COLUMN

コラム

目の下のふくらみ取り手術は何をする?内容・痛み・期待できる効果を解説!

昔はなかったのに、いつの間にかできてしまった目の下のふくらみにがっかりした方もいるでしょう。

目の下のふくらみは、セルフケアではなかなか改善できません

そこで、本記事では、目の下のふくらみ手術の内容と痛みについて解説しています。

目の下のふくらみをきれいに取って、若々しく健康的な目元を手に入れましょう。

目の下のふくらみの原因


目の下のふくらみの正体は、眼窩脂肪とたるんだ皮膚です。

眼窩脂肪は誰にでもあるものですが、加齢によって、目の下のふくらみに変化することがあります。

ここからは、目の下のふくらみの原因を解説していきます。

目元の筋力の低下

目の下のふくらみの正体は、眼窩脂肪です。

眼窩脂肪は誰にでもあり、眼球のクッションの役割をしています。

眼球は、眼輪筋とよばれる、ドーナツ状の筋肉や、目の周りのじん帯によって支えられていますが、加齢でこれらの筋肉やじん帯がゆるむと、眼球の位置が下に下がります。

このとき、眼球の重さで、眼窩脂肪が押し出されて皮膚をふくらませるので、目の下にふくらみができるのです。

肌の弾力低下

目元の皮膚も、加齢や紫外線の影響で、コラーゲン・エラスチンが現象し、ハリが減っていきます。

眼窩脂肪の押し出しに加え、ハリがなくたるんだ目元の皮膚が原因で、目の下がふくらんで見えます。

目の下のふくらみ取り手術

目の下のふくらみは、セルフマッサージや表情筋エクササイズでは、取るのが難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、美容クリニックでの目の下のふくらみ取り手術です。

目の下のふくらみ取り手術には、皮膚を切るか切らないかで2種類の方法があります。

ここからは、目の下のふくらみ取り手術について、解説していきます。

皮膚を切る目の下のふくらみ取り

皮膚を切る目の下のふくらみ取りは、目の下の脂肪を取り除いてから、余った皮膚を切り取る手術です。

眼窩脂肪は、下まぶたの結膜(あっかんべーをして見えるところ)を切開して取り除いたあと、下まぶたの生え際から、余分な皮膚を切り取ります。

目の下のふくらみだけでなく、皮膚のたるみが気になる方におすすめの施術です。

皮膚を切らない目の下のふくらみ取り

皮膚を切らない目の下のふくらみ取りもあります。

この場合、下まぶたの結膜から、眼窩脂肪を取り除きます。

表側からは切開したところがわからないので「切らない目の下のたるみ取り」と表現しているクリニックもあります。

皮膚を切開しないので、傷跡も見えず、比較的若い年代の方でも受けられる施術です。

目の下のふくらみ取りの痛み

目の切開というと痛そうなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

ここからは、手術中・術後の痛みについて解説していきます。

手術中:麻酔で痛みを感じにくい

目の下のふくらみ取りでは、手術前に局所麻酔や静脈注射による麻酔をします。

したがって、手術中は痛みを感じることはほぼないと言ってもいいでしょう。

術後:ダウンタイム中はジンジン痛むことも

手術後は、ジンジンとした痛みが出る方もいます。

痛みは、術後2~3日をピークに、だんだん薄れていきますが、心配な方は、痛み止めを処方してもらうと安心です。

目の下のふくらみ取り手術の失敗例

目の下のふくらみ取りは、下まぶたのどの位置から、どれくらい脂肪を取り除くのかで仕上がりが変わります

ここからは、目の下のふくらみ取り手術の失敗例を紹介します。

目の下がくぼむ

目の下のふくらみ取りで、脂肪と取りすぎると、目の下がくぼんで、かえって影が目立つようになります。

目の下がくぼんでしまった場合、ヒアルロン酸や脂肪を注入で改善が見込めますが、眼窩脂肪を取りすぎないように、最初から医師を慎重に選びましょう。

目のシワ・たるみが増える

眼窩脂肪を取りすぎてしまった場合、眼窩脂肪がなくなったことで余った皮膚がたるんだり、シワになったりすることがあります。

目の下がくぼんでしまった上に、皮膚が余ると、若々しい目元から遠ざかってしまうため、価格だけでクリニックを選ばないことが重要です。

目の下の皮膚が変色する

目の下のふくらみを取りすぎてしまい、皮膚から血管が青く透けて見えることもあります。

また、目の下がくぼんだ影響で、余計に暗く見えるのも、失敗例の一つです。

目の下のふくらみ取りで期待できる効果

目の下のふくらみ取りは、ダウンタイムが比較的短く、リスクも少ないことから人気の施術です。

ここからは、目の下のふくらみ取りで期待できる効果を紹介します。

疲れ顔から解放される

目の下のふくらみを取ることで、疲れ顔から解放されるのが大きな効果です。

目の下にふくらみがあると、上から光が当たったときに影となり、コンシーラーでは隠せない「黒クマ」となります。

黒クマは寝不足を解消しても消えないので、何をしても疲れて見えるのが難点です。

目の下のふくらみを取ることで、影ができなくなるので、黒クマから解放され、健康的な印象に変化するのが、最大の効果といえるでしょう。

将来の目元のたるみ予防

眼窩脂肪を取り除くことで、将来のたるみ予防につながります。

眼窩脂肪は、目のまわりをぐるりと取り囲んでいるので、生活習慣によっては、また下がる可能性もあります。

しかし、一度余分な脂肪と皮膚を切除しているので、以前よりはたるみが出にくいと予想されます。

H2目の下のふくらみ取りならTHE FIRST CLINICに相談を

THE FIRST CLINICは、多摩センター駅程近くの美容クリニックです。

院長の惟村医師は、脳神経外科での勤務歴が長く、痛みに関して、より感じにくい施術にこだわっています

痛みがあると、緊張で身体がこわばって内出血をおこしやすくなるので、痛みの軽減に努めています。

THE FIRST CLINICでは、目の下のふくらみ取り手術のほか、注射や皮膚切除メニューも取り揃えています。

カウンセリングから施術まで、一貫して院長が行うので、希望を伝えやすいのもTHE FIRST CLINICの特徴といえます。

ていねいなカウンセリングとアフターケアが評判なので、目の下のふくらみ取りで悩んでいた方は、一度THE FIRST CLINICにカウンセリングにお越しください。

【まとめ】目の下のふくらみ取りは脂肪と皮膚の除去が一般的 自分に合った施術を受けよう


目の下のふくらみは、眼球のクッションである眼窩脂肪が押し出されたものです。

眼窩脂肪はセルフケアではなかなか取れないので、美容外科での手術が、一番確実に目の下のふくらみを取る方法といえます。

目の下のふくらみ取りは、脂肪を取りすぎても残しすぎても失敗につながるため、適切な量をしっかり取ることが重要です。

眼窩脂肪を適切に除去するためには、医師の経験と知識が必要なので、クリニックを選ぶ際は、値段ではなく、実績や口コミを参考に選ぶようにしましょう。

目の下のふくらみを取って、若々しく健康的な印象を手に入れましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28 29 30
05月/ 2024× = 休診日
1
2 3 4
5
6 7 8
9 10 11
12
13 14 15
16 17 18
19
20 21 22
23 24 25
26
27 28
29
30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから