタイムが短く、長期間の休みが取れない人にもおすすめです。

使用する糸は大きく分けると2種類あります。

  • 体内に吸収される糸
  • 体内に吸収されない糸

体内に吸収される糸は、挿入後に徐々に溶けていきます。

リフトアップ効果は1〜2年程度のため、シワやたるみが少ない状態を維持したいなら、定期的に糸リフトの施術を受けることが必要です。

体内に吸収されない糸は、溶ける糸と比べると効果は持続しやすいですが、半永久的に効果があるとは言えません。

吸収されない糸は肌がでこぼこになったり引きつれたりする状態が続く可能性があります。

糸リフトの失敗事例3つ

糸リフトでは、このような失敗例が多くみられます。

  1. 引きつって見える
  2. でこぼこになる
  3. 糸が透けて見える

施術前のカウンセリングで丁寧に話を聞いてくれるクリニックや、医師の実績数を確認することが失敗を防ぐポイントです。

1.引きつって見える

糸リフト施術直後は麻酔の影響で引きつって見えることがありますが、ほとんどの人が当日〜2週間程度で落ち着きます。

しかし、糸の引っ張りすぎの場合、落ち着くまで1か月程かかることもあります。

引きつりの原因として、本人の肌に合った糸が選択されていないことが多いです。

1か月以上経過しても状態が変わらない場合は、施術をした医師に相談しましょう。

2.でこぼこになる

施術後、一時的に肌の表面がでこぼこになることはあります。

しかし、2〜3週間たっても変わらない場合は失敗の可能性も考えられるでしょう。

糸を挿入する深さが適切でない場合や肌に合っていない糸を使用している場合があります。

頬など肌のカーブに合わせて糸を挿入するのは、難しい技術です。

そのため、医師の経験や症例数を確認することが大切になります。

3.糸が透けて見える

糸リフトで使用する糸が肌から透けて見えたり、触って糸の感触がわかる場合は、失敗かもしれません。

太い糸やコグの大きい糸を使うと透けやすくなります。

肌が薄い人は細い糸を使用することや、太い糸が必要な場合は深い場所に入れるなど、その人の皮膚の厚みに合わせた対応が必要です。

肌にはそれぞれ個人差があるため、失敗しないためには医師の技術が重要となります。

糸リフトの失敗原因

糸リフトで失敗する原因として以下のようなことがあります。

  • 糸の種類が合わなかった
  • 施術後にマッサージをしてしまった
  • 医師の技術やカウンセリング不足

糸の種類が合わなかった

糸リフトで使用する糸には色々な種類がありますが、合わない場合ひきつれやでこぼこが起こり、糸が透けることもあります。

また、使用する糸には溶ける糸と溶けない糸があり、それぞれ特徴も異なります。

どの程度リフトアップさせるのか、希望や肌質に合わせて糸を選択するため、カウンセリングでしっかり確認が必要です。

施術後にマッサージをしてしまった

施術後の注意事項として、マッサージは控えた方がよいという項目があります。

マッサージをすることで、糸がひきつれて痛みや腫れ、内出血が長引く可能性があります。

肌に糸がなじむまで1か月かかるため、あまり触らないようにしましょう。

違和感があっても症状が落ち着くまでマッサージはせず、医師の指示を守ることが大切です。

医師の技術やカウンセリング不足

糸リフトの施術の前には、カウンセリングがあります。

自分自身が希望する状態と医師が考えているイメージにズレがあった場合、思うような仕上がりにはなりません。

カウンセリングの際にイメージに近い写真や画像を持参すると、医師と仕上がりを共有しやすくなります。

また、カウンセリングにも以下のようなポイントがあります。

  • 丁寧なカウンセリングか
  • リスクについて説明があるか
  • 自分に合った方法を提案してくれるか

このような内容がしっかり行われていれば、失敗は少なくなるでしょう。

糸リフトで失敗しないためには

糸リフトは、皮膚がたるみすぎていない人に適している施術です。

その人に合った施術を提案するのが、よい医師と言えるでしょう。

  • 医師の実績を確認する
  • カウンセリングを丁寧に行うクリニックを選ぶ

糸リフトで失敗しないために、このようなポイントの確認が必要です。

医師の実績を確認する

糸リフトで失敗しないためには、クリニックや医師の実績の確認が重要です。

同じ糸リフトの施術でも一人ひとり肌の状態は異なります。

多くの実績があればさまざまな状態を経験しているため、安心できます。

クリニックのホームページでも確認できることが多く、事前に調べてみるとよいでしょう。

カウンセリングを丁寧に行うクリニックを選ぶ

施術の前にカウンセリングがあるため、自分の希望やイメージを的確に伝えることが必要です。

疑問や不安に思っていることを伝えましょう。

めんどくさがらず、繰り返し質問してもしっかり回答してくれる医師を選ぶことが大切です。

説明を受けて自分が納得してから施術を受けましょう。

THE FIRST CLINICはカウンセリングを重視しています

THE FIRST CLINICは糸リフトの施術を得意としています。

事前のカウンセリングを重視しており、患者様の不安や悩みをしっかりとお聞きします。

医師から見ると成功と思っても、患者様から見ると思うような仕上がりにならず失敗と思ってしまうことがあるかもしれません。

THE FIRST CLINICではそのような相違がないように、カウンセリングでしっかりと確認をしてから施術を行っています。

【まとめ】糸リフトの失敗事例を把握してから施術を受けましょう


糸リフトの施術は、必ず成功するとは言えません。

失敗しないためにはクリニックを慎重に選ぶことが大切です。

美容クリニックのホームページを調べ、症例写真や医師の実績を確認しましょう。

また、口コミも参考にするとよいでしょう。

事前のカウンセリングではデメリットや副作用のリスクの説明も受けて、納得したうえで施術を受けることが必要です。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30
07月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28
29 30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから