COLUMN

コラム

二重整形は埋没法と切開法、どっちがいいの?2つの違いやおすすめな人を解説

「二重整形をしたいけど、埋没法と切開法ってどっちがいいのかな」

「埋没法と切開法のそれぞれのメリットとデメリットを知りたい」

埋没法はダウンタイムが短く、切開法は効果が半永久的に長持ちしやすいなどメリットが違います。

そのため、施術を受ける前にどちらの方法がよいのか確認が必要です。

本記事では、二重整形の埋没法と切開法のメリットやデメリットを説明していきます。

二重整形の埋没法とは


埋没法とは、まぶたの裏から糸を入れて二重のラインを作る施術です。

切開法と異なりメスは使用せずに二重を作るため、傷跡も残りにくくダウンタイムも短く終わります。

埋没法のメリット

埋没法のメリットは以下の通りです。

  • 施術の跡が目立たない
  • 施術に時間がかからない
  • ダウンタイムが短い
  • 費用は切開法と比べると安い

埋没法は、糸をまぶたの裏から挿入するため表面からは傷が目立ちません。

施術自体は15〜20分程度で終了し、術後の抜糸も必要ありません。

施術後は腫れが数日〜1週間、内出血も2週間程度で消失するため、ダウンタイムも比較的短いです。

内出血もそれほどひどくならず、ファンデーションで隠せる程度でしょう。

具体的な費用は美容クリニックによって異なりますが、切開法と比べると比較的安くなります。

埋没法のデメリット

埋没法には以下のようなデメリットもあります。

  • 糸がゆるんだり切れたりする可能性がある
  • 埋没法に向いていないまぶたがある

埋没法は二重の状態を糸で固定しているため、目をこすったり加齢によってまぶたが下がってきたりした場合には、糸が切れたりゆるんだりします。

埋没法に向いていないのは以下のような人です。

  • まぶたが厚い人
  • 幅の広い二重にしたい人
  • 埋没法を受けたが取れてしまったことがある人

まぶたが厚い場合、糸の力だけで持ち上げることは難しいです。

幅の広い二重の場合も、糸では十分に固定ができず思うような仕上がりにならないことがあるため注意が必要です。

また、過去に埋没法で糸が取れてしまった人は、埋没法に向いていない可能性があります。

次に同じ施術を行ってもまた取れてしまうことが考えられるため、切開法が向いているかもしれません。

二重整形の切開法とは

切開法とは、まぶたの表面からメスで切開して二重まぶたにする施術です。

切開法は埋没法よりデザインの自由度が高いため、美しい二重まぶたが実現できます。

また、長い期間効果が長持ちするのが特徴です。

切開法のメリット

切開法には以下のようなメリットがあります。

  • 二重の効果がしっかり維持されやすい
  • 皮膚や脂肪が同時に切除できる

切開法は埋没法と異なり皮膚を切開して筋肉に縫い付けるため、二重の効果は半永久的となります。

また、二重まぶたを作る施術中に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができるため、まぶたの厚い人におすすめできます。

埋没法と比べると身体への負担は大きいため、アフターフォローがしっかりしているクリニックを選びましょう。

費用は埋没法と比べると高くなりますが「効果を長持ちさせたい」と考えている人にはおすすめです。

切開法のデメリット

切開法のデメリットは以下のようになります。

  • 傷跡が残る可能性がある
  • ダウンタイムが埋没法より長い
  • 手術時間が長い

切開法はメスを使用し切開するため多少傷跡が残りますが、二重のラインに沿ってできるためあまり目立ちません。

埋没法と比べるとダウンタイムは長く必要になります。

腫れや痛みも強いため、処方された痛み止めを服用し、まぶたをしっかりと冷やしましょう。

まぶたの状態が落ち着くまで2~3週間かかるため、会社や学校の長期休暇の前に施術することをおすすめします。

1か月程度で自然な二重まぶたになってきます。

手術時間は、埋没法より長くかかり1時間前後必要です。

術中は麻酔をしますが、押されたり引っ張られたように感じることがあります。

失敗ができないため、事前のカウンセリングで仕上がりの希望をしっかりと伝えましょう。

二重整形の埋没法と切開法はどっちがいいの?

埋没法と切開法には、それぞれメリットやデメリットがあります。

自分の希望する二重まぶたのデザインやダウンタイムの期間、予算などの条件をふまえた上で、自分に合った方法を検討しましょう。

それぞれの違いをふまえて、おすすめな人を解説していきます。

埋没法がおすすめな人

埋没法がおすすめな人は、以下のような人です。

  • まぶたを切るのが不安な人
  • 施術時間やダウンタイムを短くしたい人
  • 費用を安くしたい人

埋没法は施術時間も約15〜20分と短く、気軽に受けられる二重手術です。

ダウンタイムも短いため、周囲に知られることも少ないでしょう。

費用面でなるべく負担をかけたくない人にもおすすめです。

また、「二重まぶたにしたいけれどいきなり切開するのは不安」「とりあえず埋没法をやってみて様子を見たい」という人にもよいでしょう。

切開法がおすすめな人

切開法がおすすめな人は、以下のような人です。

  • 長い期間、効果を得たい人
  • 目の上のたるみが気になる人
  • 埋没法で糸が切れてしまう人

埋没法は、目の裏から糸で固定するため取れてしまう可能性があります。

一方、切開法はしっかりと筋肉と固定するため、効果は長く期待できます。

「埋没法を何度かやってみたけどいつも数年で取れてしまう」「二重の状態を長く保ちたい」という人におすすめです。

また、まぶたを切開する際にたるんだ皮膚や余分な脂肪を除去できるため、気になっている人には向いていると言えるでしょう。

THE FIRST CLINICは仕上がりに細かくこだわり二重整形を行います

THE FIRST CLINICは、二重整形を得意としています。

院長が自らカウンセリングを行い、理想の二重まぶたにであえるまで丁寧にシミュレーションしていきます。

院長は元々脳神経外科の医師のため、細かい施術も得意です。

二重手術も0.1mm単位にこだわって理想の形をめざしています。

二重まぶたにしたいけれど、埋没法か切開法のどっちがいいのかわからない人は、ぜひお問い合わせください。

二重以外にも整形や美容以外の症状でも親身になってお聞きします。

カウンセリングのみでも受付しています。

【まとめ】二重整形の埋没法と切開法はどっちがいいのか理由を把握しましょう


二重整形には埋没法と切開法がありますが、まぶたの状態や施術後のダウンタイムによっておすすめする方法は変わってきます

埋没法は手軽にできますが、半永久的に効果は継続しません。

一方で、切開法はダウンタイムは長いですが、くっきりとした二重まぶたを作ることができます。

施術を受ける前に、それぞれのメリットやデメリットを把握しましょう。

カウンセリングでしっかりと不安や疑問を解消してから施術を受けることが大切です。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

05月/ 2024× = 休診日
1 2 3 4
5 6
7 8 9 10 11
12
13 14 15
16 17 18
19
20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31
06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから