COLUMN

コラム

涙袋のヒアルロン酸は痛い?施術中・施術後の痛みを和らげる方法を紹介

ヒアルロン酸注入は、理想の涙袋に近づける施術です。

ぷっくりとした涙袋は、かわいらしい印象を与えてくれます。

しかし「注射が苦手」または「痛みに弱い」といった方は、注射を用いた施術をためらっているかもしれません。

本記事は、涙袋へのヒアルロン酸にまつわる痛みや、痛みを和らげる方法について解説します。

施術のメリット・デメリットもご紹介するので、ぜひご覧ください。

涙袋へのヒアルロン酸注入は痛い?


ヒアルロン酸を注入する際は、特殊な極細の針を使用します。

チクッとした軽い痛みを感じますが、耐えられないほどではありません。

しかし、痛みの感じ方は個人によって異なるため、不安な場合は麻酔を使用するとよいでしょう。

もし施術中に強い痛みを感じたときは、我慢せずにすぐドクターに伝えてください。

涙袋へのヒアルロン酸注入で痛みを感じるタイミング

涙袋へのヒアルロン酸注入において、タイミングごとに痛みの感じ方をまとめました。

タイミング 痛みの感じ方
術前 テープ麻酔や麻酔クリームの場合、ヒリヒリした痛みを感じる方もいます。
局所麻酔を打つときは、注射による軽い痛みがあります。
術中 麻酔をしていなければ、チクッとした痛みを感じます。
麻酔が効いていると、痛みは感じません。
術後 内出血や腫れ、赤みといった症状が出る可能性があります。
ダウンタイム中は「ジンジンとした痛み」や「目の違和感」を感じやすいです。

ヒアルロン酸注入は痛みの少ない施術なので、初めて美容医療を受ける方にもおすすめです。

ヒアルロン酸注入の痛みを和らげる方法

ヒアルロン酸注入の痛みを和らげる方法は、以下の通りです。

  • 麻酔を利用する
  • 安心できるクリニックを選ぶ

施術での痛みが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

麻酔を利用する

痛みが心配な方は、カウンセリングの際に「麻酔を利用したいこと」を伝えましょう。

ヒアルロン酸注入で使用される麻酔の主な種類は、以下の通りです。

  • 麻酔テープ……局所麻酔作用のあるテープを施術部位に貼る
  • 麻酔クリーム……肌の表面にクリームを塗り、皮膚の感覚を鈍らせ痛みを軽減させる
  • 局所麻酔……患者様の意識は保ったまま、施術部位に注射で麻酔を投与して痛みをなくす
  • 笑気麻酔……鎮痛・鎮静効果のある笑気ガスを吸入する

なお、麻酔に別途費用かかるクリニックもあります。

安心できるクリニックを選ぶ

安心できるクリニックを選ぶことも、痛みを和らげる方法のひとつ。

緊張していると体に余分な力が入り、注射時に痛みを感じやすくなります。

「リラックスできる空間で施術を受けられるか」という点も、痛みに大きく関係するのです。

スキルの高いドクターは、これまでの経験にもとづいてスムーズに施術を行います。

針を刺す回数を最小限にしたり、患者様が安心できるように声をかけたり、こまやかな配慮ができるでしょう。

「注入量が多すぎる」や「何度も針を刺し直す」などの不適切な施術は、ダウンタイムを長引かせます。

コスト重視でクリニックを選んだ結果、内出血や腫れによる痛みが続き、後悔するケースも少なくありません。

安心して施術を受けるためには、クリニック・ドクター選びにこだわることが大切です。

涙袋へのヒアルロン酸注入のメリット

涙袋へのヒアルロン酸注入に関して、主なメリットを5つご紹介します。

  • 施術による痛みが少ない
  • ダウンタイム期間が短い
  • 手頃な価格で施術を受けられる
  • 華やかな印象を与えられる
  • 目が大きく見える
  • メイク時間を短縮できる

施術時間はおよそ10分と短く、施術内容にもよりますがダウンタイムは約3日〜1週間です。

施術後は日常生活にほとんど支障をきたしません

ヒアルロン酸注入の料金相場は2〜10万円程度で、他の美容医療よりも手頃な価格で施術を受けられます。

施術によって涙袋が理想の形に近づけば、毎日のメイク時間が短くなる点もポイントです。

涙袋へのヒアルロン酸注入のデメリット

ヒアルロン酸を涙袋に注入するデメリットは、以下の通りです。

  • 持続期間に限りがある
  • 内出血や腫れが生じる可能性がある
  • ドクターの技術によって仕上がりが左右される

ヒアルロン酸は時間をかけて少しずつ体内に吸収されるため、持続期間は永久ではありません

理想的な涙袋を維持するには、定期的に施術を受ける必要があります。

内出血や腫れが生じる場合があるので、大事な予定の直前に施術を受けるのは避けたほうがよいでしょう。

基本的にはメイクで隠せる程度の腫れなので、ほとんどの方が問題なく日常生活を送れます。

経験の浅いドクターが施術した場合「左右差が出る」または「不自然に膨らみすぎる」といった失敗が起こることも。

クリニックのホームページに掲載されている症例写真を確認し、技術力のあるドクターを選びましょう。

涙袋へのヒアルロン酸注入に関してよくある質問

涙袋へのヒアルロン酸注入に関して、よくある質問を2つピックアップしました。

  • 何ccヒアルロン酸を注入すればよい?
  • 持続期間はいつまで?

以下で、1つずつ解説していきます。

何ccヒアルロン酸を注入すればよい?

ヒアルロン酸の注入量は、片目につき0.1〜0.5ccが目安といわれています。

注入箇所や注入量によって仕上がりが異なるので、事前にしっかりとカウンセリングを受けましょう。

ドクターとの認識のズレがないように、なりたいイメージを共有することがポイントです。

持続期間はいつまで?

持続期間には個人差がありますが、一般的な目安は6ヶ月〜1年半程度です。

ヒアルロン酸の種類によっても、持続時間は異なります。

また、適切な位置に注入するほど、効果が長持ちする傾向にあります。

THE FIRST CLINICは痛みに配慮した施術を行います

痛みに配慮したクリニックをお探しならば、ぜひTHE FIRST CLINICにお任せください。

プライベートな空間でカウンセリングを丁寧に行い、患者様ひとりひとりに適した施術を行います。

美容医療のエキスパートが施術を担当するので、ご安心ください。

複数のクリニックで経験と技術を培ったドクターが、最新の美容医療をお届けします。

さらに、リラックスして通院していただけるように、当院では衛生管理を徹底しています。

カウンセリングは無料で承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【まとめ】痛みに配慮したクリニックで理想の涙袋を手に入れよう


涙袋のヒアルロン酸注入は、注射のタイミングでチクッとした痛みがあります。

他の美容医療と比較して痛みの少ない施術ですが、感じ方には個人差があるので、心配な方は麻酔を利用しましょう。

不安や緊張で体がこわばった状態になると、痛みを感じやすくなります。

信頼できるドクターの施術を受けることが、痛みを最小限にする方法のひとつです。

リラックスして施術を受けられるように、クリニック選びにこだわってみてください。

THE FIRST CLINIC 美容クリニック

TEL 042-313-7090

〒206-0033
東京都多摩市落合1-9-1多摩センタービル4階
京王多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分
小田急多摩センター駅から都道156号方面に歩き、中央口から徒歩1分

SCHEDULE

スケジュール

05月/ 2024× = 休診日
1 2 3 4
5 6
7 8 9 10 11
12
13 14 15
16 17 18
19
20 21 22 23 24
25
26 27 28 29 30 31
06月/ 2024× = 休診日
1
2
3 4 5
6 7 8
9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22
23
24 25 26
27 28 29
30

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから