COLUMN

コラム

唇ヒアルロン酸注入のダウンタイムはどれくらい?期間と長引かないための過ごし

唇にヒアルロン酸を入れたいけれど、ダウンタイムはどれくらいか気になる方もいるでしょう。

唇は食事で見られるので、ダウンタイム中は予定を入れたくありませんよね。

そこで本記事では、唇ヒアルロン酸注入のダウンタイムを解説しています。

バレずに可愛らしい唇を手に入れたい方は、最後までご覧ください。

唇のヒアルロン酸注入のダウンタイム


唇のヒアルロン酸注入のダウンタイムは、1~2週間で、そのうち、腫れのピークは2~3日と言われています。

唇のヒアルロン酸注入では、施術後の禁止・制限はほとんどありません。

麻酔が切れたら、食事もできますが、念のため、辛いものや刺激の多い食べ物・固いものを避けて、やわらかいものを中心に食べましょう。

施術当日のリップメイクも避けましょう。

唇のヒアルロン酸注入では、ダウンタイム中に唇に違和感が残ることがあります。

しかし、手で触ってしまうと、雑菌がついてしまったり、ヒアルロン酸が他の場所に移動するリスクがあるので、触らないように注意が必要です。

唇へのヒアルロン酸注入で起こるリスク

唇のヒアルロン酸注入は手軽に唇の形を変えたり、縦ジワを消してぷっくりさせられますが、術後のリスクもあります

ここからは、唇へのヒアルロン酸注入で起こるリスクを解説します。

腫れ・しこり

唇にヒアルロン酸を注入すると、腫れやしこりになることがあります。

考えられる原因は、次の3つです。

  • 使用したヒアルロン酸が合わなかった
  • ヒアルロン酸が十分に混ざらないまま注入された
  • 適切な深さにヒアルロン酸が注入されなかった

もししこりができてしまった場合でも、痛みがなければ様子を見てもいいでしょう、

しかし、腫れがひどくなったり、痛みが出た場合は、すぐにクリニックに連絡するようにしてください。

むくみ

注入したヒアルロン酸が、 周りの水分を吸収して施術部位がむくむことがあります。

むくみが落ち着くまでは1~2週間かかることも。

むくみを抑えながら施術をしたい場合は、 ヒアルロン酸を複数回に分けて注入する方法もあります。

赤み・内出血

ヒアルロン酸注入をしたところが赤くなったり、内出血を起こすこともあります。

唇のヒアルロン酸注入に限らず、注射には、内出血のリスクがつきものです。

大抵は1~2週間でもとの色味に戻ります。

痛み

唇は神経が集中しているので、施術時に痛みが出ることがあります。

痛みが心配な方は、カウンセリングで事前に麻酔について質問してみましょう。

左右差

唇のヒアルロン酸注入では、左右差が起こることがあります。

原因は医師の技術不足です。

人間の身体はは左右対称ではないので、入れる場所や分量を間違えると、かえって左右非対称の仕上がりになります。

皮膚の壊死

ヒアルロン酸による塞栓で、最悪の場合 皮膚が壊死することがあります。

塞栓とは ヒアルロン酸が血管を塞いで、 一種の血栓となることです。

塞栓は、医師の技術とは関係なく、細くて尖った針を使うことによって、起こるリスクが高まります

唇のヒアルロン酸注入のダウンタイムの過ごし方

ここからは、唇のヒアルロン酸注入のダウンタイムの過ごし方を紹介します。

唇を触らない

唇を触ると雑菌が入って、感染症を起こすリスクが高まります。

ヒアルロン酸を入れた直後は、異物感を感じて、つい指で触りたくなりますが、触らないようにしましょう。

食事の制限は特にありませんが、念のため、刺激の強いものや固いものは避けた方が無難です。

施術後は、麻酔が切れたら普段通り食事ができます。

血行が良くなる行為を避ける

施術後2~3日は、入浴 サウナ 激しい運動などの血行が良くなる行為を避けましょう。

血行が良くなると内出血のリスクが高まるためです。

施術後すぐに、マッサージやエステを受けると、ヒアルロン酸が注入部位から移動する可能性があります。

ダウンタイムが終了するまで、マッサージ・エステは控えた方がいいでしょう。

患部を冷やす

患部を冷やすことで、痛みをやわらげられます。

また、冷やすことで、血管が収縮するので、内出血になりにくい環境作りが可能です。

冷やす場合は、保冷剤を清潔なタオルやハンカチにくるんで、やさしく唇に当てるのがおすすめです。

唇ヒアルロン酸注入のダウンタイムによくある質問

ここからは、唇のヒアルロン酸注入のダウンタイムによくある質問に回答していきます。

唇のヒアルロン酸注入はキスでバレますか?

唇のヒアルロン酸注入がキスでバレることはほとんどありません。

唇に適した、やわらかいヒアルロン酸を使えば、もとの唇がボリュームアップしたような仕上がりになるので、バレる可能性はかなり低いと言えるでしょう。

しかし、注入するヒアルロン酸が固いものだったり、注入量が多すぎる場合、キスでバレることがあります。

唇ヒアルロン酸注入の持続期間はどれくらいですか?

唇のヒアルロン酸注入の持続期間は、半年から1年程度です。

ヒアルロン酸は体内に徐々に吸収されていくため、注入直後のようなボリュームをキープするためには、定期的に注入するのがいいでしょう。

ヒアルロン酸溶解注射はいつから効き目が出ますか?

注入したヒアルロン酸がしこりになってしまったり、理想の形にならなかった場合に、ヒアルロン酸溶解注射を使うことがあります。

ヒアルロン酸溶解注射は、1日ほどでヒアルロン酸を溶かして体内に吸収させられます。

ヒアルロン酸で腫れや痛みが続く場合は、まず施術を受けたクリニックを受診しましょう。

THE FIRST CLINICはカウンセリングから施術まで院長が担当

THE FIRST CLINICは、多摩センター駅すぐの美容クリニックです。

THE FIRST CLINICの特徴は、カウンセリングから施術まですべて院長が担当することといえます。

唇のヒアルロン酸注入は、メスを使わないとは言え、目立つ部位だけに、失敗がこわいという方も多いのではないでしょうか。

初めて唇にヒアルロン酸注入を入れる方も、初診から施術まで一貫して院長に担当してもらうことで、不安が軽くなるかもしれません。

ぜひお気軽にカウンセリングにお越しください。

唇ヒアルロン酸注入のダウンタイムは1~2週間 痛みや腫れがひどい場合は受診を


唇のヒアルロン酸注入のダウンタイムは、1~2週間と言われています。

ダウンタイム中は、腫れや内出血が出たり、むくんで唇がパンパンになる可能性があるので、数日間は予定を入れないのがおすすめです。

ダウンタイム中は、血行が良くなる行為を避け、患部を冷やして静かに過ごし、もし痛みやほてりが出た場合は、クリニックに相談しましょう。

唇のヒアルロン酸注入を成功させて、ぷっくりとした魅力的な唇を手に入れましょう。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024× = 休診日
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13
14
15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27
28 29 30
05月/ 2024× = 休診日
1
2 3 4
5
6 7 8
9 10 11
12
13 14 15
16 17 18
19
20 21 22
23 24 25
26
27 28
29
30 31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから